F1ドライバーが新マシンに求めるのは、やはり追い抜き増加?「1周3、4秒遅くなってもいい」とフェルスタッペン

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、F1がより制限の多い次世代マシンに移行することは問題ないと語り、オーバーテイクが増加するのであればラップタイムが遅くなっても構わないとも述べた。

F1ドライバーが新マシンに求めるのは、やはり追い抜き増加?「1周3、4秒遅くなってもいい」とフェルスタッペン

 先日、F1は大きく刷新された技術規則に基づく2022年マシンのフルサイズモデルを、シルバーストンにて公開した。

Read Also:

 新型マシン導入によって目指されているのは、レース中のバトル増加。クリーンエアで走ることに依存してしまっている現状を鑑み、ウイングよりもフロアで生まれるダウンフォースの割合を増やすような形とした。しかしその一方で、1周のラップタイムは遅くなると予想されている。

 この2022年マシンの発表を受けて、一部からはインディカーのように制限の多いマシンになるのではないかという声が聞かれている。現在のインディカーはショックアブソーバーとダンパーを除いてほぼワンメイクという状態だが、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は上記の主張を否定した。

 F1がますますインディカーに近付いているのではないかとmotorsport.comに尋ねられたフェルスタッペンは次のように答えた。

「まだインディカーとはかけ離れていると思うから、問題ないだろう」

「でも今後数年間でどのような方向に転ぶかだね。何が許可されて何が許可されないかも見えてくるだろう。でも現時点では批判してもしょうがない。今後の展開を見守るしかない」

 またフェルスタッペンは、コース上でのバトルが多く見られるのであれば、ラップタイムが遅くなっても気にならないと語り、むしろオーバーテイクが難しい現状への不満を示した。

「もちろん、僕たちは常にできる限り速く走りたいと思っている」とフェルスタッペンは言う。

「でも、今はオーバーテイクがかなり難しいんだ。最終的に良いレースができるのならば、(1周あたり)3、4秒遅くなってもかまわない。そこは常にギブアンドテイクだ」

「もちろん、今のマシンはブレーキを遅らせてコーナーを速く抜けることができれば、誰かがそれを追い抜くのはかなり難しい」

「結局のところ僕たちは良いレースをするために新しいマシンが必要だと言ってきた訳で、F1はそれについて協議をした結果、最終的にこの解決策に行き着いたんだ。来年のレースがどうなるか気になる」

 

Read Also:

シェア
コメント
マクラーレンF1は今“最も抜きづらい”マシン? サインツJr.が古巣とのバトル通じ分析

前の記事

マクラーレンF1は今“最も抜きづらい”マシン? サインツJr.が古巣とのバトル通じ分析

次の記事

ハースF1、ミック・シューマッハーとの契約延長を希望も「フェラーリも交えた三者間での交渉……細部まで気を遣わねば」

ハースF1、ミック・シューマッハーとの契約延長を希望も「フェラーリも交えた三者間での交渉……細部まで気を遣わねば」
コメントを読み込む