フランク・ウイリアムズの逝去に、F1関係者から追悼コメント続々。一時代築いた功績を称える

名門F1チームとして知られるウイリアムズの創設者であるフランク・ウイリアムズが、11月28日に亡くなった。F1界の著名人達からは、追悼のコメントが寄せられている。

フランク・ウイリアムズの逝去に、F1関係者から追悼コメント続々。一時代築いた功績を称える

 ウイリアムズF1チームの創設者であり、前チーム代表であるフランク・ウイリアムズが、11月28日に79歳でこの世を去った。多数のチャンピオンを輩出してきた名門チーム創設者の死に、F1関係者から多くの追悼のコメントが寄せられている。

Read Also:

■F1CEO ステファノ・ドメニカリ

「今朝、クレア・ウイリアムズは最愛の父サー・フランク・ウイリアムズがこの世を去ったという、悲しい報せを私に知らせてくれた。彼は我々のスポーツにおける真の偉人であり、その人生における最も困難なチャレンジを乗り越え、コース内外で勝利を目指し日々戦っていた」

「F1ファミリーでも多くの尊敬を集め愛されていた方を失った。とても残念だ。彼の信じられないほどの功績やその個性は、我々のスポーツに永遠に刻まれることだろう。この悲しいときに、私の想いはウイリアムズ家と彼の友人たちと常に共にある」

■FIA会長 ジャン・トッド

「非常に悲しい報せだ。サー・フランク・ウイリアムズはF1の歴史において忘れることのない印象を残している。彼はパイオニアであり、並外れた、かつ模範的な人物だった。FIAコミュニティ全体を代表し、我々の想いは彼の家族や友人、ウイリアムズ・レーシングと共にあると言おう。安らかに。我が友よ」

■ウイリアムズF1ドライバー ジョージ・ラッセル

「今日、僕らはチームを創設した男に別れを告げた。サー・フランクは本当に素晴らしい人だった。僕は彼と共有した笑顔をいつまでも憶えている。彼はただの上司という以上の存在で、ウイリアムズ・レーシングの家族や他の多くの人達のメンターであり友人でもあった」

「彼のためにレースをできたこと、彼が残した素晴らしい、そしてチームの心と魂で永遠に行き続けるレガシーに一部でも関われたことを、本当に光栄に思っている。サー・フランク、どうか安らかに。今までありがとう」

■ウイリアムズF1ドライバー ニコラス・ラティフィ

「どうか安らかに。サー・フランク・ウイリアムズ」

「とても悲しい報せで、僕らのスポーツとチームにとって、大きな喪失だ。彼の名の下で、世界の舞台で走ることができたことを心から光栄に思っている。僕らはチームを再興させるため、ハードにプッシュし続ける」

■元ウイリアムズF1広報 アン・ブラッドショー

「私のレーシングファミリーといえば常にウイリアムズでした。ですからフランクの訃報を訊いたときの悲しみは、言葉にできません。私のボスであり友人であり、長年にわたってインスピレーションを与えてくれました。クルマやレーシングドライバー達と共にいるとき、彼は常に笑顔でした。安らかに」

■マクラーレンCEO ザク・ブラウン

「我々はこのスポーツにおける真のヒーローであり、スポーツを越えて多くのインスピレーションを与えてきた人物を失った。サー・フランクは特別なF1のレガシーを築いただけではなく、逆境を克服する人間の決意の力を示していた。彼の家族、そしてウイリアムズチームにお悔やみを申し上げる」

 またマクラーレン全体としても次のように声明を発表している。

「マクラーレン全体として、サー・フランク・ウイリアムズに敬意を表する」

「彼は真のレーサーであり、情熱や創意工夫、コミットメントを体現した存在だった。計り知れない逆境の中で、サー・フランクは恐るべきチーム、そして恐るべき競争相手を作り出した。ウイリアムズの名前はF1の歴史に刻まれ、彼の死と喪失は関係者だけでなく、世界の全ての人が感じるだろう」

「彼のご家族、そして共に働いたすべての人に、哀悼の意を表します」

■アルピーヌCEO ローラン・ロッシ

「我々は今日、このスポーツにおけるレジェンドを失った。サー・フランク・ウイリアムズという名は、F1の歴史に永遠に刻まれ、我々にインスピレーションを与えるだろう」

「ゼロからのスタートを切った彼の情熱、そしてハードワークと類まれな才能ががこのスポーツにおいて最も驚くべき物語を生み出した。運命の残酷さに面しても彼の勇気と立ち直る力は変わらず、我々の称賛を集め続けた」

「全ルノーファミリーが、我々が共にした時間を憶えている。特に、共に成し遂げた4回のドライバーズタイトルと、5回のコンストラクターズチャンピオンシップ優勝だ」

「アルピーヌ、そしてルノー全体として、クレアとウイリアムズ家全員、そして彼の名を冠し続けているチームに、哀悼の意を表する」

 
Read Also:
Ayrton Senna, discusses his first run in the Williams FW08C with team owner Frank Williams

Ayrton Senna, discusses his first run in the Williams FW08C with team owner Frank Williams

Photo by: Sutton Images

シェア
コメント
ピアストリ、2022年のF1デビュー「実現難しいと分かっていた」アルピーヌとの関係継続を喜ぶ
前の記事

ピアストリ、2022年のF1デビュー「実現難しいと分かっていた」アルピーヌとの関係継続を喜ぶ

次の記事

合計114勝……フランク・ウイリアムズがF1で打ち立てた功績

合計114勝……フランク・ウイリアムズがF1で打ち立てた功績
コメントを読み込む