F1 日本GP

“鈴鹿大好きおじさん”セバスチャン・ベッテル、また鈴鹿で走るためなら「1戦限りでも真剣に検討する」

2022年限りでF1を引退するセバスチャン・ベッテルは鈴鹿での最後のF1レースを迎えている。しかし彼曰く、鈴鹿で再び走るチャンスが与えられたなら、「真剣に検討する」という。

Sebastian Vettel, Aston Martin

 アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは今シーズン限りでF1を引退するため、7日から行なわれる第18戦日本GPが、最後の鈴鹿サーキットでのF1レースとなる。しかし、チャンスがあれば引退後に”鈴鹿で1回限り”のF1復帰もやぶさかでないようだ。

 ベッテルは2009年に鈴鹿デビューを果たすと、通算4勝をマーク。表彰台もその他に4回獲得するなど、鈴鹿では素晴らしい成績を残してきた。

 そんな鈴鹿サーキットは、ベッテルがお気入りのコースとして語る場所のひとつでもある。

 6日(木)の記者会見に出席したベッテルは、最後の鈴鹿戦ということもあり、今週末に向けては他の場所と比較しても「少し違った感じがある」と、鈴鹿ラストランに向けて感傷的になっていることも認めていた。

 F1引退後、大好きな鈴鹿サーキットを再び走れるよう、将来日本のカテゴリーに挑戦することに興味はあるのかとmotorsport.comに尋ねられると、ベッテルは「絶対に無いってことはないけどね」と答えた。

「言うまでもなく、僕はこのトラックを走るのが大好きだ。ここはいつでも情熱的で、とても生き生きしていると感じられる」

「将来、どんなタイプのクルマが出てくるか様子を見てみよう。もしかするとこの先のレースで彼ら(F1ドライバー)から、体調を悪くしてしまう人が出るかもしれない」

「病気になって欲しいわけじゃないよ! でも、いつでも鈴鹿でのレースに復帰しても構わない」

「でももちろん、将来がどうなるかは分からない。今のところプランは無いんだ。ただ日本ではエキサイティングなレースがいくつもあると思う。先は分からないけど、様子を見てみよう」

 なおベッテルは”1レース限り”で復帰するという考えについては、真剣なモノだと認めている。

「ああ。もし誰かが、1レースのためにドライバーと契約を喜んで結んでくれるならね!」

「F1ドライバーが喜んで席を譲るような人間じゃないのは承知の上だ。でも僕はそれを真剣に検討するだろうね」

 
Read Also:
Sebastian Vettel, Red Bull Racing RB7 Renault, celebrates his second world championship with his team at the 2011 Japanese GP

Sebastian Vettel, Red Bull Racing RB7 Renault, celebrates his second world championship with his team at the 2011 Japanese GP

Photo by: Andy Hone / Motorsport Images

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 フェルスタッペン、鈴鹿で戴冠なるか? 必要なのは”完璧な週末”「何かを変える必要はない」
次の記事 大湯&笹原から「舌が怪しい」と酷評された角田裕毅……今や「レストランを開きたい」ほどの超グルメに。本場のピザについて熱弁

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本