日産、エネルギー”0.01kWh”使用超過でロンドンePrixレース1失格。ブエミ「今季最高順位だったのに……」

日産・e.ダムスの2台は、フォーミュラEのロンドンePrixレース1で4番手と10番手でフィニッシュしたものの、エネルギーの使用制限違反を犯したと判断され、レース結果から除外されることになった。

日産、エネルギー”0.01kWh”使用超過でロンドンePrixレース1失格。ブエミ「今季最高順位だったのに……」

 フォーミュラEのロンドンePrixのレース1では、BMWのジェイク・デニスが優勝した。しかしこのレースで4番手でフィニッシュしたセバスチャン・ブエミと、10番手でチェッカーを受けたオリバー・ローランドの日産・e.ダムス勢の2台が、いずれもレース結果除外の処分を受けた。理由はエネルギーの使用量超過である。

 通常のレースでは、上限52kWhまでエネルギーを使うことができるが、今回のロンドンePrixでは、レイアウト上使用エネルギー量に余裕があるという理由から、上限48kWhに引き下げられた。

 また、アレクサンダー・シムス(マヒンドラ)がレース序盤にマシンをコース上に止めてしまったため、フルコースイエロー(FCY)が出され、これによりレース中のエネルギー使用量の上限がさらに1kWh引き下げられ、47kWhとなった。

 ブエミとローランドは、この最大値を超えてエネルギーを使ったと判断され、テクニカルレギュレーションの第7.6条に違反したとしてレース結果から除外されることになった。

 その原因は、ソフトウエアのプログラムエラーだったという。ブエミ曰く、彼らが使いすぎてしまったエネルギー量は0.01kWh未満だったという。

「ソフトウエアの不具合が原因だった。セットアップのミスだ。パワーが切れるのが、0.01kWh分遅すぎたんだ」

「時間にして0.1秒未満だ。でもルールはルールだ。正しく設定しなかったので、失格になってしまった」

「明らかに、パフォーマンス上でのメリットはまったくない」

 ブエミは、4位が確定していれば、今季最高の結果となったはず。それを失ったのは痛手であったと語った。なおブエミは残り3レースという時点で、ランキング20番手。これまでのフォーミュラEのキャリアで最も低調な状態となっている。

「今年最高の結果だったから、とても厳しいよ」

 そうブエミは語った。

「今季が厳しいシーズンになっていて、うまく行った唯一のレースだったのに」

「これ以上悪くなることはないと思うと、時にはさらに悪化することもあるんだ」

 ブエミは、今季のパフォーマンスが低迷している原因を特定するため、6月にメキシコで行なわれたプエブラePrixに向けて、ギヤボックスとモーター、そしてインバータの交換をチームに要請した。その結果、バレンシアのレースで受けたダメージの影響を減らすことができたと、ブエミは考えている。

 ニューヨークePrixの際、ブエミは次のように語っていた。

「ペナルティを受けて全てを交換することを決めるまでの4レースで、僕のパワートレインが曲がっていたということは誰も知らなかったんだ」

 なお今回のレースの結果、ローランドもランキング14番手に後退。日産・e.ダムスもチームランキング10番手に位置しており、2014年にシリーズが立ち上げられた後、ルノー・e.ダムス時代も含めてチーム史上最低のシーズンを過ごしている。

 

Read Also:

シェア
コメント
フォーミュラEロンドン決勝:BMWのデニスが完璧な走りで1戦目制す。切れ味抜群オーバーテイクのデ・フリーズ2位

前の記事

フォーミュラEロンドン決勝:BMWのデニスが完璧な走りで1戦目制す。切れ味抜群オーバーテイクのデ・フリーズ2位

次の記事

ラッセルのメルセデス入り実現なら、ウイリアムズの後任候補はデ・フリーズかバンドーン? ウルフ代表「彼らはそれに値する」

ラッセルのメルセデス入り実現なら、ウイリアムズの後任候補はデ・フリーズかバンドーン? ウルフ代表「彼らはそれに値する」
コメントを読み込む