サー・フランク・ウイリアムズ、退院し自宅療養へ。チーム明かす

ウイリアムズF1は入院していたチーム創設者のサー・フランク・ウイリアムズが現在は退院し、自宅で療養していると明らかにした。

サー・フランク・ウイリアムズ、退院し自宅療養へ。チーム明かす

 12月25日、ウイリアムズF1は入院していたチームの創設者であるサー・フランク・ウイリアムズが退院し、現在は自宅で療養中だと明かした。

 現在78歳のサー・フランク・ウイリアムズ。彼は今月15日に、現在入院中であることを公表。状態は安定しているとしたが、入院原因など詳しい情報については明かされていなかった。

 そして25日、ウイリアムズF1はサー・フランク・ウイリアムズが現在は退院し、自宅で療養中だと明かした。

 彼らの声明には次のように記されている。

「サー・フランクは退院し、現在は自宅で治療中であると話せることを、嬉しく思っている」

「ウイリアムズ家はこの困難な時期を通しての皆さんのサポートに感謝している。皆さん、メリークリスマス。そしてハッピーニューイヤー」

 2020年8月、チームは財政的なプレッシャーを背景に、アメリカの民間投資会社であるドリルトン・キャピタルへ身売り。ウイリアムズ家は9月のイタリアGPを最後にチーム運営から手を退き、創業一家が関与を終了させることになった。

 現在は新たにCEOへ過去フォルクスワーゲンやマクラーレンで要職を務めたヨースト・カピトが就任。またチーム代表にはウイリアムズ家の離脱以降に代行を務めていたサイモン・ロバーツが正式に就くこととなった。

 なおローバツは最近になり、2021年の新たなスタートに向かって、創設者によって始まったチームの文化を継続させるために、独立したチームであり続け「Bチームにはなりたくない」と主張していた。

 

Read Also:

シェア
コメント
「我々はBチームになりたくない」ウイリアムズ、2021年以降もトップチームと提携せず?

前の記事

「我々はBチームになりたくない」ウイリアムズ、2021年以降もトップチームと提携せず?

次の記事

マクラーレンの若手育成はフェラーリやレッドブルと方針が違う?「我々は的を絞っている」

マクラーレンの若手育成はフェラーリやレッドブルと方針が違う?「我々は的を絞っている」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ウイリアムズ
執筆者 Haydn Cobb