メルセデスF1代表、珍スピン喫したボッタスへのペナルティは「厳しい」マクラーレンの泣き言にも不満

メルセデスのトト・ウルフ代表は、ピットレーンでスピンしたバルテリ・ボッタスに対し、マクラーレンが大げさに表現したことに不満を持っているようだ。

メルセデスF1代表、珍スピン喫したボッタスへのペナルティは「厳しい」マクラーレンの泣き言にも不満

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1第8戦シュタイアーマルクGPのFP2で珍しいミスを犯してしまった。ピットボックスから2速ギヤで発進した際、マシンをスピンさせてしまったのだ。

 幸いマシンは誰ともどことも当たらず停止。すぐ近くにいたマクラーレンのスタッフがボッタス車の向きを変えるのを手伝い、ボッタスはコースへと出ていった。だがマクラーレンはラジオを通じてF1レースディレクターのマイケル・マシに「馬鹿げたインシデントだ」と不満をぶつけた。

 スチュワードはこの件を調査し、ボッタスに3グリッド降格ペナルティを与えた。ボッタスは予選後、このペナルティについて「厳しい」と語り、「このスポーツでは、常に誰かが自分をねじ伏せようとしてくる」と付け加え、マクラーレンの不満が大げさだったと示唆した。

Read Also:

 ボッタスのペナルティについて訊かれたメルセデスのトト・ウルフ代表は、厳しい裁定だったとした上で、「一部チームのスポーティングディレクターがマシに無線のチャンネルを合わせて、アルマゲドン(世界の破滅)かのようなシナリオをすぐに持ち出してくるのは非常に面白い」と話した。

「こういったチャンネルが開放されて、みんなで笑えるようになったのは良いことだ」

「一方で、バルテリはピットレーンでスピンし、誰かを傷つける可能性があった。歩くようなスピードであったとしても、ひどい事故になる可能性があったということだ。ペナルティについては理解している」

「厳しいと思うかどうか? そう思う。特にバルテリのように、決して間違ったことをしないようにしている人に対してはね。彼はとても正直で、率直に説明をしていた」

「他の多くのドライバーなら、どんなことを言っていたか分からない。『床に描かれたバナーやスポンサーロゴがスリッピーだ。場所を変える必要がある』と言っていたかもしれない」

「彼はスチュワードに召喚されて、発進を最適化しようとして失敗したと言ったんだ」

「我々はバルテリのように、もう少し誠実であるべきだと思う。すぐに(無線の)ボタンを押して、他の人のことを気にして泣き言を言う人も含めてね」

 ボッタスのペナルティによって予選4番手だったランド・ノリスが3番グリッドに繰り上がっており、マクラーレンはその恩恵を得ていることになる。

 ただ、マクラーレンが無線で”泣き言”を言っていなかったとしても、ボッタスのスピンが危険だったのは紛れもない事実。いずれにしてもペナルティは出ていただろう……。

 
 

Read Also:

シェア
コメント
ハミルトン異例の3アタック敢行も、焦りが裏目に? ラストアタックは「遅れを取り戻そうと……」
前の記事

ハミルトン異例の3アタック敢行も、焦りが裏目に? ラストアタックは「遅れを取り戻そうと……」

次の記事

チーム内バトルが多いのは最後尾だから?ハースF1代表「シューマッハーとマゼピンの間に“報復合戦”はなし」

チーム内バトルが多いのは最後尾だから?ハースF1代表「シューマッハーとマゼピンの間に“報復合戦”はなし」
コメントを読み込む