ベッテル、ザントフールトの新バンクコーナーにメロメロ? 「F1はこれをもっと導入すべき!」

F1オランダGPで改修後されたバンクコーナーを体験したセバスチャン・ベッテルは、F1にはこうしたコーナーがもっと必要だと語った。

ベッテル、ザントフールトの新バンクコーナーにメロメロ? 「F1はこれをもっと導入すべき!」

 F1第13戦オランダGPが開幕を迎えた。舞台となっているのはザントフールト・サーキットだ。36年ぶりのF1開催にあたり、サーキット側はコースを一部改修し、ターン1とターン3、そして最終コーナーに大きなバンク角が設定された。

Read Also:

 そして初日フリー走行でそれを体験したセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)は、改修されたコーナーはエキサイティングで、F1がより多くのサーキットで導入すべきモノだと語っている。

「僕らはもっとこうしたバンクのついたコーナーをもっと作るべきだ。逆バンクではなくね」と、ベッテルは言う。

「逆バンクは排水のために使われているけど、グリップがなくてとてもつまらない」

「(正バンクのコーナーは)見た目にもエキサイティングだし、マシンで走っても同じように刺激的だと思う」

 なおF1はアブダビGPが開催されているヤス・マリーナ・サーキットについて、レイアウトやレースの質について批判を受けた結果、今シーズンの開催に向けてバンク付きコーナーを追加する予定となっている。

 なおベッテルはこのオランダGP初日の走行では、FP1中盤にパワーユニットにトラブルが発生しコース上にマシンをストップ。長時間の赤旗中断の原因となってしまった。その後のFP2では10番手タイムをマークしている。

「まずまずのFP2だった。僕らは追い上げるために、素早くリズムを掴む必要があったんだ」

「何年も前だけど、ここでの経験があることは助けになった。トラックが大きく変わっていなかったのは、いいニュースだったね」

「多少は変わっていたけど、良い変化だと思う。バンクもエキサイティングだ。まだどのラインをとるかはハッキリとはしていないけど、明日もう少し時間はある」

 また赤旗によって中断が頻発した初日について、リズムをとるのが難しくなるものなのかと、ベッテルは尋ねられた。すると彼はFP1での赤旗は“自分が原因だった”ことを引き合いに冗談めかして答えた。

「僕にとってはそれほど厳しいものじゃなかったね」

「午後(FP2)もそうだ。最初の赤旗が出た時、僕はまだコースに入っていなかった」

「結局(赤旗は)1回しか経験していないけど、そんなに酷いものじゃない。とにかくボックスに居るだけだ。僕としては、赤旗で影響は無かったね。もっとも、僕らも引き起こしたんだけど!」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
母国GPのフェルスタッペンにグリッド降格の危機。フリー走行での赤旗時追い越しの疑いでスチュワードに召還
前の記事

母国GPのフェルスタッペンにグリッド降格の危機。フリー走行での赤旗時追い越しの疑いでスチュワードに召還

次の記事

フェルスタッペン、赤旗中オーバーテイクの疑いで審議対象となるも、”即時の減速”が認められペナルティなし

フェルスタッペン、赤旗中オーバーテイクの疑いで審議対象となるも、”即時の減速”が認められペナルティなし
コメントを読み込む