F2ジェッダ予選:勢いそのまま! ランキング首位のピアストリが最速タイム記録。佐藤万璃音は17番手

FIA F2第7戦ジェッダの予選が行なわれ、オスカー・ピアストリ(プレマ)が最速タイムをマーク。佐藤万璃音(トライデント)は17番手だった。

F2ジェッダ予選:勢いそのまま! ランキング首位のピアストリが最速タイム記録。佐藤万璃音は17番手

 FIA F2第7戦ジェッダの予選がサウジアラビアはジェッダ市街地サーキットで行なわれ、ランキングリーダーのオスカー・ピアストリ(プレマ)が最速タイムをマークした。タイムは1分40秒878で、2番手タイムのチームメイト、ロバート・シュバルツマンに0.165秒差をつけた。

 3番手と4番手にはテオ・プルシェールとクリスチャン・ルンガーのARTグランプリ勢、5番手と6番手にユニ-ヴィルトゥオーシのフェリペ ドルゴビッチ、来季アルファロメオからのF1昇格が決まっている周冠宇が並んだ。佐藤万璃音(トライデント)は17番手だった。

 レース1は予選トップ10がリバースグリッドとなるため、予選10番手のリアム・ローソン(ハイテック)がポールポジション。2番手フロントロウに、マーカス・アームストロング(DAMS)が並ぶことになる。

 なお、レース2はレース1の上位10台がリバースグリッド、レース3ではこの予選順位通りにグリッドを決定する。

 
Read Also:
順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 Australia オスカー ピアストリ Italy プレマ 12 1'40.878     220.329
2 Russian Federation ロバート シュバルツマン Italy プレマ 11 1'41.043 0.165 0.165 219.969
3 France テオ プルシェール France ARTグランプリ 13 1'41.218 0.340 0.175 219.589
シェア
コメント
DAZN、2022年のF1、FIA F2、FIA F3配信継続を正式発表
前の記事

DAZN、2022年のF1、FIA F2、FIA F3配信継続を正式発表

次の記事

F2ジェッダ レース1:2度のセーフティーカー出動も、アームストロングが初優勝。佐藤万璃音は接触によりリタイヤ

F2ジェッダ レース1:2度のセーフティーカー出動も、アームストロングが初優勝。佐藤万璃音は接触によりリタイヤ
コメントを読み込む