引っ越しが奏功? アルファタウリF1代表、角田裕毅の進歩を称賛「セッションごとに改善している」

アルファタウリのフランツ・トスト代表は、角田裕毅がチームの拠点に近いイタリアに引っ越して以来、「とても良くなっている」と語った。

引っ越しが奏功? アルファタウリF1代表、角田裕毅の進歩を称賛「セッションごとに改善している」

 アルファタウリ・ホンダのチーム代表を務めるフランツ・トストは、ルーキーの角田裕毅が活動の拠点をレッドブルのファクトリーがあるイギリスのミルトンキーンズから、チームのファクトリーがあるイタリアのファエンツァに移して以降、「かなり改善されている」と語った。

 レッドブルおよびホンダのジュニアドライバーである角田は、デビュー戦の開幕戦バーレーンGPで9位入賞したものの、予選でのクラッシュもあり4レース連続でノーポイントとなった。

 こうした状況だったこともあって、レッドブルは角田の環境を変えることを決断。チームにより溶け込みやすくすることで、角田の成長を助けることにしたのだ。

 角田は引っ越し直後の第7戦フランスGPでは予選Q1でクラッシュを喫したものの、第8戦シュタイアーマルクGPでは予選Q3に進出し、決勝では10位となった。

 さらに第9戦オーストリアGP初日、角田はFP1、FP2共にチームメイトのピエール・ガスリーを上回り上位につけている。

Read Also:

 今季の角田の成長について、トストは若いドライバーがスピードに乗るには常に時間がかかるものだと受け止めていると語った。

「若いドライバーにとって、F1に参戦するのは本当に難しいことだ」

「サーキットごと、レース週末ごとにそこで初めての予選に臨むんだ。もちろん、フリー走行を3セッションこなしているのだから、どうすれば良いのかは分かっている。でも例えば風が強くなったり、風向きが変わったり、路面が熱くなったり冷たくなったり、様々なことが変化しているのだ」

「それを若いドライバーに教えることはできない。予選のたびに、コースで何をすべきかを学ばなければならない。だからこそ、経験がとても重要なのだ」

「ユウキは本当に良くなっているし、プロセスは絶対的に正しい方向に向かっている。彼はアプローチを変えたわけではない。彼はあらかじめ良いアプローチだったんだ。でも、今はファエンツァに住んでいるので、エンジニアたちと一緒にいる時間がはるかに長いんだ」

「私はいつも、若いドライバーがこの複雑なF1を理解するには3年が必要だと言っている。F1は数年前に比べてはるかに複雑になっているからね」

「私はユウキにとても満足している。彼は素晴らしい天性のスピードを発揮し、日に日に、そしてセッションごとに上達している」

「シーズンの後半戦がとても良いものになると確信しているし、ユウキも将来的に成功するだろう」

 角田はオーストリアGPの木曜日、レッドブルのセルジオ・ペレスから「たくさんのアドバイス」を受けており、難しい局面に陥った時にはモチベーションが上がるようなメッセージを受け取ったことを明かした。

 トストは「レッドブルのドライバーたちが共に仕事をするというのは、これまでと同じだ。なぜなら、彼らは同じファミリーだからだ」と語った。

「しかしペレスやマックスのような経験豊富なドライバーが、若いドライバーにアドバイスをしてくれるのはとても良いことだ。これは非常に大きな助けになる」

「彼らは、どうすれば助けられるか、どこをアドバイスすべきかを正確に知っているんだ」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
メルセデス代表、慎重な姿勢崩さずも「コーナーで改善できた」次戦イギリスGPで最後のアップデート?

前の記事

メルセデス代表、慎重な姿勢崩さずも「コーナーで改善できた」次戦イギリスGPで最後のアップデート?

次の記事

ホンダ、PU2基目でのパワーアップを否定。田辺TD「それが本当ならとても嬉しいですけど……」

ホンダ、PU2基目でのパワーアップを否定。田辺TD「それが本当ならとても嬉しいですけど……」
コメントを読み込む