ウイリアムズ、F1新車発表でARアプリを活用。実物大『FW43B』が拡張現実で自宅に登場!

ウイリアムズは3月5日に行なう新車『FW43B』の発表イベントを、拡張現実(AR)アプリを活用して行なうことを発表した。

ウイリアムズ、F1新車発表でARアプリを活用。実物大『FW43B』が拡張現実で自宅に登場!

 ウイリアムズF1チームは3月5日に、2021年シーズンを戦う新車『FW43B』を発表するが、この際に拡張現実(AR)アプリを活用し、ファンが自宅でFW43Bを”見る”ことができるようにすると明かした。

 ウイリアムズは2月の初めに新車発表日程を明らかにし、さらに先月半ばには発表に先駆けてシルバーストンでFW43Bのシェイクダウンを実施している。

 新車発表会は5日の14時(日本時間23時)に行なわれる。世界中のファンは専用アプリを使用してFW43Bの実物大3Dモデルを自宅に投影し、新しいカラーリングを最初に堪能することができるという。

「『Williams Racing AR Launch 2021』アプリは、Appleストアでダウンロード可能となった。まもなくAndroidでも利用可能になる予定だ」と、ウイリアムズは声明で発表している。

「発表日当日、アプリをダウンロードした人には、コンテンツが利用可能になり次第、プッシュ通知が届く」

 ARを使った新車発表の後、ウイリアムズのドライバーであるジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィ、チーム代表のサイモン・ロバーツ、CEOのヨースト・カピトが参加する記者会見が行なわれる予定だ。

 昨年夏にチームの買収を完了したドリルトン・キャピタルの新経営陣の下でCEOに就任したカピトが、初めてウイリアムズのウェアを纏って登場することになるだろう。

 3シーズン続けてコンストラクターズランキング最下位に終わっているウイリアムズ。しかし2020年はアルファロメオやハースと定期的にバトルを繰り広げ、しばしばポイント獲得圏内でレースをした。2021年はさらに一歩前進し、定期的にポイントを獲ることを目標としている。

 メルセデスの育成ドライバーであるラッセルは予選で際立った速さを見せ、何度もQ2に進出。ラティフィは予選ではラッセルに完敗だったものの、3度11位でフィニッシュしている。

 編集部で確認したところ、日本でもAppleストアではすでに『Williams Racing AR Launch 2021』アプリの配信が開始されている。AndroidのPlayストアでは3月3日午前11時の時点ではまだ配信が開始されていなかったが、ぜひチェックしてみてはどうだろうか。

Read Also:

シェア
コメント
アルピーヌF1”初代”マシンA521が発表。ブルー基調の美しいカラーリングを纏う

前の記事

アルピーヌF1”初代”マシンA521が発表。ブルー基調の美しいカラーリングを纏う

次の記事

今こそアルピーヌが、F1で戦う時……新車A521発表に際し、チームがコメント

今こそアルピーヌが、F1で戦う時……新車A521発表に際し、チームがコメント
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ウイリアムズ
執筆者 Luke Smith