マクラーレン、”勝利”目指して虎視眈々。リカルド「栄光を掴めるか、トライができる」

ダニエル・リカルドは、F1イタリアGPでマクラーレンが状況を一変させ、優勝を狙うチャンスがあると考えているようだ。

マクラーレン、”勝利”目指して虎視眈々。リカルド「栄光を掴めるか、トライができる」

 F1第14戦イタリアGPを2番グリッドからスタートするダニエル・リカルド(マクラーレン)は、優勝できるチャンスもあるとして、スタートからアタックしていくと誓った。

 スプリント予選レースを首位で終えたバルテリ・ボッタス(メルセデス)がパワーユニット交換のペナルティでグリッド降格を受けたため、スプリント予選を3番手で終えたリカルドは、決勝レースをフロントロウからスタートすることになった。

 リカルドは、マクラーレンがすでにスプリント予選で力強いパフォーマンスを見せていることから、レース序盤でポールポジションのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)を交わし、優勝を狙うチャンスがあると考えている。

「スタートで何が起こるか見てみよう」とリカルドは語った。

「当然だけどレースをリードできる可能性があると思うので、それを目指して、それからその後の50数周をどうするか考えたいと思う」

「僕はかなりポジティブな気持ちで臨んでいる。僕たちは間違いなく、状況を少し変えることができると思う」

「ピットストップはチャレンジだと思う。ピットストップ・ウインドウに関しては、より速いマシンがスティントを伸ばしたり、クリーンエアで走ったりするチャンスが生まれるので、そこは注目しなければいけない部分だと思う」

「でもスタートはアタックして、栄光を掴めるかトライできると思う」

 チーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、あらゆるチャンスを掴んで勝利を目指すとしながらも、現実的にはポイントを獲得することが最大の目標であると語った。

 しかしその一方で、今回のスターティングポジションが、マクラーレンにとって有利な状況であることも認めている。マクラーレンはランド・ノリスも3番手からスタートするのだ。

「毎週日曜日はレースに勝ちたいと思って起きるが、純粋に我々のパフォーマンスだけでそれを実現するのは難しいだろう」

「しかし、我々は2番手と3番手からスタートする。競争力のあるマシンを持っていれば、そこに行くチャンスがあるかもしれない。それが我々のアプローチだ」

「もちろん、愚かなことをしようとは思わない。だが、モンツァで2番手と3番手からスタートして、しかもターン1までの距離も長い。良いトウを得れば、ターン1後にトップになるチャンスは常にある」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
アロンソ、“一発勝負の”1ラップ予選の復活を提案「現行のスプリント予選レースは改善の余地がある」

前の記事

アロンソ、“一発勝負の”1ラップ予選の復活を提案「現行のスプリント予選レースは改善の余地がある」

次の記事

2021年 FIA F1世界選手権第14戦イタリアGP 決勝ライブテキスト

2021年 FIA F1世界選手権第14戦イタリアGP 決勝ライブテキスト
コメントを読み込む