フォーミュラE第15戦ベルリン決勝:ニック・デ・フリーズ、FE初代ワールドチャンピオンに輝く。レース優勝はナトー

フォーミュラEの2020-2021シーズン最終戦ベルリンePrixが行なわれ、メルセデスのニック・デ・フリーズが同シリーズの初代ワールドチャンピオンに輝いた。優勝はノーマン・ナトー……初優勝である。

フォーミュラE第15戦ベルリン決勝:ニック・デ・フリーズ、FE初代ワールドチャンピオンに輝く。レース優勝はナトー

 フォーミュラEの2020-2021シーズン最終戦ベルリンePrixが行なわれ、ノーマン・ナトー(ベンチュリ)が優勝。大混戦となったチャンピオン争いは、ニック・デ・フリーズ(メルセデス)が制し、フォーミュラE初のワールドチャンピオンに輝いた。

 ベルリンのテンペルホーフ空港を舞台に行なわれた、フォーミュラEの2020-2021シーズン最終2連戦。その2レース目となる第15戦ベルリンePrixは、前日の第14戦とはコースを逆回りにして開催された。しかし、大波乱の幕開けとなった。

 3番グリッドにつけ、逆転王者獲得を狙っていたランキング4番手のミッチ・エバンス(ジャガー)は、シグナルがブラックアウトした瞬間に動き出すことができず、グリッドに停車したままになってしまう。このマシンを避けるように各車が1コーナーを目指したが、1台のマシンがエバンスのジャガーに激しく追突してしまった。

 そのマシンは11番グリッドからスタートしたエドアルド・モルタラ(ベンチュリ)。彼もランキング2番手と逆転での王座を狙っていたひとりであり、スタートからほんのわずか数秒で、チャンピオン候補2台が姿を消すことになった。

 なおこのクラッシュによりメインストレート上にはマシンの破片が散乱したため、レースは赤旗中断となった。

 レース再スタート直後にも波乱。BMWのジェイク・デニスがターン1でセバスチャン・ブエミ(日産・e.ダムス)に追突するのを避けようとしたことでコントロールを失い、ウォールに激突。これでリタイアしてしまう。デニスもランキング3番手で、やはりチャンピオン候補のひとり……つまりランキング2〜4番手のドライバーが、レース序盤に一気に姿を消してしまうことになったのだ。

 これで楽になったのは、ランキング首位で最終戦を迎えたニック・デ・フリーズ(メルセデス)だ。デ・フリーズは予選13位に苦しんだが、タイトル争いのライバルが一気に消え、しかも9番手に浮上した。このレースを迎えた時点でランキング5番手のロビン・フラインス(ヴァージン)や同6番手のルーカス・ディ・グラッシ(アウディ)らは軒並みデ・フリーズよりも後方。デ・フリーズはこのポジションをキープすれば、チャンピオンを手にできる状況だった。

 先頭を行くポールポジションスタートのストフェル・バンドーン(メルセデス)は、後続のマシンがアタックモードを早々に起動させたことで順位を落とすことになり、ノーマン・ナトー(ベンチュリ)が首位に。逆にデ・フリーズは早めにアタックモードを起動させたことで、6番手まで順位を上げることに成功した。

 先頭のナトーは後続を大きく引き離して首位をキープ。デ・フリーズは2回目のアタックモードで、4番手までポジションを上げることに成功する。

 そして22周目、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DSテチータ)が、ディ・グラッシと接触してウォールにクラッシュ。これによりまたもセーフティカー出動となる。

 このセーフティカーが明けたところで、各車のエネルギー残量は30%台中盤。それまでスローペースで走り、エネルギーを温存していたニック・キャシディ(ヴァージン)は、他車よりも10%近く残りエネルギーが多く、さらにそれまで大きく遅れていたものの、隊列の最後尾に追いつくことなった。

 デ・フリーズは再スタート後の攻防でポジションを7番手まで落としたが、タイトル争いのライバルのひとりであるディ・グラッシにダ・コスタとの接触でペナルティが科されたため、さらにチャンピオン争いにおいて優位な状況となった。

 激しい戦いが繰り広げられ、迎えた最終ラップ。各車のエネルギー残量は2%程度とギリギリ。逆にキャシディのみ8%とかなり余裕がある状況で最終周に突入した。

 しかしナトーはなんとかエネルギーをマネジメントし、トップでチェッカー。フォーミュラE初優勝を手にした。2位は日産・e.ダムスのオリバー・ローランド、3位にはバンドーンが入った。

 デ・フリーズは最後8番手までポジションを落としたが、フォーミュラEの2020-2021シーズンチャンピオンを獲得。今シーズンはフォーミュラEが世界選手権となった最初のシーズンだということもあり、デ・フリーズはフォーミュラEの初代”ワールドチャンピオン”に輝くことになった。

 なお序盤スローペースで走り、エネルギーをマネジメントする奇策に出たキャシディは、それを活かし切ることができず17位に終わった。

 チームタイトルはメルセデスが獲得。メルセデスはフォーミュラEでも、ダブルタイトルを獲得することになった。

 

Read Also:

シェア
コメント
メルセデス、”Gen3”導入前にフォーミュラE撤退か。プライベーターとして参戦継続の可能性も残す?
前の記事

メルセデス、”Gen3”導入前にフォーミュラE撤退か。プライベーターとして参戦継続の可能性も残す?

次の記事

FE最終戦でクラッシュのモルタラ、脊椎に微小な骨折も手術の必要なし。タイトル逃した精神的ダメージの方が大きい?

FE最終戦でクラッシュのモルタラ、脊椎に微小な骨折も手術の必要なし。タイトル逃した精神的ダメージの方が大きい?
コメントを読み込む