F1 モナコGP

シューマッハー、雨上がりのモナコで”マシン真っ二つ”のクラッシュ「とっても奇妙な感じだった」

ハースのミック・シューマッハーは、F1モナコGPの決勝レースのプールサイドシケインで喫したクラッシュについて「すごく奇妙だった」と語った。

Mick Schumacher, Haas VF-22 crash

 F1モナコGPの決勝レース26周目に、ミック・シューマッハー(ハース)はプールサイドシケインでマシンのコントロールを崩し、アウト側のウォールに激しくクラッシュした。このクラッシュについてシューマッハーは、実に奇妙な状況だったと振り返った。

Read Also:

 シューマッハーはプールサイドシケインのひとつ目をクリアした後、突如マシンのコントロールを乱し、コース左側のウォールに激突した。その衝撃は実に大きく、ギヤボックスから後ろが完全に脱落してしまうほどだった。

 激しいクラッシュだったにも関わらず、シューマッハーは自力でマシンから脱出することができた。ただその衝撃の大きさから、シューマッハーは念の為メディカルセンターで検査を受けることになった。

 そのシューマッハーはレース後に取材に応じ、マシンのコントロールを失ったことには混乱していると語った。

「とても奇妙に感じたんだ」

 シューマッハーはそう語った。

「ビデオで見た限りでは、濡れたところから10cmくらいは離れているように見えた。ああいう動きは、おそらくウエットパッチか何かでフロントタイヤに何かが起き、それがリヤタイヤのスライドに変換されたということだと思う」

「基本的には、それがリヤが出てしまった理由だと思う。それを修正しようとしたから、左に行ってしまった」

「それはとても残念だったし、悩ましいモノだ」

 なおシューマッハーのチームメイトであるケビン・マグヌッセンも、シューマッハーのクラッシュが発生する直前にリタイア。この原因はパワーユニットに問題が発生したためだと、マグヌッセンは説明する。

「ある種のパワーユニットの問題なんだ」

 そうマグヌッセンは言う。

「それまでは順調だった。僕らは11番手を走っていて、ボッタス(バルテリ・ボッタス/アルファロメオ)よりもはるかに速かった」

「ピットストップするのを、本当に楽しみにしていたんだ。僕は、スリックタイヤに履き替えたいとチームに言っていた。後ろにいた何人かは、すでにインターミディエイトタイヤに履き替えるためにピットインしていたんだ。僕らはまだウエットタイヤを履いていて、そこからインターミディエイトを挟まずにスリックタイヤに交換したいと思っていたんだ。それは大きなチャンスだった」

「今日の結果は、僕にとってもチームにとっても残念なモノだ。がっかりした土曜日から立ち直ってきたのに、ポイントを手にする良いチャンスを失ってしまったからだ」

「マシンは素晴らしかった。このコンディションでは、本当に良いペースを手にしていたんだ。次頑張るよ」

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 【F1動画】ミック・シューマッハー、衝撃の大クラッシュ。マシンが真っ二つに!
次の記事 【YouTube生配信】モナコGPを振り返る……浜島裕英とF1トーーク!|motorsport.cast #6

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本