F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
51 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
65 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
79 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
93 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
114 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
128 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
149 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
156 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
170 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
184 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
212 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
219 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
233 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
254 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
268 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
275 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
289 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
303 days

「ナンバーワンはひとりで十分」フェルスタッペン、フェラーリ加入を否定

シェア
コメント
「ナンバーワンはひとりで十分」フェルスタッペン、フェラーリ加入を否定
執筆:
協力: Erwin Jaeggi
2019/12/17 3:23

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレールの僚友としてフェラーリF1のマシンを走らせることは無いだろうと話した。

 2020年末で、レッドブルとの契約期間が終了するマックス・フェルスタッペン。F1を牽引するドライバーのひとりと目されている彼は、2021年以降もレッドブルに留まるのか、それともフェラーリやメルセデスへ移籍するのか、2020年シーズンが始まる前にもかかわらず、既に注目が集まっている。

Read Also:

 移籍候補先のひとつと目されるフェラーリは、シャルル・ルクレールが2022年まで契約下にあり、既に2024年までの契約延長について話し合いを進めているという。そのため、フェルスタッペンがフェラーリへ加入した場合は、長年のライバルであるルクレールのチームメイトとなるはずだ。

 しかし、フェルスタッペンがオランダのTV局に対して語ったところによると、フェラーリ加入は考えていないという。

「とにかく、そういったこと(フェラーリが自身を獲得しようとすること)は起こらないだろうと思っている」

 そうフェルスタッペンは語った。

「ナンバーワンドライバーになる可能性のあるヤツふたりを、隣り合わせにするべきじゃないと思うよ」

 こうしたフェルスタッペンの見解は、彼がメルセデスで“ルイス・ハミルトンのチームメイトになるつもりはない”、ということも示唆しているようにも聞こえる。

 しかしながら、そうした点は最終的にはチームのマネージメント次第とも彼は考えている。なにより、ハミルトンとフェルスタッペンを組ませて生じる摩擦や不和よりも、このふたりを組ませる“魅力”が上回ると考えれば、メルセデスは獲得の決定を下せるだろう。

「今のところ、そういったことについてはあまり考えていない」

 メルセデス入りの可能性について訊かれたフェルスタッペンは、そう語った。

「結局はチームがどう考えているかなんだ。僕はそれ(移籍)について意見を持つことができるし、彼だってそうだ。でも結局は彼ら(チーム)がどうするかを決める。だから様子を見ていこう」

 フェルスタッペンはハミルトンの業績を高く評価しているが、メルセデスのマシンを手にできたなら、グリッド上のドライバーの60%はチャンピオンを獲れるだろう、とも話した。

「なぜなら、それ(タイトルを獲れるか)は純粋にクルマ次第だからね。メルセデスのマシンに乗ることができたなら、ドライバー(20人中)の6割はチャンピオンを獲れるだろう」

「もし僕がメルセデスのマシンに乗っていたら、そういったことも起きていただろうと自信を持って言うことができるよ」

「確かに彼は間違いなく優秀で、F1の歴史の中でも最高のドライバーのひとりだ。だけど僕が指摘したいのは、さっきも言ったようにクルマが支配的な部分を占めているということで、他の6割のドライバーも(メルセデスに乗っていれば)それを勝ち取れるはず、ということなんだ」

Read Also:

次の記事
ドライバーたちの熱き戦いの記録。F1チームラジオ:ベストセレクション2019

前の記事

ドライバーたちの熱き戦いの記録。F1チームラジオ:ベストセレクション2019

次の記事

山本尚貴に”F1での良いオファー”? ホンダ山本MD「レッドブルと議論した」

山本尚貴に”F1での良いオファー”? ホンダ山本MD「レッドブルと議論した」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー シャルル ルクレール , マックス フェルスタッペン 発売中
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Jonathan Noble