“速すぎ”角田裕毅にアルファタウリのトスト代表ハラハラ「何かが起こるかと心配だった」

アルファタウリ・ホンダのフランツ・トスト代表は、F1第6戦アゼルバイジャンGPでの角田裕毅のペースが非常に速かったことから、クラッシュを恐れていたと語った。

“速すぎ”角田裕毅にアルファタウリのトスト代表ハラハラ「何かが起こるかと心配だった」

 F1第6戦アゼルバイジャンGPを7位でフィニッシュしたアルファタウリ・ホンダの角田裕毅だが、チーム代表はそのレースペースの速さにクラッシュの可能性を想像して心配していたと語る。

 角田はアゼルバイジャンGP予選Q3でクラッシュを経験しつつも7番手を確保。好調な走りでレースが終盤に赤旗中断となった時には6番手につけていた。

 レース再開後にはランド・ノリス(マクラーレン)とフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)にポジションを奪われたが、ルイス・ハミルトン(メルセデス)のコースオフもあり7位でフィニッシュ。今季2度目のポイント獲得となった。

 アルファタウリ代表のフランツ・トストは、角田のアゼルバイジャンGPでの走りについて“素晴らしいショー”を見せたと好評価を与えつつも、クラッシュが起きないか心配していたと話した。

「ユウキは素晴らしい仕事をしたと言わざるを得ない」と、トスト代表。

「確かに彼は2日目に小さなアクシデントがあったが、それはQ3でのことで、より経験豊富なドライバーにも起こることだ」

「そして今日(決勝日)、彼のレースペースは時に信じられないほどのものだった。本当に速くて、何かが起こってしまうのではないかと本気で心配していたんだ」

「彼はとてもいい状態にある。より経験を積んだシーズン後半、特に彼の知るサーキットでは良い結果を出せるだろうと思っている」

 またトスト代表はアゼルバイジャンGPでの走りは、これまでの角田の戦いの中で最も強力なパフォーマンスだったと考えている。

「私にとってはそうだ。彼は大きく進歩しているんだ」

「我々は、今回が彼にとって初のバクーだということを忘れてはならない。もちろんバーレーンでは9位に入り2ポイントを獲得しているが、彼はF2であのトラックのことは良く知っていたし、テストも行なっていたため、良いセットアップが可能だった」

「だが今回のバクーでは、彼はコースのことを知らなかった。だがすぐに慣れていったんだ。7番手からスタートし、7位でフィニッシュ……私としては彼は素晴らしいパフォーマンスを示したと思う」

「いくつかやるべき事はある。それは分かっている。だが彼には素晴らしい才能があるし、うまくいくと確信している」

 なお角田はアゼルバイジャンGPに関しては、Q3のミスによるクラッシュを除けばいい週末になったと語った。

「2日目のクラッシュは複雑な気持ちだったと言えます。壁にぶつかってしまいましたが、ベストを尽くしていますし後悔はありません。ただマシンはいいポジションからスタートできるポテンシャルを持っていました」

「これまでのレースと比較すれば、非常にいいステップを踏めたと思います。ですがより良い結果を得るためにはもっと正確にまとめる必要がありますね」

「少し快適にはなっていますが、まだ学ぶべきことがあるますし、もっと適応しなければいけません。マシンにはまだ完全に適応できていないと感じているんです。ですからまだまだ頑張っていく必要があります」

 

Read Also:

シェア
コメント

関連動画

ボッタス「シーズン序盤から苦しむも、“負け犬”に成り下がるつもりはない」

前の記事

ボッタス「シーズン序盤から苦しむも、“負け犬”に成り下がるつもりはない」

次の記事

ノリス、赤旗無視で3グリッド降格。”不公平”なペナルティに憤慨「何も間違ったことはしていない」

ノリス、赤旗無視で3グリッド降格。”不公平”なペナルティに憤慨「何も間違ったことはしていない」
コメントを読み込む