F3ザントフールト:岩佐歩夢がレース1で3位表彰台! 好スタート決めたルクレールが優勝

2021年FIA F3ラウンド6のレース1が行なわれ、アーサー・ルクレール(プレマ)が優勝。岩佐歩夢(ハイテックGP)が3位表彰台を獲得した。

F3ザントフールト:岩佐歩夢がレース1で3位表彰台! 好スタート決めたルクレールが優勝

 2021年FIA F3ラウンド6のレース1がオランダのザントフールト・サーキットで行なわれ、アーサー・ルクレール(プレマ)が優勝を果たした。

 前日に行なわれた予選では、デニス・ハウガー(プレマ)が最速タイムをマーク。岩佐歩夢(ハイテックGP)は9番手タイムだった。レース1のグリッドは予選トップ12がリバースグリッドとなり、予選12番手だったアマリー・コルディール(カンポス)がポールポジション。岩佐は4番手スタートとなった。

 好スタートでトップに立ったのは、3番グリッドのルクレール。これについていくように、岩佐もターン1で3番手にポジションを上げた。ポールポジションのコルディールは蹴り出しが遅れて4番手まで後退すると、ハイバンクのヘアピンであるターン3で、アレクサンダー・スモリャル(ARTグランプリ)の追突を受けスピン。一気に最後方までポジションを落としてしまった。この接触で、後にスモリャルに10秒のタイム加算ペナルティが科された。

 トップのルクレールに、2番手を走るローガン・サージェント(チャロウズ)がラインを変えながら襲いかかるが、オーバーテイクポイントが少ないこのサーキットで、なかなか抜ききることはできない。岩佐はそれを一歩引いた位置で見ながら、周回を重ねた。

 すると16周目、ジョナサン・ホガード(イェンツァー)とハンター・イェーニィ(チャロウズ)がターン1で接触。両者がクラッシュし、セーフティカーが出動した。車両回収と、グラベルから砂利がコース上に出てしまっているターン11付近の清掃が行なわれ、21周目にレース再開となった。

 岩佐はうまくスタートをあわせ込み、ターン1でサージェントと横並び。しかし両者譲らず、岩佐がターン2でタイヤをロックさせてしまう。失速した岩佐はターン3でチームメイトのジャック・クロフォードにインを刺されるが、加速良く立ち上がり、3番手をキープした。

 ファイナルラップで好ペースを見せ、サージェントに迫った岩佐だが、オーバーテイクのチャンスは訪れず。ルクレールが24周のレースでトップチェッカーを受け、2位サージェント、3位岩佐という表彰台となった。

 チャンスを狙いタイヤを温存していた岩佐としては、セーフティカーが追い風とはならなかったが、ハンガロリンクのレース1で優勝して以来、今季2度目の表彰台獲得となった。

 ポイントリーダーのハウガーは、バンクをうまく使ったオーバーテイクも見せ、グリッドから5ポジションアップの7位。ランキング2番手のジャック・ドゥーハン(トライデント)の真後ろでフィニッシュしてみせた。

 レース1の上位12台がリバースグリッドに並ぶレース2は、12位でフィニッシュしたイド・コーエン(カーリン)がポールポジションスタートとなる。

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 ポイント
1 Arthur Leclerc Italy プレマ 24 -      
2 United States ローガン サージェント Czech Republic チャロウズ 24 0.900 0.900 0.900  
3 Ayumu Iwasa United Kingdom ハイテック 24 1.500 1.500 0.600  
シェア
コメント
F3ザントフールト:予選はランキング首位のハウガーが最速。岩佐歩夢は9番手
前の記事

F3ザントフールト:予選はランキング首位のハウガーが最速。岩佐歩夢は9番手

次の記事

FIA F3最終ラウンド開催地がオースティンからソチに変更。週末にはF2共々3レースずつ実施の強行軍

FIA F3最終ラウンド開催地がオースティンからソチに変更。週末にはF2共々3レースずつ実施の強行軍
コメントを読み込む