ボッタス、メルセデス時代はハミルトンの”影”だった? 「僕らは良いチームだったし、ルイスと組めてよかった」

今季限りでメルセデスを離れることになったバルテリ・ボッタスは、同チーム在籍中はハミルトンの影になっていたかもしれないが、チームメイトとして戦えたのは素晴らしいことだったと語った。

ボッタス、メルセデス時代はハミルトンの”影”だった? 「僕らは良いチームだったし、ルイスと組めてよかった」

 今季限りでメルセデスを離れ、来季からアルファロメオに加入することになったバルテリ・ボッタスは、メルセデス在籍中ずっと、チームメイトのルイス・ハミルトンに負け続けてきたため、「影に隠れるような形になっていたかもしれない」と認めた。

 2016年限りで突如引退を発表したニコ・ロズベルグの後任として、メルセデスに加入することになったバルテリ・ボッタス。そのボッタスはこれまでの4シーズン半の間に9勝を挙げ、チームのダブルタイトル7連覇達成に貢献してきた。

 しかしボッタスとメルセデスの契約は、いずれも1年限り。そしてチームは、来季からジョージ・ラッセルを起用することを決めたため、ボッタスは新天地を目指し、アルファロメオへと移籍することを決めた。

 ボッタスがメルセデスに在籍していた際、常にチームメイトのルイス・ハミルトンがドライバーズタイトルを獲得してきた。そしてボッタスには、そのサポートを求められるようなこともしばしばあった。

 そんな状況について、ハミルトンの”影”になっているように感じたことはないかと尋ねられると、ボッタスは次のように語った。

「影については分からない。でも全体的な結果を見れば、ルイスは毎年僕のことを打ち負かすことができた。そういう意味では、僕は影に隠れていたかもしれない」

 ボッタスはそう認めた。

「でも今はそうは感じていないよ。僕らはチームであり、一緒に戦っている。残念ながら、今年の僕はもうドライバーズチャンピオンを目指して戦うことはないので、チームがコンストラクターズチャンピオンを獲得できるために戦っているだけだ。それが現状だ」

 ただ、アルファロメオに移籍すれば、ボッタスにはチームリーダーとしての役割も求められるはずだ。

「そういう役割を果たし、チームが前進するのを手助けできることは、本当にエキサイティングで興味深いことだ」

「僕にとってそれは新たなスタートになるし、チームメイトが誰になろうと、共にうまく働くことができるのを願っている。それは僕にとっては、興味深い新しい”時代”だ」

 メルセデスのシートを失う可能性が見えたのは、いつだったのか? そうボッタスに尋ねると、ハンガリーGPの前の時点では、まだ決定は下されていなかったと明かした。

「状況の詳細は、あまり明らかにしたくない。それは、非常にプライベートなことだからね」

 そうボッタスは説明する。

「でも、スパ(ベルギーGP)の前には、何が起きていたのかを知っていたと言えるだろう。ブダペスト(ハンガリーGP)は夏休み前最後のレースだったけど、その時点ではまだ決定は下されていないかった。その後スパの前、8月中に共に決定を下したんだ」

 前述の通り、ボッタスはメルセデスで5年走るということになった。その月日は彼にとってはどのようなモノだったのだろうか?

「今年のシーズンは、まだ半分近く残っている。だから、まずはそれに集中しなければいけない。それが終わったら、間違いなく見返すことになるだろう」

「できれば、5年連続でのコンストラクターズタイトルを獲得したいと思うし、このチームであと何勝かできればいいと思っている。もちろん、しっかりとポイントを獲得したい」

「楽しかったし、確かに挑戦的なことではあったけど、ルイスと戦うことができるのは本当に楽しかった。彼は間違いなく、素晴らしいチームメイトだったんだ。チームも素晴らしかったし、この数年でかなり印象的な結果を残せたと思う」

 

Read Also:

シェア
コメント
F1歴代屈指の名車“ジョーダン191”誕生秘話……ホンダV12を積んでセナが乗ればタイトルを獲れた?

前の記事

F1歴代屈指の名車“ジョーダン191”誕生秘話……ホンダV12を積んでセナが乗ればタイトルを獲れた?

次の記事

ペレス、レッドブルとの1年契約もプレッシャーはゼロ「仮に長期契約でもレースのことしか頭にない」

ペレス、レッドブルとの1年契約もプレッシャーはゼロ「仮に長期契約でもレースのことしか頭にない」
コメントを読み込む