F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
4 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
11 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
46 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
60 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
88 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
95 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
109 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
116 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
130 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
144 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
151 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
165 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
179 days

F1の奇妙なスポンサー2:怪しすぎるオーナーの下、チームは活躍「マネートロン」

シェア
コメント
F1の奇妙なスポンサー2:怪しすぎるオーナーの下、チームは活躍「マネートロン」
執筆:
2020/04/26 8:05

F1マシンには、様々な企業による華やかなスポンサーロゴが欠かせない。しかしその中には全く実態が不明なものなど、奇妙なものも数多くあった。今回は1989年のオニクスをスポンサードした『マネートロン』について振り返る。

 1980年代後半から1990年代初頭にかけてのF1では、多くの新興チームが現れては消え、を繰り返していた。その中でもオニクスは、奇妙なスポンサーと共に予想外の活躍をしたという点で、印象的なチームであると言える。

 オニクスは1989年からF1への参戦をスタートさせたが、そのメインスポンサーとなったのが、ベルギー人経済学者のジャン-ピエール・バン・ロッセム率いる『マネートロン』という投資会社だった。

 マネートロンは、株式市場や為替レートの変動を予測できるスーパーコンピュータが、バン・ロッセムのオフィスにある“秘密のドア”の奥に保管されているという、いかにも怪しい触れ込みでF1界に参入した。

 そんなマネートロンのロゴがボディとリヤウイングに大きく掲示されたオニクスのマシン『ORE-1』は、アラン・ジェンキンスが設計。フォード・コスワースDFRのV8エンジンを搭載した。さらにドライバーは実績十分のステファン・ヨハンソンに新鋭ベルトラン・ガショーと、比較的期待の持てるパッケージで1989年シーズンに臨んだ。

 チームオーナーのバン・ロッセムは、白髪のロングヘアに長いあご髭という特徴的な出で立ちでF1パドックに度々姿を現した。それは従来のF1チーム代表とは一線を画す風貌だったが、彼は複数の投資家を確保することに成功し、チームに資金をもたらした。

スライダー
リスト

Stefan Johansson, Onyx

Stefan Johansson, Onyx
1/4

写真:: LAT Images

Jean Pierre Van Rossem, Owner of Moneytron and Onyx sponsor

Jean Pierre Van Rossem, Owner of Moneytron and Onyx sponsor
2/4

写真:: Sutton Images

J.J. Lehto, Onyx ORE-1 Ford

J.J. Lehto, Onyx ORE-1 Ford
3/4

写真:: LAT Images

Stefan Johansson, Onyx ORE-1 Ford

Stefan Johansson, Onyx ORE-1 Ford
4/4

写真:: LAT Images

 その甲斐あってか、オニクスは時折高いパフォーマンスを見せつけることになる。開幕から3レースは2台揃って予備予選落ちとなったが、第7戦フランスGPでは2台揃って決勝に進出したばかりか、ガショーが11番グリッド、ヨハンソンが13番グリッドを獲得。決勝ではヨハンソンが5位入賞を果たした。そして第13戦ポルトガルGPでは、上位陣が多くリタイアしたとはいえ、ヨハンソンがゲルハルト・ベルガー(フェラーリ)、アラン・プロスト(マクラーレン)に次ぐ殊勲の3位表彰台を獲得した。

 新規参入チームながら、初年度に6ポイントを獲得したオニクス。しかしながらバン・ロッセムはF1チームにかかる莫大な運営コストに幻滅しかけていた。翌1990年シーズンに向けたポルシェとのエンジン供給交渉も低調に終わっていた。

 そしてついに、バン・ロッセムは1989年シーズンのみでチームを離脱。さらに彼は、マネートロンの実態が出資金詐欺にあたるとして逮捕されてしまった。噂されていた秘密のドアは、掃除用具入れの扉に過ぎなかったのだ。

 オニクスはスイスの自動車メーカー『モンテベルディ』の創始者、ペーター・モンテベルディが買い取ることによって1990年シーズンも参戦を継続したが、チームの経営状況は上向かず、シーズン途中で撤退した。

 

Read Also:

次の記事
世代交代の瞬間、シューマッハーとアロンソによる極上バトル:2005年サンマリノGP

前の記事

世代交代の瞬間、シューマッハーとアロンソによる極上バトル:2005年サンマリノGP

次の記事

F1中断期間中にドライバーたちがeスポーツで団結。ノリス「称賛に値する」

F1中断期間中にドライバーたちがeスポーツで団結。ノリス「称賛に値する」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Onyx
執筆者 Jake Boxall-Legge