最後まで諦めなかった! 悲願の初優勝を挙げたサインツJr.「忘れられない、特別な1日になった」

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、F1イギリスGPでチームメイトのシャルル・ルクレールに先行を許したものの、初優勝を達成できると信じ続けていたと語った。

最後まで諦めなかった! 悲願の初優勝を挙げたサインツJr.「忘れられない、特別な1日になった」
Listen to this article

 フェラーリのカルロス・サインツJr.は、F1イギリスGPレース終盤に出動したセーフティカー(SC)を活用し、チームメイトのシャルル・ルクレールを攻略。F1キャリア初優勝を挙げた。

 ポールシッターのサインツJr.は、赤旗中断後のリスタートでトップをキープ。11周目にはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)にオーバーテイクを許したものの、フェルスタッペンがトラブルで後退したことで、サインツJr.がトップに復帰した。

 その後は、ルクレールやルイス・ハミルトン(メルセデス)とのバトルを展開したサインツJr.。一時チームは、彼のペースが伸び悩んだために、ルクレールにポジションを譲るよう指示する場面もあった。

 しかし、レース展開はサインツJr.に味方した。終盤にSCが出動し、首位のルクレールはハミルトンがピットストップしなかった場合を想定してかステイアウト。一方、サインツJr.は新品のソフトタイヤに交換し、ハードタイヤを履くルクレールを攻めるチャンスを得た。

 リスタート後、サインツJr.はすぐさまルクレールを抜き去り、悲願のF1初優勝を達成したのだ。

 レース後、サインツJr.は最後まで苦難を乗り越え、初優勝を掴めると信じていたと語った。

「簡単じゃなかったよ。バランスの面でかなり苦労していたんだ。特にミディアムタイヤを履いた最初のスティントは、マックスが迫ってきて、プッシュすることを強いられたんだ。そんな中でも、僕はまだ可能性があると信じ続けていたんだ」

「僕がやったように、レースに残り続ける必要があった。そして突然のセーフティカーが、僕にチャンスを与えてくれた。そして、僕たちはやったんだ」

「リスタートが僕にとってチャンスだと分かっていたし、僕がナーバスになっていたことは想像に難くないだろう」

 今季はなかなかルクレールを上回るレースができず、苦しんでいたサインツJr.。レーススタート150戦目にして初勝利を達成し、「忘れられない1日になるだろう」と話した。

「すごいことだよ。150戦を戦った後に、フェラーリで、シルバーストンで初勝利を挙げるなんて、これ以上のことを望めない。とても特別な日だし、決して忘れることのできない1日だ」

「全体的にとても特別な週末だった。シルバーストンは僕にとってちょっと特別な場所で、2010年にここでフォーミュラBMWのレースで初ポールポジションを獲得し、初勝利しているんだ」

「それから12年後、フェラーリで同じことを成し遂げたんだ。だから、ここは僕にとって特別な場所なんだ。応援してくれた観客のみんなに感謝するよ」

 
Read Also:

シェア
コメント
サインツJr.が波乱のレースを制しF1初優勝! ペレスは最後尾から2位。ハミルトン母国で3位掴む|F1第10戦イギリスGP
前の記事

サインツJr.が波乱のレースを制しF1初優勝! ペレスは最後尾から2位。ハミルトン母国で3位掴む|F1第10戦イギリスGP

次の記事

【動画】F1イギリスGPスタート直後に起きた、戦慄のクラッシュ

【動画】F1イギリスGPスタート直後に起きた、戦慄のクラッシュ