トップイベント
F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days

DSテチータ、差別的なSNS投稿をしたチームメンバーを処罰

シェア
コメント
DSテチータ、差別的なSNS投稿をしたチームメンバーを処罰
執筆:
2020/01/05 9:04

DSテチータ・フォーミュラEチームは、SNSで差別的な投稿を行なった疑いがあるチームメンバーを処罰したと発表した。

 フォーミュラEに参戦しているDSテチータは、1月4日(土)に声明を発表。『最近、プライベートなソーシャルメディアアカウントで投稿されたコンテンツ』に対して行動を起こしたと明かした。

 motorsport.comが、チームにさらなるコメントを求めたところ、次のような返答が得られた。

「DSテチータ・フォーミュラEチームは、平等と多様性に取り組んでいる組織だ」

「10の異なる国籍を持つスタッフが集まっています。チームは中国人のオーナーが所有し、チーム代表はオーストラリア人(マーク・プレストン)が務めています。ドライバーはポルトガル人(アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ)とフランス人(ジャン-エリック・ベルニュ)を起用しています」

「今シーズン(2019-20年)は中東やアジア、ヨーロッパ、アメリカの12カ国でレースをします。この国際的な取り組みや、多くの文化と国籍を持ったメンバーの緊密な協力に基づいたチームの成功に敬意を表し、チームはヘイトや偏見、人種差別的な表現に対して、ゼロ・トレランス(不寛容)の立場をとっています」

「最近、プライベートなソーシャルメディアアカウントに投稿されたコンテンツは、こういった信念と根本的に矛盾しています」

「問題の個人は、レースチームを停職処分(suspended)となっています」

Read Also:

次の記事
フォーミュラEに自動車メーカーが集まるのは”一時のブーム”ではないのか?

前の記事

フォーミュラEに自動車メーカーが集まるのは”一時のブーム”ではないのか?

次の記事

FEチリ、改修で高難易度に? バンドーン 「最もトリッキーなコーナーが生まれた」

FEチリ、改修で高難易度に? バンドーン 「最もトリッキーなコーナーが生まれた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ フォーミュラE
チーム テチータ
執筆者 Alex Kalinauckas