F2モンツァ:ピアストリ優勝、ティクトゥムが怒涛の追い上げ3位。佐藤万璃音はトラブルに泣きリタイア

FIA F2第5戦モンツァのレース3が行なわれ、オスカー・ピアストリ(プレマ)がポール・トゥ・ウィンを果たした。

F2モンツァ:ピアストリ優勝、ティクトゥムが怒涛の追い上げ3位。佐藤万璃音はトラブルに泣きリタイア

 FIA F2第5戦モンツァ・ラウンドのレース3がイタリアのモンツァ・サーキットで行なわれた。優勝したのはプレマのオスカー・ピアストリだった。

 週末に行なわれるF2のレースの中で最も距離が長く、タイヤ交換義務もあるレース3は、予選のタイム順にグリッドに並ぶ。ポールポジションはポイントリーダーのピアストリ。レース2ウイナーのユアン・ダルバラ(カーリン)がフロントロウに並んだ。佐藤万璃音(トライデント)は14番手だ。

 スタートではダルバラが出遅れ、4番手に後退。2番手にはピエストリとタイトルを争う周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)が浮上した。クラッシュなどはなかったが、レズモ2(ターン7)でギリェルメ・サマイア(チャロウズ)がスピンを喫し、1周目からバーチャル・セーフティカー(VSC)が出された。

 サマイアのマシンはコースを塞ぐように横向きで止まってしまったため、VSCからセーフティカー(SC)出動に切り替わり、4周目までバトルが中断された。

 レースがリスタートされると首位ピアストリはストレートで右に左にラインを変え、後続にトウを与えないようにディフェンス。それでも周は並びかけるようにターン1で進入していった。しかし加速が鈍ったか、周は逆にロッジア・シケイン(ターン4~5)でリアム・ローソン(ハイテック)にオーバーテイクを許してしまった。

 8周目、ユーリ・ヴィップス(ハイテック)がトラブルによってコース上にストップ。これによりSCが出されると、ソフトタイヤを履いていたマシンは一斉にピットに雪崩込んだ。ピット作業を行なったマシンの中ではピアストリがトップをキープ。周、ダルバラと続いた。

 ミディアムタイヤでスタートした5台はステイアウト。この中には佐藤も含まれており、2番手を走行していた。しかしSC走行中に突如マシンがシャットダウン。ランオフエリアでマシンを停めてしまい、佐藤はコックピットの中で悔しさを爆発させた。

 11周目にレースが再開された直後から、周とダルバラが激しいバトルを展開。ロッジアのシケインでお互いをコース外に押し出すようなシーンも見られた。このふたりのバトルは審議対象となったが、お咎め無しという裁定が下った。

 対してピアストリはピットに入ってないマシンを順調にオーバーテイク。ダルバラを振り切った周も、ピアストリのDRS圏内に食らいついた。

 22周目にローソンがトラブルによりメインストレートでストップすると、またもSC出動。ここまで唯一ピットに入らず、ピアストリを従えて首位を走行していたダニエル・ティクトゥム(カーリン)はこれを見てピットイン、タイムロスを最小限に抑え11番手でコースに復帰した。他に、2度目のピットストップを敢行し、新しいタイヤを履くマシンもあった。

 残り6周でレース再開。ピアストリはターン1へのブレーキングでタイヤをロックさせてしまったが、周に並びかけられながらもなんとか首位をキープした。ティクトゥムはフレッシュなタイヤを活かし、一気にポジションアップ。ロッジアで追突され、タイヤがパンクしたのではないかと懸念するシーンもあったが、その後もオーバーテイクを連発した。

 29周目、1コーナーでベント・ビスカール(トライデント)とデビッド・ベックマン(チャロウズ)が接触し、4度目のSC出動。そのままレースはフィニッシュとなった。

 余力を残していたピアストリは、リスタート直後のピンチをしのぎ、トップチェッカー。2位となった周とのポイント差を15まで広げた。

 3位はなんとティクトゥム。ポイント獲得は望み薄かと思われたが、SC出動のタイミングが味方すると、ピットイン後はオーバーテイクを連発。11番手から3位までポジションを上げた。追突された際に、ランオフエリアを大回りせずにコースに復帰したとして審議対象になったが、お咎め無し。望外の表彰台獲得となった。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 Australia オスカー ピアストリ Italy プレマ 30 -      
2 China チョウ グアンユー United Kingdom ユニ-ヴィルトゥオーシ 30 1.000 1.000 1.000  
3 United Kingdom ダニエル ティクトゥム United Kingdom カーリン 30 1.800 1.800 0.800  

シェア
コメント
F2モンツァ:ダルバラがひとり旅でレース2優勝。佐藤万璃音は1周目の接触響き20位
前の記事

F2モンツァ:ダルバラがひとり旅でレース2優勝。佐藤万璃音は1周目の接触響き20位

次の記事

F1行きのチャンスを2度フイに……ダニエル・ティクトゥム「僕は余計なことを喋りすぎた。でもそれが僕だ」

F1行きのチャンスを2度フイに……ダニエル・ティクトゥム「僕は余計なことを喋りすぎた。でもそれが僕だ」
コメントを読み込む