レースレポート
FIA F2 Monaco

F2モナコ:レース1は周冠宇が逃げ切り完勝。佐藤万璃音は終盤にクラッシュ

2021年FIA F2第2戦モナコのレース1は、周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)がポール・トゥ・ウィンで今季2勝目を挙げた。

Guanyu Zhou Uni-Virtuosi Racing leads Christian Lundgaard, ART Grand Prix

 2021年FIA F2第2ラウンドのレース1がモナコのモンテカルロ市街地サーキットで行なわれ、周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)がポール・トゥ・ウィンを飾った。

 F1同様、2019年以来2年ぶりの開催となったF2モナコラウンド。金曜日はF1の走行こそないものの、午前中にサポートレースが実施された。快晴のモナコは、気温19度、路面温度40度というコンディションだ。

 レース1は前日に行なわれた予選の結果を元に、上位10台がリバースグリッドとなる。これにより、ポイントリーダーの周冠宇がポールポジション。フェリペ・ドルゴビッチ(ユニ-ヴィルトゥオーシ)が2番グリッドについた。

 30周のレースがスタートすると、周がトップをキープしターン1のサン・デボーテを通過。ドルゴビッチはクリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)に交わされ、3番手に落ちてしまった。

 オープニングラップに大きな混乱はなかったものの、ロバート・シュバルツマン(プレマ)はマセネーでアウト側のバリアに接触。フロントウイングを破損し、スロー走行でピットへ戻った。フロントウイングを交換し一度は走行再開したものの、結局ピットに戻ってリタイアとなった。

 上位3台が徐々に隊列から抜け出し、先頭集団を形成する形となったが、13周目にルンガーのマシン後方から白煙が上がるようになってしまった。ルンガーに接近していたドルゴビッチはトラブルを警戒し距離を取るが、ルンガーはそのまま走行を続けた。

 しかし結局、15周目にルンガーはミラボーの退避エリアにマシンを停めてリタイア。これで周は、2番手に上がったドルゴビッチとの差を約5秒とし、ドルゴビッチの4秒後方にロイ・ニッサニー(DAMS)という並びとなった。

 周はその後も好ペースでドルゴビッチとの差を広げていったが、25周目に18番手を走っていたジャンルカ・ペテコフ(カンポス)がプールサイドシケイン出口でクラッシュし、セーフティカー(SC)が出動。これで周が築いていた約8秒のギャップが露と消えた。

 残り2周のところでSCが解除され、レース再開。周は上手くスタートを決めて首位を守り、危なげなくトップチェッカー。スキを全く見せずに30周を走りきり、今季2勝目を挙げた。2位はドルゴビッチで、ユニ-ヴィルトゥオーシ勢がワンツーフィニッシュを飾った。3位ニッサニーはF2初表彰台獲得となった。

 ファステストラップのボーナスポイントは5位フィニッシュのユーリ・ヴィップス(ハイテック)が獲得。タイヤを使いすぎてしまったのか、SC後はダニエル・ティクトゥム(カーリン)に迫られていたが、なんとかポジションを守りきった。

 ほとんどオーバーテイクが見られなかったこのレース1だが、最終周のラスカスでマーカス・アームストロング(DAMS)がユアン・ダルバラ(カーリン)のインに飛び込み、多少強引ながらオーバーテイクを完遂。アームストロングはこれで10位フィニッシュとなった。

 レース2はレース1の結果を元に、上位10台がリバースグリッドでスタートするため、アームストロングは土壇場のパッシングでレース2のポールポジションをもぎ取った形となった。

 18番手スタートだった佐藤万璃音(トライデント)は、1周目を17番手で終えた。その後は我慢のレースとなり、SC解除後の28周目にサン・デボーテでクラッシュ。無念のリタイア(19位完走扱い)となった。

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 ポイント
1 China チョウ グアンユー United Kingdom ユニ-ヴィルトゥオーシ 30 -     15
2 Brazil フェリペ ドルゴビッチ United Kingdom ユニ-ヴィルトゥオーシ 30 2.300 2.300 2.300 12
3 Israel ロイ ニッサニー France DAMS 30 5.900 5.900 3.600 10
4 Switzerland ラルフ ボシュング Spain カンポス 30 7.400 7.400 1.500 8
5 Estonia Jüri Vips United Kingdom ハイテック 30 11.000 11.000 3.600 6
6 United Kingdom ダニエル ティクトゥム United Kingdom カーリン 30 11.400 11.400 0.400 4
7 France テオ プルシェール France ARTグランプリ 30 13.200 13.200 1.800 2
8 Australia オスカー ピアストリ Italy プレマ 30 15.200 15.200 2.000 1
9 New Zealand リアム ローソン United Kingdom ハイテック 30 17.500 17.500 2.300  
10 New Zealand マーカス アームストロング France DAMS 30 18.900 18.900 1.400  

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 F2モンテカルロ予選:新人プルシェールが他を寄せ付けず初PP。佐藤万璃音は18番手
次の記事 F2モナコ:ウエット路面レース2、ローソンが制し今季2勝目。佐藤万璃音は無念リタイア

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本