レッドブルが続ける2021年用マシンの開発……フェルスタッペン、来季の戦闘力に「不安はないよ!」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、ライバルであるメルセデスが2022年シーズンに向けた開発に注力する中、レッドブルが2021年のマシン開発を続けていることについて懸念していないと語った。

レッドブルが続ける2021年用マシンの開発……フェルスタッペン、来季の戦闘力に「不安はないよ!」

 マックス・フェルスタッペンは、メルセデスが今シーズンの開発を早々に終了して2022年の開発に集中している中、所属チームのレッドブル・ホンダが今季のマシン開発を継続していることについて、不安に思ってはいないと語る。

 2022年シーズンのF1は、テクニカルレギュレーションが大幅に変更されることになっており、F1マシンのコンセプトが一新することになる。そのため、ほとんどのチームが今シーズンの開発を早々に終了し、リソースを来季用マシンの開発に振り分けることを選択してした。

 今季のタイトルを争っているメルセデスも、早々に今季向けの開発を終了。イギリスGPに投入したアップグレードが、今季最後のモノだと明言している。しかしそんな中、メルセデスの最大のライバルであるレッドブルは、来季用マシンの開発と並行して、今季用マシン”RB16B”の開発を継続することを選んだ。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、今シーズンの戦いを諦め、開発を早々に終了させることは「我々の文化ではない」と語り、2021年用マシンと2022年用マシンの開発に振り分けるリソースのバランスは「ほぼ正しいモノ」だと自信を持っているようだ。

 フェルスタッペンはmotorsport.comオランダ版の独占インタビューに応じ、レッドブルが来年用マシンの開発にかけているリソースの量については、不安に思っていないと語った。

「正直に言って、不安には思っていない」

 フェルスタッペンは、2021年の開発を継続することで、2022年の開発に不安が生じるのではないかと尋ねられるとそう語った。

「来年のマシンについても、既に十分な数の人が働いている。それについては長く話すことだってできるけど、個人的には、来年がどれだけ良いのか、それともどれだけ悪いのか、それは分からない」

「誰にも分からないことだと思うよ。だから僕らはただ待って、実際に走った時にどうなのかを見守る必要があると思う」

 シーズン前半、フェルスタッペンは11レース中5勝を挙げ、一時はランキング首位に立っていた。しかしイギリスGPでは最大のライバルであるルイス・ハミルトン(メルセデス)との接触の結果、クラッシュしてリタイア……続くハンガリーGPでは、スタート直後にハミルトンのチームメイトであるバルテリ・ボッタスが引き起こした多重クラッシュに巻き込まれ、わずか2ポイントしか獲得できなかった。この2レースの結果、ランキング上ではハミルトンに逆転を許し、8ポイント差でシーズン後半戦を迎える。

 フェルスタッペンはレッドブルには「かなりの不運があった」と語る一方で、特に最近のレースでは、メルセデスの方にペース面でのアドバンテージがあったと認める。

「過去2レースで多くのポイントを失ったから、まだまだすべきことがたくさんあると思う」

 そうフェルスタッペンは語った。

「非常に僅差の戦いだと思う。でも直近の2レースでは、メルセデスの方にアドバンテージがあったと思う。彼らには、アップグレードが投入されたからね。でも僕らには、まだいくつかのアップグレードが残っている」

「それが僕らに、もう少しラップタイムをもたらしてくれることを願っている」

 

Read Also:

シェア
コメント
8年ぶりタイトル獲得へ……レッドブルの躍進を後押しした”開発トークン”

前の記事

8年ぶりタイトル獲得へ……レッドブルの躍進を後押しした”開発トークン”

次の記事

レッドブル・ホンダのフェルスタッペン&ペレス、2基目のPUを失う。クラッシュによるダメージ甚大で「修理不可能」

レッドブル・ホンダのフェルスタッペン&ペレス、2基目のPUを失う。クラッシュによるダメージ甚大で「修理不可能」
コメントを読み込む