フェルスタッペン、サンパウロGPでハミルトンを”コース外”に押し出した原因は「タイヤが消耗していたから」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1サンパウロGPでルイス・ハミルトン(メルセデス)と共にターン4でコースアウトした原因は、タイヤが消耗していたからだと語った。

フェルスタッペン、サンパウロGPでハミルトンを”コース外”に押し出した原因は「タイヤが消耗していたから」

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1サンパウロGPの決勝レースの48周目に、ターン4でワイドに膨らんでしまい、ライバルのルイス・ハミルトン(メルセデス)をコース外に追いやった”事件”について、タイヤが消耗していたことが原因だと語った。

 サンパウロGPを2番グリッドからスタートしたフェルスタッペンは、すぐさま先頭に立つと、レースの大半で首位をキープしていた。しかしその後、後方から追い上げてきたハミルトンが急接近。フェルスタッペンに厳しいプレッシャーをかけた。

 そして48周目、ハミルトンがフェルスタッペンに並びかけるも、ターン4の飛び込みでフェルスタッペンがワイドに膨らんでしまい、ハミルトンをコース外に追いやることになった。この動きについてはいくつかの論争を巻き起こし、特にメルセデスは、フェルスタッペンにペナルティを科すべきだと考えていた。

 しかしフェルスタッペンは、自分は何も悪いことはしていないと主張。当時履いていたタイヤはすでに性能が劣化し、グリップが不足していたため、走行ラインを外れてしまっただけだと語る。

「僕らは共に、コーナーに先に飛び込もうとしていた。だからブレーキングを遅らせて、ポジションを守ろうとしたんだ」

 フェルスタッペンは自身の見解について、motorsport.comにそう語った。

「タイヤは当時すでに少し摩耗していて、僕のグリップはギリギリのところにいた。それが、僕がエイペックスを取ることができなかった理由だ。少しワイドに走るのが、より安全な形だったんだ」

「レースは、素晴らしいモノだったと思う。だから、スチュワードがレースを続けるべきだと判断してくれたことを嬉しく思っている」

 なおフェルスタッペンとハミルトンは、今シーズン度々接触。特にイギリスGPでは、両者接触の上、フェルスタッペンは激しくクラッシュしている。

 フェルスタッペンは、イギリスGPの事故とは全く状況が異なっていると語る。

「僕は同じ状況だったとは思わない。彼が何を言っているか知らないけどね」

「今回は、全く異なるタイプのコーナーだ。それについては、コメントできることはほとんどないよ。とにかく、同じような接触じゃない」

 ハミルトンは当時、フェルスタッペンの動きを「クレイジーだ」と無線で語ったが、後に接触しなかったことには感謝していると語った。

「最初は、僕の方が前に出ていたと思う。でも彼は自分のポジションを維持し、そしてコースを外れた」

 ハミルトンはそう説明した。

「コース幅を完全に使い果たしてしまっていたと思う。だから僕は、完全にコースを外れるのを避けなければいけなかった」

「それについてはそれほど深くは考えていないし、リプレイも見なきゃいけない。でもとにかくそれは激しい戦いだった。そしてホイール同士が接触しなかったのはよかったと思う」

 
 
Read Also:
シェア
コメント
マクラーレンのリカルド、サンパウロGPのリタイア原因はシャシーの亀裂?
前の記事

マクラーレンのリカルド、サンパウロGPのリタイア原因はシャシーの亀裂?

次の記事

【速報】初の中国人F1ドライバー誕生! 周冠宇がアルファロメオの2022年レギュラードライバーに

【速報】初の中国人F1ドライバー誕生! 周冠宇がアルファロメオの2022年レギュラードライバーに
コメントを読み込む