トルコGPは決勝も雨。ストロール「PPだからといって、勝利を争えるか分からない」

レーシングポイントのランス・ストロールは、トルコGPの予選でポールポジションを獲得したにもかかわらず、決勝で勝利を目指せるかどうかはまだ分からないと語る。

トルコGPは決勝も雨。ストロール「PPだからといって、勝利を争えるか分からない」

 大雨と滑りやすい路面のため、大混乱となったトルコGPの予選。ポールポジションを獲得したのは、レーシングポイントのランス・ストロールだった。

Read Also:

 この結果はストロールにとっても望外のモノであり、セッション終了後には自分でも「ショックを受けた」と語っていた。

 ポールポジションからスタートするということは、勝利にもっとも近い位置にいるということになる。しかしその可能性はそれほど高くないと、ストロールは考えているようだ。

「それは大きな疑問だ」

 ストロールはそう語った。

「条件がどうなるかによって異なると思う。日曜日のコンディションはまだ分からない」

「レースの開始時に雨の可能性があると聞いたので、どうなるかを見てみよう。もしそうなれば、物事を混乱させる可能性がある」

「ポールポジションを獲ったという喜びには、ここ数時間で対処し、気持ちを落ち着けるつもりだ。でも、その瞬間を楽しむつもりだ」

「これは、僕にとって非常に特別な瞬間だ。F1での最初のポールポジションなんだからね。それを数時間楽しんでから、レースに向けて集中するつもりだ」

 さて、間も無くスタート時刻を迎えるF1トルコGPの決勝。ストロールが語った予報通り、レコノサンスラップが行なわれた時点で、サーキットは雨に見舞われている。路面は完全に濡れており、アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィはコースオフしてしまい、グラベルに捕まってしまった。大変なレースになるかもしれない。

Read Also:

シェア
コメント
トルコGP予選、事故車回収が終わる前にQ2スタート……その理由をFIAが説明
前の記事

トルコGP予選、事故車回収が終わる前にQ2スタート……その理由をFIAが説明

次の記事

F1トルコGP決勝速報:ハミルトンが今季10勝目で7度目王座決定。フェルスタッペン6位

F1トルコGP決勝速報:ハミルトンが今季10勝目で7度目王座決定。フェルスタッペン6位
コメントを読み込む