F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベント 進行中 . . .
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
13 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
41 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
48 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
62 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
76 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
83 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
97 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
104 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
118 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
132 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
160 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
167 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
181 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
188 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
202 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
216 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
223 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
237 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
251 days

F1テスト最終日、午前はリカルドが最速アタック。ホンダ勢は下位に

シェア
コメント
F1テスト最終日、午前はリカルドが最速アタック。ホンダ勢は下位に
執筆:
2020/02/28 13:02

F1プレシーズンテストの最終日午前のセッションは、ルノーのダニエル・リカルドがトップとなった。

 スペインのカタルニア・サーキットで開催されているF1プレシーズンテスト。最終日午前のセッションは、ルノーのダニエル・リカルドがトップタイムをマークした。

 セッション序盤はほとんどのチームがロングランを行なったが、この日が計6日間のテスト最終日ということもあって、上位のマシンは最も柔らかいC5タイヤでタイムを記録したマシンが並んだ。

 セッション残り50分を切った時点で、フェラーリのシャルル・ルクレールが1分16秒360をマーク。しかしその後、リカルドが1分16秒276を記録し、タイムシートのトップに立った。

 3番手はメルセデスのルイス・ハミルトン。前日はパワーユニットのトラブルに見舞われてしまったが、この日はここまで最多の90周を走り込んでいる。

 レーシングポイントのセルジオ・ペレスが4番手。トップ3がC5タイヤを使ってタイムを記録する中、ペレスは2段階硬いC3タイヤで上位に食い込んだ。

 5番手はカルロス・サインツJr.。セッション序盤にはトップタイムを記録するシーンもあった。ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)は6番手。ラッセルは新しいリヤウイングをテストしていた。

 アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトは7番手。クビアトもC3タイヤでのタイムであり、4番手となったペレスとは0.258秒差だ。

 8番手のキミ・ライコネン (アルファロメオ)は最終コーナー、9番手のロマン・グロージャンはターン7でそれぞれスピンする場面があった。

 レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、硬めのC2タイヤで残したタイムで10番手。彼もC4タイヤを履いた際にターン12でスピンを喫しており、これがタイムが伸びなかった一因だろう。

 

Read Also:

Pos Driver Team Time Gap Laps
1 Daniel Ricciardo Renault 1m16.276s   65
2 Charles Leclerc Ferrari 1m16.360s +0.084 76
3 Lewis Hamilton Mercedes 1m16.410s +0.134 90
4 Sergio Perez Racing Point 1m16.658s +0.382 43
5 Carlos Sainz McLaren 1m16.820s +0.544 65
6 George Russell Williams 1m16.871s +0.595 43
7 Daniil Kvyat AlphaTauri 1m16.914s +0.638 59
8 Romain Grosjean Haas 1m17.037s +0.761 86
9 Kimi Raikkonen Alfa Romeo 1m17.415s +1.139 62
10 Alex Albon Red Bull 1m17.803s +1.527 59

次の記事
”ピンク・メルセデス”はフェラーリの脅威になる? テクニカルディレクターの自信

前の記事

”ピンク・メルセデス”はフェラーリの脅威になる? テクニカルディレクターの自信

次の記事

フェラーリの発言はブラフ? ボッタス「“真”のパフォーマンスを知るのは難しい」

フェラーリの発言はブラフ? ボッタス「“真”のパフォーマンスを知るのは難しい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント Barcelona February testing II
執筆者 松本 和己