4度F1王者セバスチャン・ベッテル、スプリント予選勝者に“ポール”は「間違っている」とシステムを批判

アストンマーチンF1のセバスチャン・ベッテルは、F1が新たに導入するスプリント予選レースの勝者に“ポールポジション”が与えられる仕組みは間違っていると主張する。

4度F1王者セバスチャン・ベッテル、スプリント予選勝者に“ポール”は「間違っている」とシステムを批判

 F1は2021年シーズン第10戦イギリスGPで、新たな開催形式としてスプリント予選レースを試験導入する。これによってレースウィークのフォーマットも変更され、初日がフリー走行1回目と従来フォーマットの予選、2日目にFP2とスプリント予選レース、3日目が決勝という形となる。

Read Also:

 なお“Q1、Q2、Q3”と従来のノックアウト形式で行なわれる予選では、トップタイムをマークしたドライバーに対してポールポジション獲得の記録は与えられず、スプリント予選レース勝者がポールポジションを獲得したドライバーだと記録されることになる。

 この点についてF1マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは「FIAとの話し合いの結果、彼らはポールポジションはグランプリのグリッドの先頭に居るドライバーだと感じている」と説明。「グランプリの価値を損なうような決定ではない」と語っていた。

 このポールポジションの扱いに関しては大きな議論を呼び、シルバーストンで行なわれた木曜プレスカンファレンスでも多く取り上げられた。

 中でも、セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)はスプリント予選レースの勝者にポールポジションを与える決定について「間違っている」とキッパリと反対の意を示している。

「僕は間違っていると思う」

 motorsport.comから、今回のPPに関する決定について訊かれたベッテルはそう答えた。

「ポールポジションというのは最速ラップタイムを達成するか、予選で一番速かったときに与えられるモノだ。ちょっと混乱させられる。もちろん場合による。それに1回限りのものなら、そんなに問題じゃない」

「だけどもし来年、もしくは将来的にスプリント予選が10戦で行なわれたりするなら、それはちょっと変だと思う。つまりポールポジションは最速のラップタイムを出したドライバーに与えられるべき、ということだ」

 ベッテルのそうしたコメントに、同席していたエステバン・オコン(アルピーヌ)は「それならスプリント予選はスプリントレースと呼ぶの?」と言及。

 ベッテルはそれに「確かに“スプリント・ポール”みたいな呼び方もできるね。これは50年前には無かった、新しい種目だ。だから統計に新しい欄を加えるだけだ」と答えていた。

 

Read Also:

シェア
コメント
FIAが次世代F1マシンに寄せる大きな期待。「F1にとって新たな文化の始まりになる」

前の記事

FIAが次世代F1マシンに寄せる大きな期待。「F1にとって新たな文化の始まりになる」

次の記事

ノリス、強盗被害からF1母国戦挑むも「完璧なコンディションじゃない」と認める

ノリス、強盗被害からF1母国戦挑むも「完璧なコンディションじゃない」と認める
コメントを読み込む