F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
FP3 まで
12 時間
:
55
:
19
09 10月
次のセッションまで……
13 days
23 10月
次のセッションまで……
27 days
31 10月
次のセッションまで……
35 days

ウイリアムズ家、売却完了のウイリアムズF1への関与を終了。イタリアGPが最後の1戦

シェア
コメント
ウイリアムズ家、売却完了のウイリアムズF1への関与を終了。イタリアGPが最後の1戦
執筆:

ウイリアムズ家は、今週末のイタリアGPを最後に、F1への関わりを終了することを発表した。事実上副チーム代表のクレア・ウイリアムズがチームを率いてきたが、後任には誰が就くのかは発表されていない。

 アメリカの投資会社であるドリルトン・キャピタルへの買収が完了したウイリアムズF1チーム。今週末のイタリアGPが、ウイリアムズ家の人物がチームに関与する最後のグランプリになるようだ。

 これまで副チーム代表として事実上チームを率いてきたクレア・ウイリアムズは、今回の決定に際して次のようにコメントを寄せた。

「チームの将来が確保された今、我々がこのスポーツから離れる適切な時期だと感じています。家族として、我々は常にウイリアムズを優先してきました」

「戦略的な見直しのプロセスに関する最近の行動により、今こそ手綱を譲り、新たなオーナーに、チームを未来の姿に導く機会を与える、適切な時期だと信じています」

「我々はこのスポーツに40年以上携わってきました。我々はこれまでの実績と残してきた遺産を、信じられないほど誇りに思っています。我々はこのスポーツを愛しているため、そしてモータースポーツに挑む純粋な喜びのために、ずっとそれに参加してきました。今回の決断は、軽くなされたモノではありません」

「ドリルトンが(チームの活動を)続けていくことを推奨してくれたことについて、深く感謝しています。しかし、チームの内部がうまく機能し、ウイリアムズの名前が守られることは分かっています。今回のことは、家族経営としてのウイリアムズの終わりということになるかもしれませんが、ウイリアムズ・レーシングの新たな時代の始まりであり、彼らの将来の大成功を願っています」

「父フランクとウイリアムズ家を代表して、パドックの友人や世界中の多くのファン、そして我々が長年にわたって得てきたサポートに対して、どれほど感謝しているかをお伝えしたいと思います」

「しかしとにかく、我々は我々のチームに感謝したいと思います。過去、そして今までにウイリアムズで働いてくれた全ての人たちに対してです。彼らはこのチームの真の戦士であり、彼らが全てを作り上げてくれました。F1は、我々にとって長い間生活の中心でした。しかし今は、我々の新たな生活が始まる時です」

Read Also:

ランオフエリアの改良も考えもの? サインツ「恐怖心を薄れさせている」

前の記事

ランオフエリアの改良も考えもの? サインツ「恐怖心を薄れさせている」

次の記事

Netflixがアイルトン・セナのドラマ制作をスタート。2022年に公開予定

Netflixがアイルトン・セナのドラマ制作をスタート。2022年に公開予定
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ウイリアムズ
執筆者 Adam Cooper