特集
General Motorsport.com Japan Award 2022

モータースポーツを彩った”みんなのヒーロー”! 読者が選ぶ2022年ベストドライバー/ライダー

読者の皆様から募集した、2022年ベストドライバー/ライダーの投票結果を一挙に紹介!

Max Verstappen, Red Bull Racing
読者が選ぶ2022ベストドライバー/ライダー:マックス・フェルスタッペン(F1)
読者の皆様が2022年のベストドライバー/ライダーとして選んだのは、やはりとも言うべきか、マックス・フェルスタッペンだ。2度目のF1世界タイトルを日本GPで決め、シーズン最多勝記録となる15勝をマークした。シーズン序盤こそレッドブル・レーシングは信頼性トラブルに苦しんだが、レースを追うごとにレッドブル&フェルスタッペンは”手がつけられない”速さを見せ、他の追随を許さなかった。F1キャリアの絶頂期にある彼は、2023年にどのような走りを見せてくれるだろうか。因みに初タイトルを獲得した2021年も読者投票でベストドライバーに選出されている。
ベストドライバー/ライダー次点:セバスチャン・ベッテル(F1)
4度のF1世界チャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、シーズン途中に2022年末限りでのF1引退を表明。シーズン後半はチームのパフォーマンス改善もあり、彼が愛した鈴鹿サーキットで行なわれた日本GPや続くアメリカGPなどでは「まだまだ現役続行できるのでは……?」と思わせる光る走りを見せつけた。F1ラストレースとなったアブダビGPでも、入賞を果たし引退に自ら華を添えた。ベッテルがいないF1グリッドに見慣れるのには時間がかかりそうだ……。
ベストドライバー/ライダー3位:野尻智紀(スーパーフォーミュラ/スーパーGT)
スーパーフォーミュラで2度目のタイトルを獲得した野尻智紀。2021年は7戦中3勝で初のタイトルを手にすると、2022年は優勝回数こそ2回に留まったものの、10戦中6戦でポールポジションを記録……ライバルも舌を巻く速さと抜群の安定感を兼ね備え、再びタイトルを掴み取った。2023年は”日本最速の男”野尻の快進撃に待ったをかけるドライバーが現れるのだろうか。
ベストドライバー/ライダー4位:平峰一貴(スーパーGT)
27年ぶり、監督を務める星野一義以来のタイトルをカルソニック IMPULに届けたドライバーのひとりである平峰一貴。2022年にチーム在籍3年目を迎えた平峰は、新たなチームメイトであるベルトラン・バゲットと共に、第4戦富士で2位、第5戦鈴鹿でシーズン初勝利を挙げた。タイトルは同じ日産勢のCRAFTSPORTSらと争うこととなったが、最終戦もてぎで2位チェッカーを受けて2022年のGT500チャンピオンを決めた。マシンを降りた平峰の目にはキラリと光るモノが溢れていた。
ベストドライバー/ライダー5位:ジョージ・ラッセル(F1)
トップチームであるメルセデスに移籍して2022年シーズンに臨んだジョージ・ラッセル。マシンが抱えた根本的な問題により”アンダードッグ”な日々が続き、彼の想像とはかけ離れた一年になったのかもしれない。しかしラッセルは腐ることなく着実にポイント&表彰台を獲得し、ハンガリーGPでF1初ポールポジション、サンパウロGPではF1初優勝を手繰り寄せた。2022年に苦戦したメルセデスにとっても、嬉しいシーズン初勝利となった。8度のF1世界チャンピオンでチームメイトのルイス・ハミルトンをランキングで上回ったことも、ラッセルにとっては2023年に向けた大きな自信に繋がる要素となるだろう。
ベストドライバー/ライダー6位:千代勝正(スーパーGT)
3号車CRAFTSPORTS MOTUL ZでスーパーGT GT500クラスを戦う千代勝正にとっては、2022年はアップダウンの激しいシーズンとなった。第2戦富士ではチームメイト高星明誠が乗車時にモノコック以外ほぼ原型を留めていないほどダメージを受ける大クラッシュが発生。翌第3戦鈴鹿ではマシンをゼロから作り直したスタッフの想いを胸に、圧倒的な強さでレースを制した。天候を味方に第6戦SUGOでも勝利を挙げタイトル争いに加わったが、最終戦は接触によるペナルティもあり、チャンピオンシップ制覇とはならなかった。その悔しさをバネに2023年に千代はどのような走りを見せてくれるのだろうか。
ベストドライバー/ライダー7位:カッレ・ロバンペラ(WRC)
2022年のモータースポーツシーンを語る上で欠かせないのが、Toyota Gazoo Racing WRTから世界ラリー選手権(WRC)へ出場しているカッレ・ロバンペラ。”神童”と讃えられたロバンペラは2022年シーズンに6勝をマークし、最終戦ラリー・ジャパンを待たずにラリー・ニュージーランドで、初のWRCタイトルを獲得してみせた。この時22歳。故コリン・マクレーが保持していた記録を大幅に更新する若さだった。
ベストドライバー/ライダー8位:フランチェスコ・バニャイヤ(MotoGP)
フランチェスコ・バニャイヤは2022年、ケーシー・ストーナー以来15年ぶりにドゥカティへ最高峰クラスのタイトルを届けた。2021年のMotoGP王者ファビオ・クアルタラロとタイトルを争う中で5度のリタイアを喫するなど一時は大差をつけられたものの、シーズン後半にかけて猛然と巻き返し、最終戦バレンシアGPで初の戴冠を決めた。因みにバニャイヤは、バレンティーノ・ロッシ率いるVR46アカデミー初のMotoGP王者だ。
ベストドライバー/ライダー同率9位:高星明誠(スーパーGT)
CRAFTSPORTSからは千代に加えて高星明誠も選出された。前述の通り、第2戦富士ではその安否が心配されるほどの大クラッシュを喫したが、高星に大きな怪我はなく、第3戦鈴鹿以降もレースへ出場。わずか4.5ポイントの差で逃したタイトル獲得に向けて、2023年シーズンに挑む。
ベストドライバー/ライダー同率9位:角田裕毅(F1)
F1で参戦2年目を迎えた日本人F1ドライバーの角田裕毅。そのシーズンはチームのパフォーマンス不足もあり簡単なモノとはならなかったが、ルーキーイヤーから確かな成長を見せた。僚友ピエール・ガスリーの離脱によって、来季は新たにニック・デ・フリーズをチームメイトに迎え、角田にとっては正念場となる3年目のF1に挑む。
10

↓過去の投票結果はこちら!↓

2019年ベストドライバー/ライダー
2020年ベストドライバー/ライダー
2021年ベストドライバー/ライダー

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 タイヤメーカー3社からの”クリスマスプレゼント”をお届け! motorsport.com日本版、年末読プレ2022
次の記事 最もインパクトを残した新人は誰だ? 読者が選ぶ2022年ベストルーキー

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本