フォーミュラE、ローマePrixの開催は「奇跡に近い」ドライバーたちがイベント実施の努力に感謝

イタリアで非常事態宣言が延長されている中、ローマePrixの開催が実現したことについて、フォーミュラEのドライバーたちは奇跡に近いと考えている。

フォーミュラE、ローマePrixの開催は「奇跡に近い」ドライバーたちがイベント実施の努力に感謝

 4月10・11日にダブルヘッダーで開催されるフォーミュラEローマePrix。ドライバーたちは、非常事態宣言中のイタリアでレース開催が実現したことは奇跡に近いと考えている。

 イタリア政府は今年1月半ばに、国家非常事態宣言を4月末まで延長することを決定。非常事態宣言の延長は、昨年7月と10月に続き3度目だ。ローマがあるラツィオ州は、最も厳しい制限措置がなされるレッドゾーンからオレンジゾーンへと変更されたが、それでも夜間の外出や都市間の移動は禁止されている。

 新型コロナウイルスが流行し始めてから、フォーミュラEは常設サーキットや公園、空港跡地などでレースを行なってきた。ヨーロッパに限って言えば、正真正銘のストリートコースでフォーミュラEのレースが行なわれるのは、2019年6月のスイス・ベルンePrix以来となる。

 アウディのルーカス・ディ・グラッシは、レースの開催が可能になったことを賞賛し、次のように述べた。

「フォーミュラEと、このレースの開催を可能にしたローマの皆さん、おめでとう」

「この週末、正しいプロトコルとすべてのものが揃った状態でレースに臨めたことは、奇跡と言っても過言ではない」

「今回のようにストリートトラックでのレースに戻ることが、僕たちにとってとても大切なことなんだ」

The Marconi Obelisk

The Marconi Obelisk

Photo by: Sam Bagnall / Motorsport Images

 また、2018年にローマePrixが初開催された際に優勝したサム・バード(ジャガー)は「ルーカスが言ったことに同意したい」と語った。

「このイベントを実現させたフォーミュラEとすべての人に、多くの感謝を示す必要がある」

「このような象徴的な都市でレースができていることは、ちょっとした奇跡だ。現状を考えると、驚くべきことだ」

 今季のフォーミュラEのスケジュールは未だ流動的で、マラケシュePrixは中止になる見込みが高い。これを受けてローマePrixおよび、バレンシア・サーキットで行なわれる次戦もダブルヘッダーに変更された。なお、現在発表されているカレンダーは6月6日のチリ・サンティアゴのレースまでであり、シーズン後半のカレンダーについては今月末に発表されると考えられている。

 メルセデスのニック・デ・フリーズは、ローマのストリート・サーキットでのレースは「本物のフォーミュラE」だと付け加えた。

「これこそがフォーミュラEだ。このチャンピオンシップのDNAなんだ。僕たちは都市の中心部にサーキットを築くことをプッシュし続けるべきだと思う」

「本物のフォーミュラEを体験できるのをとても楽しみにしているよ」

Read Also:

シェア
コメント
FIA、フォーミュラEの全チームにブレーキシステムの安全性見直しを要請

前の記事

FIA、フォーミュラEの全チームにブレーキシステムの安全性見直しを要請

次の記事

フォーミュラE第3戦ローマePrix予選:バンドーンが今季初PP。日産ローランド、最終コーナーで涙

フォーミュラE第3戦ローマePrix予選:バンドーンが今季初PP。日産ローランド、最終コーナーで涙
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ フォーミュラE
執筆者 Matt Kew