F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

ハース代表、グロージャンに喝! チームの将来を疑問視する発言は「間違っている」

シェア
コメント
ハース代表、グロージャンに喝! チームの将来を疑問視する発言は「間違っている」
執筆:
2020/07/17 12:19

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、チームの将来を疑問視したロマン・グロージャンの発言は間違っていると断じた。

 F1第3戦ハンガリーGPが開催されているハンガロリンクで、ロマン・グロージャン(ハース)が木曜日に発したチームの将来を疑問視するコメントに対し、ハースのギュンター・シュタイナー代表は、間違っていると語った。

 自身の将来について訊かれたグロージャンは、チームの今後の計画について何も知らないとしつつも、来年もF1に参戦しているかは”疑問”だとコメントしたのだ。

「多くのクエスチョンマークが残っている。触れるのを避けている問題を取り除こう。ハースが来年ここにいるかどうかは、明らかに疑問だ」

 開幕前にチームオーナーのジーン・ハースが、シーズン序盤のパフォーマンス次第でF1参戦の計画を変更するかどうか決めると発言して以来、ハースの将来は疑問視されてきた。F1の運営や商業権について定める新しいコンコルド協定が締結されていない今、オーナーのジーン・ハースはペナルティなしにF1から撤退することも可能だ。

Read Also:

 一方でシュタイナーは、参戦継続に自信を持っており、グロージャンのコメントに対して不満をあらわにした。グロージャンは、触れることを避けるようなタブーや問題を意味する慣用句『the elephant in the room』(部屋の中にいる象)を用いてチームの将来についてコメントしたが、シュタイナーは”象”がいるのはチームではなく、グロージャンの部屋だとやり返した。

「彼は間違った答え方をしたと思う」

 そうシュタイナーはスカイF1に語った。

「彼は自分が何をしているかと訊かれ、チームのことを話したんだ。象がいるのは、我々の部屋じゃなく、彼の部屋だと思う」

「我々は自分たちが何をしたいのか分かっている。我々が来年ここにいるかどうかは、我々が新しいコンコルド協定にサインすればすぐに決まるだろう。あらゆるものが、そのための準備中にある」

「我々はまだここ(F1)にいると私は確信している。だから、象は我々の部屋から出て、ロマンの部屋に入る必要があると思う」

 そんなグロージャンの将来を脅かす要素のひとつが、セルジオ・ペレスの存在だ。

 ペレスはレーシングポイントと2022年までの契約を結んでいるが、チームにセバスチャン・ベッテルが加入する可能性が急浮上。ペレスの先行きが不透明となってきたのだ。そんなペレスは、早速他のチームからアプローチを受けたと明かしている。

 もしペレスがレーシングポイントを離れた場合、ハースに加入する可能性はあるかと訊かれ、シュタイナーは次のように答えた。

「私の意見だが、いつも私がしているようにみんなと話し合う必要があると思う」

「私はいろんな人々とたくさん話しをする。確かに昨年、チェコ(ペレス)とも話をした。結局のところ、私はみんなと話をしているんだ」

「私はチェコを尊敬しているし、彼がやっていることをリスペクトしている。彼がレーシングポイントとどんな状況にあるかは分からない。今流れている憶測に、何かを付け加えたくはない。なぜなら、私はそれについての知識がないからだ」

Read Also:

【動画】2020年F1第3戦ハンガリーGPフリー走行1回目ハイライト

前の記事

【動画】2020年F1第3戦ハンガリーGPフリー走行1回目ハイライト

次の記事

F1ハンガリーFP2速報:雨で不完全燃焼なセッションに。ベッテルがトップタイム

F1ハンガリーFP2速報:雨で不完全燃焼なセッションに。ベッテルがトップタイム
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ハンガリーGP
ドライバー ロマン グロージャン 発売中
チーム ハースF1チーム
執筆者 Adam Cooper