登録

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本
速報ニュース

アストンマーチンF1、ベッテルのマシン適応に自信「ペレスほど極端なスタイルではない」

アストンマーチンは、セバスチャン・ベッテルはセルジオ・ペレスよりもドライビングスタイルが過激ではないことから、マシンに問題なく適応できると考えている。

Sebastian Vettel, Aston Martin Racing

Sebastian Vettel, Aston Martin Racing

Aston Martin Racing

 F1王者に4度輝いたセバスチャン・ベッテルは、フェラーリ在籍最終年である2020年シーズンに大苦戦したが、セルジオ・ペレスに代わってアストンマーチン(旧レーシングポイント)に加入。新天地で2021年シーズンに臨むことになった。

 近年のベッテルはミスが多く、ベッテルのドライビングスタイルに、リヤが不安定なフェラーリのマシンがあっていないのではないかと見られていた。

Read Also:

 アストンマーチンのテクニカルディレクターであるアンドリュー・グリーンは、ベッテルのドライビングスタイルはペレスほど極端なものではないと信じており、ベッテルをチームの新車『AMR21』に乗せることに懸念は全くないと語った。

「確かに(ベッテルは)彼自身のドライビングスタイルを持っているが、それは他のドライバーのドライビングスタイルと大きく違っているわけではない」

「彼の前任のドライバー(ペレス)ほど極端ではない。彼のドライビングスタイルはかなり極端で、あらゆるコースで適切に走るのは非常に難しいことだった。特定のコースではそれが輝くが、そうでは無い時もあった」

「セブのスタイルはそれほど極端ではないと思う。彼に合わせてマシンをチューニングできるツールと能力を我々は持っている」

「我々はすでにその作業を始めている。この1ヵ月間、シミュレーターで作業をしてきたんだ。彼は我々の方向性にとても満足しているようだ。だから何の問題もないよ」

 フェラーリ在籍中からレーシングポイントのマシンコンセプトに興味を持っていたというベッテルは、リヤの安定性と自身のドライビングスタイルに関する噂について、次のように語った。

「リヤエンドに関しては、少し手に負えなくなっていたと思う」

「レッドブルにいた頃や、フェラーリ初期のマシンを見れば、リヤが神経質になっていた時期もあったし、それは問題ないんだ」

「この点で、僕は他のドライバーより弱いとは思っていないよ。どちらかと言うと、アンダーステアなクルマの方が嫌いなんだ。少なくともオーバーステアなら、色々なことができるからね」

「アンダーステアでもドライビングテクニックはあるけど、手が縛られているような、制限されている感じだ。だから実際には、クルマが少しルーズで回頭性が良いほうが好みなんだ」

「言うまでもないけど、それが行き過ぎると多くのタイムを失うことになる。遅いから、誰もそれを好まないんだ」

「(アストンマーチンの)マシン哲学の話に戻すと、興味深いと思う。聞いたところによるとかなり違うみたいだ。それが僕のやり方に合うといいな。どうなるか見てみよう」

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 ボッタス、充実のオフを過ごし自信満々。F1タイトル争いで課題のメンタル面でも秘策あり?
次の記事 ウイリアムズの復活に自信アリ。新CEOのヨースト・カピト「マクラーレンのようにできる」

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?
F1メカ解説|2024年のF1ついに開幕! ”隠すの禁止”で各車の秘密が見えてきた?:F1バーレーンGPピットレーン直送便

F1メカ解説|2024年のF1ついに開幕! ”隠すの禁止”で各車の秘密が見えてきた?:F1バーレーンGPピットレーン直送便

F1
バーレーンGP

F1メカ解説|2024年のF1ついに開幕! ”隠すの禁止”で各車の秘密が見えてきた?:F1バーレーンGPピットレーン直送便 F1メカ解説|2024年のF1ついに開幕! ”隠すの禁止”で各車の秘密が見えてきた?:F1バーレーンGPピットレーン直送便

マクラーレンに勝ってフェラーリとも競るなんて! アストンのアロンソ、望外の予選6番手に驚き隠せず。ロングランは「まずまず」か

マクラーレンに勝ってフェラーリとも競るなんて! アストンのアロンソ、望外の予選6番手に驚き隠せず。ロングランは「まずまず」か

F1
バーレーンGP

マクラーレンに勝ってフェラーリとも競るなんて! アストンのアロンソ、望外の予選6番手に驚き隠せず。ロングランは「まずまず」か マクラーレンに勝ってフェラーリとも競るなんて! アストンのアロンソ、望外の予選6番手に驚き隠せず。ロングランは「まずまず」か

ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢

ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢

F1

ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢 ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢

最新ニュース

RBバイエルCEO、角田裕毅がチームオーダーに不満を抱いた理由を理解。一方で戦略の見直しを示唆「本来ならばストロールをカバーすべきだったかも」

RBバイエルCEO、角田裕毅がチームオーダーに不満を抱いた理由を理解。一方で戦略の見直しを示唆「本来ならばストロールをカバーすべきだったかも」

F1 F1
バーレーンGP

RBバイエルCEO、角田裕毅がチームオーダーに不満を抱いた理由を理解。一方で戦略の見直しを示唆「本来ならばストロールをカバーすべきだったかも」 RBバイエルCEO、角田裕毅がチームオーダーに不満を抱いた理由を理解。一方で戦略の見直しを示唆「本来ならばストロールをカバーすべきだったかも」

スーパーフォーミュラのパブリックビューイングが全戦で開催! 『シティサーキット東京ベイ』で現地に負けない興奮を

スーパーフォーミュラのパブリックビューイングが全戦で開催! 『シティサーキット東京ベイ』で現地に負けない興奮を

SF スーパーフォーミュラ

スーパーフォーミュラのパブリックビューイングが全戦で開催! 『シティサーキット東京ベイ』で現地に負けない興奮を スーパーフォーミュラのパブリックビューイングが全戦で開催! 『シティサーキット東京ベイ』で現地に負けない興奮を

ルクレール、ブレーキトラブルで”収穫ナシ”のレースに「左右でブレーキの温度が100度以上違っていた」

ルクレール、ブレーキトラブルで”収穫ナシ”のレースに「左右でブレーキの温度が100度以上違っていた」

F1 F1
バーレーンGP

ルクレール、ブレーキトラブルで”収穫ナシ”のレースに「左右でブレーキの温度が100度以上違っていた」 ルクレール、ブレーキトラブルで”収穫ナシ”のレースに「左右でブレーキの温度が100度以上違っていた」

女性問題抱えるレッドブルF1代表、現職続投でチーム分裂の引き金に? フェルスタッペン父「彼は被害者ぶっている」

女性問題抱えるレッドブルF1代表、現職続投でチーム分裂の引き金に? フェルスタッペン父「彼は被害者ぶっている」

F1 F1
バーレーンGP

女性問題抱えるレッドブルF1代表、現職続投でチーム分裂の引き金に? フェルスタッペン父「彼は被害者ぶっている」 女性問題抱えるレッドブルF1代表、現職続投でチーム分裂の引き金に? フェルスタッペン父「彼は被害者ぶっている」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本