トップイベント

F2サクヒール2:角田裕毅、フリー走行首位! スーパーライセンス確保に向け好発進

2020年FIA F2最終戦サクヒールのフリー走行が行なわれ、カーリンの角田裕毅がトップタイムを記録した。

F2サクヒール2:角田裕毅、フリー走行首位! スーパーライセンス確保に向け好発進

 FIA F2選手権第12ラウンド(最終戦)のフリー走行がバーレーン・インターナショナル・サーキットの“アウター・サーキット”で行なわれた。角田裕毅(カーリン)は1分03秒267を記録し、トップタイムだった。

 2020年シーズンのF2も、バーレーンの超高速レイアウトでの最終ラウンドを残すのみとなった。F1昇格に向けてスーパーライセンスを取得するためには、ランキング5位以上でシーズンを終えたい角田だが、現在そのボーダーラインである5番手。6番手のクリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)との点差も8点しかなく、油断できない状況だ。

 今回舞台となるのは、誰もが初体験のアウター・サーキット。45分間のフリー走行ではバンピーな路面に多くのドライバーが手を焼く中、角田は1分03秒267というトップタイムを記録した。

 2番手には角田のチームメイトであるユアン・ダルバラが0.228秒差でつけた。通常レイアウトで行なわれた第11戦同様、カーリンのマシンの仕上がりは良さそうだ。3番手にはルカ・ギオット(ハイテック)が入った。

 なお、予選は現地時間18時45分(日本時間24時45分)からスタートする。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 Japan 角田 裕毅 United Kingdom カーリン 28 1'03.267     201.602
2 India ユアン ダルバラ United Kingdom カーリン 28 1'03.495 0.228 0.228 200.878
3 Italy ルカ ギオット United Kingdom ハイテック 23 1'03.582 0.315 0.087 200.603
4 Brazil フェリペ ドルゴビッチ Netherlands MPモータースポーツ 26 1'03.609 0.342 0.027 200.518
5 Russian Federation ニキータ マゼピン United Kingdom ハイテック 22 1'03.664 0.397 0.055 200.345
6 New Zealand マーカス アームストロング France ARTグランプリ 25 1'03.872 0.605 0.208 199.693
7 Germany ミック シューマッハー Italy プレマ 24 1'03.876 0.609 0.004 199.680
8 China チョウ グアンユー United Kingdom ユニ-ヴィルトゥオーシ 22 1'03.879 0.612 0.003 199.671
9 Switzerland ルイ デレトラ Czech Republic チャロウズ 24 1'03.940 0.673 0.061 199.480
10 Russian Federation ロバート シュバルツマン Italy プレマ 22 1'03.966 0.699 0.026 199.399

シェア
コメント
F2サクヒール2予選:角田裕毅、今季4度目PP! 貴重な4点を手にしランク4番手に

前の記事

F2サクヒール2予選:角田裕毅、今季4度目PP! 貴重な4点を手にしランク4番手に

次の記事

角田裕毅、F1昇格に向け勝負のレースはPPから「あとは自分の仕事をするだけ」

角田裕毅、F1昇格に向け勝負のレースはPPから「あとは自分の仕事をするだけ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2