ラッセル、今シーズンが無得点でも失敗ではない「僕らの入賞は、マクラーレンの優勝に匹敵する出来事」

ジョージ・ラッセルは、もしウイリアムズがF1の2021年シーズンを無得点で終えたとしても、今シーズンが失敗だったとは思わないと語った。

ラッセル、今シーズンが無得点でも失敗ではない「僕らの入賞は、マクラーレンの優勝に匹敵する出来事」

 F1デビューから3年目をウイリアムズと共に過ごしているジョージ・ラッセルは、チームが2021年シーズンを無得点で終えたとしても、今シーズンが失敗だったとは思わないと語った。

 2020年シーズンを無得点で終えたウイリアムズ。荒れに荒れた雨天のレース後、アルファロメオ勢に科されたタイム加算ペナルティによって、ロバート・クビサが10位に繰り上がった2019年のドイツGP以来、ポイント獲得から遠ざかっている。

 かつての常勝チームであるウイリアムズだが、近年は低迷。2018年に10チーム中ランキング最下位となると、2019年も最下位を脱出できず。2020年シーズンは一定の改善を見せていたが、ポイントを獲得できずに終わった。2021年シーズンもここまで無得点に終わっているものの、ラッセルが全戦、チームメイトのニコラス・ラティフィーは1度予選Q2に進出するなど、着実に進歩している。

Read Also:

 先日の第6戦アゼルバイジャンGPでは、ウイリアムズはラッセルがリタイアしたこともあり、ハースの2台の後塵を拝した。これにより、両チーム共にポイントは獲得出来ていないものの、ベストリザルトの差でウイリアムズがコンストラクターズランキング最下位となっている。

 昨年ラッセルは、ムジェロ・サーキットで行なわれた第9戦トスカーナGPで、レース終盤の再スタートで入賞圏内から転げ落ち、イモラでの第13戦エミリア・ロマーニャGPでは10番手につけてのセーフティーカー走行中にクラッシュを喫した。2021年のエミリア・ロマーニャGPでも、ラッセルは9番手を走るメルセデスのバルテリ・ボッタスと接触し、入賞の機会を逃している。

 F1キャリアでのラッセルの自己最高位は昨年のサクヒールGPでの9位。ただし、ウイリアムズではなく、メルセデスでの入賞だ。新型コロナウイルス感染により欠場したルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスのマシンに乗り、レース大半をリードした。しかし、チームのミスやパンクによって大きく後退し、挽回も虚しく9位でチェッカーを受け、キャリア初ポイントを獲得した。

 ラッセルは、ウイリアムズではここまで1点も獲得出来ていないことを気にしているかという質問に対し、たとえチームが2シーズン連続で無得点に終わっても、その結果が現在のチームにとってはそれほど悪いものではないと語った。

「悩んではいないが、それ(入賞)がゴールであることは違いない」とラッセルはAutosport magazineとの特別インタビューで語った。

「それが目標だ。もし今年が無得点で終わっても、このシーズンが失敗だったなどとは思わない」

「もしポイントを獲得して今シーズンを終えられたら、大成功と言えるだろうね。僕らにとってポイントを獲得するということは、実質的にマクラーレンが優勝するようなものだ」

「今シーズンを通してマクラーレンが優勝できなくても、今年は失敗だったとは思わないだろう」

「もし彼らが勝利を手にしたら、それはとんでもない成功と言える。これが良い見方だよ」

「僕らの心理としては、全力を尽くして素晴らしい週末を過ごした結果が13位なら、それを受け止めて、ポイントを逃したと落ち込まないようにしている」

「13位が絶対的な限界だったかもしれないからね」

 

Read Also:

 

シェア
コメント
レッドブル移籍後初優勝のペレス、“前任”アルボンの献身に感謝「こんなに色々教えてくれるなんて思わなかった」
前の記事

レッドブル移籍後初優勝のペレス、“前任”アルボンの献身に感謝「こんなに色々教えてくれるなんて思わなかった」

次の記事

【特集】勝利への執念があってはならない方向に……F1史に残る不正行為を振り返る:前編

【特集】勝利への執念があってはならない方向に……F1史に残る不正行為を振り返る:前編
コメントを読み込む