F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
4 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
11 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
46 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
60 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
88 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
95 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
109 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
116 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
130 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
144 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
151 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
165 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
179 days

レッドブルRB16のアグレッシブな開発……斬新なフロントサスペンション

シェア
コメント
レッドブルRB16のアグレッシブな開発……斬新なフロントサスペンション
執筆:
, Featured writer
協力: Matt Somerfield
2020/03/24 8:46

2020年のF1では、メルセデスが投入したDAS(二重軸ステアリング)が注目を集めているが、アグレッシブな開発をしてきたのは、メルセデスだけではない。レッドブルも、前例のない新型サスペンションを投入してきた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、シーズン開幕が大きく遅れている今季のF1。本来ならば、メルセデスがプレシーズンテストに投入したDAS(二重軸ステアリング)の効果が、明らかになっていた頃だ。

 ただ、2020年用マシンにアグレッシブな開発を施したのは、メルセデスだけではない。レッドブルも、メルセデスに対するスローコーナーでの遅れを取り戻すために、フロントサスペンションに大きな変更を施してきた。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、motorsport.comに対して次のように語っていた。

「メルセデスは昨年、低速コーナーでのパフォーマンスが優れていた。だから、改善が必要なエリアのひとつだった」

「我々は一歩踏み出したと思う。そしてもちろん、これはプロセスの始まりに過ぎない。マシンは、ここから進化していく」

 レッドブルには、様々な新しいアイデアが投入されている。しかしその中でも注目すべきは、サスペンションレイアウトにありそうだ。

Red Bull Racing RB 16 front suspension

Red Bull Racing RB 16 front suspension

Photo by: Giorgio Piola

 昨年モデルのRB15は、フロントサスペンションのアッパーアームが前後で分断された、マルチリンク式となっていた。しかしRB16ではそれが廃され、通常のアッパーウイッシュボーンに置き換えられていたが、代わりにロワアームをマルチリンク化。後方のアームを、前方のアームよりも低い位置に取り付けたのだ。

 さらに、前方アームも独自の斬新さがある。このアームはシャシーの非常に高い位置に取り付けられているため、バルクヘッドの下部を小さくすることができる。また、このアームはシャシーを横切る形で反対側へと伸び、左右のロワアームが一体となっている。

 またアッパーウイッシュボーンの前方アームにも手がかけられ、クリケットのバットのようなスタイルのフェアリングで覆われている。これは、かつてはマシンのリヤサスペンションで見られた処理で、空力効率を改善するためのモノだ。

 レイアウト全体としては、軽量化の効果も果たすはずだ。そして、サイドポンツーン周りの気流を改善するため、フロアやバージボードに向かって気流を下向きに変更するのにも役立つはずだ。

スライダー
リスト

レッドブルRB16

レッドブルRB16
1/4

写真:: Giorgio Piola

 RB16のバルクヘッドは昨シーズン型とは大きく異なる。これはサスペンションパッケージだけではなく、形状を見直した結果、Sダクトにも利益をもたらしているはずだ。

レッドブルRB16

レッドブルRB16
2/4

写真:: Giorgio Piola

 化粧板が取り付けられたRB16のバルクヘッド。Sダクト用の配管が見えている。

レッドブルRB15のバルクヘッド

レッドブルRB15のバルクヘッド
3/4

写真:: Giorgio Piola

 これは、昨年型RB15のフロントバルクヘッド。ステアリングのアッセンブリーが前方にあるのだ、複数の変更が存在する。

レッドブルRB15のサスペンションレイアウト

レッドブルRB15のサスペンションレイアウト
4/4

写真:: Giorgio Piola

 レッドブルは、昨シーズンに導入したプッシュロッドをアップライトに直接接続するタイプを引き続き使用。これにより、セットアップの作業はさらに複雑になり、マシンの挙動に関して、ドライバーが学習しなければいけない部分が増えるだろう。

リヤサスペンションのデザイン

 レッドブルRB16は、リヤサスペンションのデザインも刷新。非常に高いエクステンションによってアップライトとアームが繋がれている。その一方、下のウイッシュボーンの高さは、ホイールの中心線と同じ高さまで持ち上げられた。

 これにより、ロワウイッシュボーン、ドライブシャフトのフェアリングが1列に配置され、これらが連携することでこのエリアの空力改善が目指されている。

 なおこのサスペンションデザインとすることにより、フロアすぐ上の部分に、気流が流れる流路を確保することになる。

Red Bull Racing RB16 rear suspension

Red Bull Racing RB16 rear suspension

Photo by: Giorgio Piola

 レッドブルはまた、デザインを全面的に刷新することで、ブレーキダクトアッセンブリーに取り付けられたウイングレッドのパフォーマンスを最大化することを目指した。下部にウイングレットを積み重ねることで、新たな流路を確保している。

Read Also:

次の記事
コロナ禍に揺れるF1に一筋の光。eスポーツレース開催で見えてきた5つのコト

前の記事

コロナ禍に揺れるF1に一筋の光。eスポーツレース開催で見えてきた5つのコト

次の記事

ハミルトンはシューマッハーを超えたのか(2):衝撃のデビュー、そして“暗黒期”へ

ハミルトンはシューマッハーを超えたのか(2):衝撃のデビュー、そして“暗黒期”へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Giorgio Piola