今季苦しむバルテリ・ボッタス。次のイギリスGPでは、レッドブルに一矢報いることができると”期待”

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、今季ここまで苦しんでいるものの、コース特性の異なるシルバーストンでは、レッドブルに近付けるはずだと期待している。

今季苦しむバルテリ・ボッタス。次のイギリスGPでは、レッドブルに一矢報いることができると”期待”

 今季苦戦を強いられているメルセデスのバルテリ・ボッタスは、シルバーストン・サーキットで行なわれるイギリスGPで、レッドブルに一矢報いることができるのを期待している。

Read Also:

 今季のF1では、レッドブル・ホンダが強さを発揮している。チームはモナコGP以来5連勝し、コンストラクターズランキングで首位に立っている。またマックス・フェルスタッペンもフランスGPから3連勝中で、ドライバーズランキングをリードしている。

 一方メルセデス勢は、今季ここまで3勝。中でもボッタスは苦しみ、オーストリアGPではようやく2位に入ったもののそれまでは3位が最高位で、現時点ではランキング5番手に留まっている。

 そのボッタスは現状直面している課題について語ると共に、次のイギリスGPではレッドブルに太刀打ちできると期待している。

「現状はチャレンジングな状態だ。でも、同じコースで2週連続でレースを行なった。ここではレッドブルの方が速いことが明らかだ。他のコースでは異なる可能性がある。このサーキット(レッドブルリンク)は彼らのマシンによく合っていた可能性もあるが、彼はどのサーキットでも遅くない」

 そうボッタスは語る。

「シルバーストンは特性が全然異なるコースだ。高速コーナーが多くなるから、どうなるか見てみよう」

「シルバーストンでの新しいこと(スプリント予選レースなど)に関しては、いくつかの計画もある。アップデートパーツに関しては静かな状態になると思うけど、できる限りプッシュしていく。でも、厳しい戦いになるのは分かっている」

「シルバーストンでは、一歩前進して差を埋めることができれば有望だと思う。正直なところ、レッドブルリンクでの2週間を見ると、レッドブルに対するダメージを最小限に抑えることができたと思う。彼らがかなり速くなった中ではね」

 オーストリアGPでは2位になったボッタスだが、簡単なレースではなかったと改めて振り返る。

「スムーズな戦いだったとは言えない。簡単なレースではなく、5番グリッドからスタートして2位になった。この場所に辿り着くためには、戦い抜かなければいけなかったと思う。余裕はあまり残っていなかった」

「一方でマックスは、本当に”素直”なレースをした。彼は速かったし、彼らのマシンも速かった。最終的には、2位が最高の結果だったと思う。ワンストップで走り切るのも、簡単じゃなかった。タイヤに苦労していたから、厳しいレースになることは分かっていたんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
アルファロメオ、ウイリアムズの進歩を警戒「彼らは強くなってきている」
前の記事

アルファロメオ、ウイリアムズの進歩を警戒「彼らは強くなってきている」

次の記事

適応進めるリカルドが抱える“若くて速い”チームメイトを持つ故の苦悩「前進するために現実を受け入れなければ」

適応進めるリカルドが抱える“若くて速い”チームメイトを持つ故の苦悩「前進するために現実を受け入れなければ」
コメントを読み込む