アレクサンダー・アルボン、F1復帰が決定! 来季ウイリアムズに加入……チームメイトはラティフィ

ウイリアムズは、アレクサンダー・アルボンと2022年のドライバー契約を結んだことを発表。ニコラス・ラティフィとコンビを組むことを明らかにした。

アレクサンダー・アルボン、F1復帰が決定! 来季ウイリアムズに加入……チームメイトはラティフィ

 アレクサンダー・アルボンが、ジョージ・ラッセルの後任として、2022年にウイリアムズのマシンをドライブすることが決まった。

 アルボンは2020年限りでレッドブルのシートを喪失。今季は同チームでリザーブドライバーを務める傍ら、DTMにも参戦してきた。

 そんな中レッドブルは、アルボンが来季F1に復帰できるよう交渉を進めていることを明かしており、ウイリアムズもしくはアルファロメオがその候補であると考えられてきた。

 そして9月8日(水)、ウイリアムズがプレスリリースを発表し、アルボンが来年ウイリアムズのドライバーを務めることが明らかにされた。チームメイトはニコラス・ラティフィだ。

「2022年にF1のレースシートへ戻ることを、とても楽しみにしているし、本当にワクワクしている」

 アルボンはそうコメントを寄せた。

「F1から1年離れることになった時、戻ってくることができるかどうかは分からなかった。だから僕を信じ、グリッドに戻ることを手助けしてくれたレッドブルとウイリアムズには、非常に感謝している」

「ウイリアムズが今季、チームとして前進しているのを見るのは、素晴らしいことだ。2022年も彼らがそれを続けていくのを手助けするのを、楽しみにしている」

 アルボンの前任であるラッセルは、来季メルセデスに移籍。メルセデスからはバルテリ・ボッタスがアルファロメオに移籍するなど、玉突きのように次々に各チームのラインアップが決まっていっている。

「2022年のドライバーラインアップを確定できたのは、素晴らしいことだ。来年もニコラスとの関係を続けると共に、アレックスをチームに迎えることができ、とても嬉しく思っている」

 ウイリアムズのCEOであるヨースト・カピトは語った。

「若いラインアップを作り上げられたことに、非常に興奮している。ふたりのドライバーが若さと経験という素晴らしいブレンドをもたらすことは、チームにとって最適であるだけでなく、我々が次のステップに進むのに役立つはずだ」

「アレックスは、モータースポーツ界の中でも最もエキサイティングな、若いドライバーのひとりだ。レッドブル時代も含め、彼はF1での経験が豊富にある。彼は複数回にわたって表彰台を獲得しており、そのことは彼のスピードを証明している。我々のチームにも、すぐに溶け込めるはずだ」

「一方でニコラスは、過去3年間我々と仕事をしてきた。彼の勤勉さ、そしてポジティブな姿勢は、常に我々に感銘を与えてきた。彼はウイリアムズで成長を続け、今シーズン入賞を果たしたことでも分かるように、印象的なF1ドライバーに成長した」

「2022年に目を向ける前に、チームとして前に進む勢いを維持し、今シーズンを加納な限り力強い形で終えられることを、今から楽しみにしている」

 

Read Also:

シェア
コメント
最新版が発表されるも、未だ流動的な2021年F1カレンダー。最も厄介なのはトルコGP?

前の記事

最新版が発表されるも、未だ流動的な2021年F1カレンダー。最も厄介なのはトルコGP?

次の記事

F1の将来のために……「世界F1ファン意識調査2021」が日本語含む世界15言語でスタート。9月22日まで

F1の将来のために……「世界F1ファン意識調査2021」が日本語含む世界15言語でスタート。9月22日まで
コメントを読み込む