F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
FP3 まで
12 時間
:
40
:
44
09 10月
次のセッションまで……
13 days
23 10月
次のセッションまで……
27 days
31 10月
次のセッションまで……
35 days

マクラーレン、サインツ車のボディワーク変更で冷却能力向上も……「最高速不足でQ2敗退の原因に」

シェア
コメント
マクラーレン、サインツ車のボディワーク変更で冷却能力向上も……「最高速不足でQ2敗退の原因に」
執筆:
協力: Sergio Lillo

マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、冷却能力を改善するためにボディワークを変更したことで、最高速が犠牲になったと明かした。

 マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、F1第5戦F1 70周年記念GPの予選を13番手で終え、今季初めて予選Q3進出を逃した。

 1日を振り返ったサインツJr.は、FP3後にマシンの冷却性能に懸念が生じたことから、ボディワークを変更。しかし、これが予選Q2敗退の一因になってしまったという。

「予選が始まった時、僕たちが少し行き詰まっていた一方で、他の人たちが先週末よりも速いのが分かった」とサインツJr.は語った。

「付け加えるなら、FP3で僕のクルマの温度が高くなってしまい、それを冷却するためにリヤの開口部を大きくしなければならないことが分かったんだ。そのせいでトップスピードが犠牲になり、ここではそれが大きかった」

「少しフラストレーションは溜まるけれど、決勝に向けてはそれほど悪い位置にいるわけではないと思う」

 サインツJr.は、チームメイトで予選10番手となったランド・ノリスはボディワークを変更し妥協する必要がなかったと明かした。

「2台のクルマを比べると、片方は冷却用の開口部がより閉じていて、もう1台は大きく開いている」

「それが空気抵抗の増加とトップスピード低下を招いた。決勝レースを戦いたいなら、ボディワークを変更する必要があった。他に方法がなかったんだ。明日はいつものようにガソリン満タンでスタートして、フィニッシュできるようトライすることになる」

「しかし今回は、ルノーやレーシングポイント、そしてアルファタウリも予選で大きく改善していたので少し驚いている。彼らは、僕たちが今週末見つけることができなかった何かを見つけたんだろう」

 チーム代表であるアンドレアス・ザイドルも、マクラーレンが他のチームほどペースアップできなかった原因について、直接説明できるようなものはないと述べた。

「先週末と比較して、少し苦戦してしまったようだ。しかし午前中に比べて、なぜラップを決められなかったのかについて、セッション後に詳細を検討する必要がある」

Read Also:

リカルド、好感触のミディアムタイヤで予選5番手。決勝の標的はヒュルケンベルグ?

前の記事

リカルド、好感触のミディアムタイヤで予選5番手。決勝の標的はヒュルケンベルグ?

次の記事

F1 70周年記念GP、最終周ピットインの”ショートカット”は使用できず

F1 70周年記念GP、最終周ピットインの”ショートカット”は使用できず
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント F1 70周年記念GP
ドライバー Carlos Sainz
執筆者 Jonathan Noble