F3ポールリカール予選:ベスティが最速タイム。岩佐歩夢は8番手を獲得

2021年のFIA F3第2ラウンドの予選がフランスのポール・リカール・サーキットで行なわれ、フレデリック・ベスティ(ARTグランプリ)が最速。日本人ドライバーの岩佐歩夢は8番手となった。

F3ポールリカール予選:ベスティが最速タイム。岩佐歩夢は8番手を獲得

 フランスのポール・リカール・サーキットで、2021年のFIA F3第2ラウンドの予選が行なわれた。フレデリック・ベスティ(ARTグランプリ)が最速タイムをマークし、レース3のポールポジションを獲得。リバースグリッドのレース1は、12番手タイムのカラン・ウイリアムズ(イェンツァー)がポールポジションとなった。

 30分の予選セッションでは、レース1とレース3のグリッドを決定。レース1は予選12番手までのドライバーがリバースグリッドで並び、レース3は予選ポジションそのままの並びとなる。なおレース2のグリッドはレース1の結果に応じて決定される。

 セッション開始直後から各車一斉にコースイン。タイムを出しにいくが、アーサー・ルクレール(プレマ)がクラッシュし、コースサイドでマシンを止めたため、セッション開始から8分ほどで赤旗セッション中断となった。

 セッション再開後のアタック合戦でトップタイムを記録し主導権を握ったのは、開幕ラウンドでポールポジションを獲得したデニス・ハウガー(プレマ)。カイオ・コレット(MPモータースポーツ)を0.120秒差で抑えた。

 ハウガーは2セット目のタイヤを使ったアタックでも自己ベストを0.6秒以上更新するが、それをさらに上回ったのがベスティ。0.181秒差で首位に立った。

 その後も各車がアタックを続けたが、ベスティのタイムを上回るマシンはなく、セッション終了。ベスティがポールポジションを獲得し、ハウガーが2番手となった。3番手にはヴィクトール・マルタンス(MPモータースポーツ)が続いている。

 ハイテックから参戦している日本人ドライバーの岩佐歩夢は、終盤に8番手までポジションアップ。そのままポジションをキープし、8番手で予選を終えた。そのため、レース1では5番手、レース3では8番手と好位置からレースに臨むことになった。

Read Also:

シェア
コメント
インディ500連覇&3勝目を目指す佐藤琢磨。角田裕毅や岩佐歩夢ら”後輩”たちと「互いに刺激し合っていきたい」
前の記事

インディ500連覇&3勝目を目指す佐藤琢磨。角田裕毅や岩佐歩夢ら”後輩”たちと「互いに刺激し合っていきたい」

次の記事

F3ポールリカール・レース1:岩佐歩夢、3番手入線も5秒加算ペナルティで8位。優勝スモリア

F3ポールリカール・レース1:岩佐歩夢、3番手入線も5秒加算ペナルティで8位。優勝スモリア
コメントを読み込む