F3:荒天が続くソチ、レース2の中止が決定。岩佐歩夢、3番手スタートも雨で流れる

FIA F3選手権はソチ・オートドロームが悪天候に見舞われていることを受け、レース2の開催中止を決定した。

F3:荒天が続くソチ、レース2の中止が決定。岩佐歩夢、3番手スタートも雨で流れる

 FIA F3選手権の最終戦ソチのレース2は、舞台であるソチ・オートドロームが悪天候に見舞われていることにより、開催中止が決まった。

 レース週末前から、悪天候が懸念されていたF1ロシアGPの2日目。FIAは悪天候に対処するためスケジュールを前倒しし、F3のレース1を金曜日夕方に実施していた。

 このレースでは2位となったデニス・ハウガー(プレマ)がチャンピオンを獲得。岩佐歩夢(ハイテック)は10位入賞し、上位12台がリバースグリッドに並ぶレース2では、3番手からスタートする予定だった。

 しかし残念ながら予報は的中し、土曜日のソチは朝から強い雨が降り続き、レースが出来るようなコンディションではなかった。これにより、F2のレース1は延期、F1のフリー走行3回目がキャンセルとなった。

 午後から雨量が減る予報が出ていたが、F3のレース2が行なわれる現地時間13時40分になってもコンディションは改善せず。むしろ雨風が強まっている様子だった。

 これにより、FIAはF3のレース2中止を決定した。なお、今のところレース3は予定通り日曜日の午前9時55分(日本時間15時55分)から行なわれるとされているが、F1の予選が土曜日に行なわれるかどうかによって、このF3のレース3のスケジュールにも影響が及ぶかもしれない。レース3のグリッドは予選順位通りとなるため、岩佐は18番グリッドから前を目指すことになる。

 

Read Also:

シェア
コメント
F3ソチ:急きょ日程変更のレース1、ハウガーが戴冠! 岩佐歩夢は8ポジションアップで10位
前の記事

F3ソチ:急きょ日程変更のレース1、ハウガーが戴冠! 岩佐歩夢は8ポジションアップで10位

次の記事

F3ソチ:ドゥーハンが逃げ切り4勝目、チームタイトル獲得に貢献。岩佐歩夢、9ポジションアップの9位

F3ソチ:ドゥーハンが逃げ切り4勝目、チームタイトル獲得に貢献。岩佐歩夢、9ポジションアップの9位
コメントを読み込む