特集
General Motorsport.com Japan Award 2022

最もインパクトを残した新人は誰だ? 読者が選ぶ2022年ベストルーキー

読者の皆様から募集した、2022年ベストルーキーの投票結果を一挙に紹介!

2022ベストルーキー

 motorsport.com日本版、年末恒例の投票企画。今回はその中の『ベストルーキー部門』から、特に得票の多かったドライバーをランキング形式で紹介していく。


読者が選ぶ2022ベストルーキー:大草りき(スーパーGT)
 スーパーGTに彗星の如く現れたイケメンドライバー、大草りきが多くの得票を集め、ベストルーキーとなった。メーカーの育成プログラム等に属さない“非メーカー系ドライバー”ながら、GAINERのシートを得てGT300クラスからスーパーGTデビューを果たすと、3度の表彰台を記録してタイトル争いを展開。最終戦までその権利を残していたが、結果的に3ポイント差のランキング3位となった。福住仁嶺以来のルーキーチャンプは逃したが、その速さは多くのレースファンに知られるところとなった。
ベストルーキー次点:周冠宇(F1)
 FIA F2で活躍し、ついに初の中国人F1ドライバーとしてアルファロメオのシートを得た周。序盤戦は実力者のチームメイト、バルテリ・ボッタスに対して後れを取っていたものの、中盤戦以降は特に予選では互角のパフォーマンスを見せた。結果的にルーキーシーズンはランキング18位に終わったが、来季もアルファロメオに残留することが決まっており、その成長に注目が集まる。
ベストルーキー3位:岩佐歩夢(FIA F2)
 2021年FIA F3ランキング12位という実績でF2にステップアップした岩佐の活躍は、特にヨーロッパのファンにとっては下馬評を覆すサプライズとなった。前半戦は、リバースグリッドのスプリントレースで2回表彰台に登るも、フィーチャーレースでは結果を残せずにいた岩佐だったが、後半戦のポールリカールで優勝。最終戦アブダビではポールポジションからフィーチャーレースを制するなど完璧な戦いぶりで最終ランキングも5位となり、同シリーズの新人賞であるアントワーヌ・ユベール賞も受賞した。今や角田裕毅に続く日本人F1ドライバー候補の筆頭だ。
ベストルーキー4位:ニック・デ・フリーズ(F1)
 F1イタリアGPで鮮烈なデビューを飾ったニック・デ・フリーズが4位にランクインした。FIA F2、フォーミュラEでタイトルを獲得し、その実力は誰もが認めるところだったデ・フリーズだが、モンツァでその真価が発揮されることに。虫垂炎で欠場となったアレクサンダー・アルボンの代役として急遽ウイリアムズから出走することになると、予選13番手(決勝8番グリッド)で決勝も見事9位入賞。戦闘力で劣るウイリアムズで大仕事をやってのけた。なおこの活躍が認められたことで、2023年はアルファタウリから正式にF1フル参戦デビューを果たす。
ベストルーキー5位:佐藤蓮(スーパーフォーミュラ)
 2022年スーパーフォーミュラのルーキー・オブ・ザ・イヤーである佐藤が5位にランクイン。佐藤はデビュー戦の予選でいきなりフロントロウを獲得して大きなインパクトを残すと、第9戦でも3位表彰台を獲得し、ランキング12位でシーズンを終えた。2023年もNAKAJIMA RACINGからの参戦が決まっているが、冬のテストでは全体トップタイムをマークするなど、オフシーズンも存在感を放っている。
ベストルーキー6位:ローガン・サージェント(FIA F2)
 2020年のFIA F3でオスカー・ピアストリらとチャンピオンを争うも、2021年は資金難でステップアップのチャンスを逃したサージェント。しかしその才能を評価したウイリアムズに拾われ、2022年にカーリンからのF2参戦が決まると、2勝・2PPの活躍でランキング4位。見事2023年からのF1デビューを手繰り寄せた。
ベストルーキー7位:平川亮(WEC)
 日本国内では名実共にトップドライバーのひとりとなっていた平川は、2022年に世界の舞台に挑戦。トヨタの一員としてWEC(世界耐久選手権)のハイパーカークラスに参戦し、いきなりシリーズタイトルとル・マン制覇という偉業を成し遂げた。
ベストルーキー8位:太田格之進(SFライツ、スーパーGT)
 ホンダ育成ドライバーとしてスーパーフォーミュラ・ライツとスーパーGT・GT300クラスに参戦した太田は、両カテゴリーで1年目ながらその実力をアピール。SFライツでは最終ラウンドまでタイトルを争いランキング2位を獲得すると、スーパーGTでも表彰台2回獲得でランキング8位に入った。来季はスーパーフォーミュラ、そしてGT500へのステップアップが決まっている。
ベストルーキー9位:木村偉織(SFライツ、スーパーGT)
 太田と同じく、ホンダ育成枠でSFライツとGT300を戦った木村。SFライツではランキング3位となった。一方スーパーGTではミスやトラブルもあり結果が残せないレースが続いていたが、最終戦でポールトゥウィンを達成。Q2アタックを担当した予選後には人目をはばからず号泣した。
ベストルーキー9位:阪口晴南(スーパーGT)
 既に代役としてGT500での経験があった阪口だが、2022年は19号車WedsSport ADVAN GR Supraのドライバーとしてフル参戦デビュー。19号車は3戦連続含む4度のポールポジションを獲得したが、阪口はその内3回でQ2のアタックを担当し、そのスピードセンスを遺憾なく見せつけた。
ベストルーキー9位:エミル・リンドホルム(WRC)
 26歳のフィンランド人ドライバーであるリンドホルムは、Toksportからシュコダ・ファビアでWRC2に参戦。最終戦ラリージャパンではライバルのカエタン・カエタノビッチがリタイアに終わった一方で3位に入り、見事タイトルを獲得した。
11

↓過去の投票結果はこちら!↓

2019年ベストルーキー
2020年ベストルーキー
2021年ベストルーキー

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 モータースポーツを彩った”みんなのヒーロー”! 読者が選ぶ2022年ベストドライバー/ライダー
次の記事 鈴鹿サーキットから日本の皆さんへ「ありがとう」 全国61箇所の街頭モニターで感謝を伝えるメッセージ動画を放映

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本