絶対王者か? それとも“二冠王”か? 読者が選ぶ2020年ベストドライバー/ライダー

Twitterにて募集した、2020年のベストドライバー/ライダーの結果を一挙に紹介!

絶対王者か? それとも“二冠王”か? 読者が選ぶ2020年ベストドライバー/ライダー

 コロナ禍により大きく姿形を変えた2020年シーズンのモータースポーツは、例年以上に濃密でドラマチックな瞬間を数多くもたらした。motorsport.comはTwitterのハッシュタグ『#MSCjp』『#みんなで振り返ろう2020年のモタスポ』にて様々な部門の“1番”を募集したが、今年も読者の皆様からたくさんの投票をいただいた。

 今回はその中の『ベストドライバー/ライダー部門』から、特に得票の多かった者をランキング形式で紹介していく。

読者が選ぶ2020ベストドライバー/ライダー:ルイス・ハミルトン(F1)

Race Winner Lewis Hamilton, Mercedes F1 celebrates on the podium with the trophy

Race Winner Lewis Hamilton, Mercedes F1 celebrates on the podium with the trophy

Photo by: Sam Bloxham / Motorsport Images

 昨年に引き続き、この部門で最多の得票を集めたのはハミルトンだった。

 ハミルトンにとって、2020年はまさに記録的なシーズンとなった。ポルトガルGPでは不滅の記録と言われていたミハエル・シューマッハーのF1歴代最多勝記録(91勝)を更新。その数字を95まで伸ばした。そして同じくシューマッハーが保持している歴代最多タイトル記録の7回にも並び、名実ともに歴代最高のドライバーとなった。

 2020年シーズンはコロナ禍の影響で全17戦に短縮され、ハミルトンは自身の新型コロナウイルス感染もあり16レースの出走に留まったが、それにも関わらず彼は自己最高のシーズン11勝を記録。過去にタイトルを獲得した6つのシーズンと比較しても、2020年が最も支配的なシーズンだったと言っても過言ではない。

Read Also:

ベストドライバー/ライダー次点:山本尚貴(スーパーGT/スーパーフォーミュラ)

山本尚貴 Naoki Yamamoto(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

山本尚貴 Naoki Yamamoto(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

Photo by: Masahide Kamio

 2020年の日本のモータースポーツシーンにおいて、主役となったのは山本尚貴だった。山本はスーパーGT、スーパーフォーミュラ共に、平川亮と激しい王座争いを展開。そしてどちらもタイトルをもぎ獲ってみせた。そんな山本が、ハミルトンに次ぐ2位にランクインした。

 スーパーGT最終戦では、最終ラップ最終コーナーでガス欠に見舞われた平川をオーバーテイクするという未来永劫語り継がれるであろう劇的な形で、“RAYBRIGカラー”でのラストレースとなったNSX-GTにタイトルをもたらした。スーパーフォーミュラのチャンピオン争いも最終戦までもつれたが、平川を抑えきり5位でフィニッシュした山本が王者に。スーパーGT(GT500)、スーパーフォーミュラを共に制する“国内二冠”は2018年以来、自身2度目となった。

 なお、国内二冠を複数回達成したのは山本が初めてで、その前人未到の快挙を賞賛する声が読者から多く挙がった。

Read Also:

ベストドライバー/ライダー3位:ピエール・ガスリー(F1)

Race Winner Pierre Gasly, AlphaTauri celebrates on the podium with the chamapgne and the trophy

Race Winner Pierre Gasly, AlphaTauri celebrates on the podium with the chamapgne and the trophy

Photo by: Steven Tee / Motorsport Images

 2020年、誰もが予想だにしなかった大番狂わせを起こしたアルファタウリ・ホンダのガスリーが3位にランクインした。

 ガスリーは昨年のF1ブラジルGPで初の2位表彰台を獲得し、日本のモータースポーツファンを大いに興奮させたが、今季はさらに大きなドラマが生まれた。10番グリッドからスタートしたイタリアGPでは、ピットインのタイミングとセーフティカー出動のタイミングが噛み合い、一気に上位へジャンプアップ。ルイス・ハミルトンがペナルティを受けたこともあって首位に浮上すると、カルロス・サインツJr.との息詰まるバトルを制してトップチェッカーを受けた。

 ガスリーはレッドブルからトロロッソ(現アルファタウリ)への降格を経験している苦労人であるだけに、その勝利は多くの感動を呼んだ。2021年もアルファタウリに残留し、角田裕毅のチームメイトとなる。

Read Also:

ベストドライバー/ライダー4位タイ:佐藤琢磨(インディカー)

Takuma Sato, Rahal Letterman Lanigan Racing Honda poses for photos

Takuma Sato, Rahal Letterman Lanigan Racing Honda poses for photos

Photo by: Phillip Abbott / Motorsport Images

 インディカー・シリーズのフル参戦ドライバーの中では最年長の43歳……それでも今なお進化を続ける佐藤琢磨が4位にランクインした。

 2017年のインディ500優勝でモータースポーツの歴史にその名を刻んだ佐藤だが、2020年のインディ500でもフロントロウからスタートして終始上位を走行。終盤にスコット・ディクソンをオーバーテイクすると、そのまま逃げ切りインディ500で2勝目を挙げた。

 104回の歴史を誇るインディ500においても、複数回優勝したのは佐藤を含めてわずか20人。佐藤は3度目の制覇を目指し、2021年もインディカー・シリーズに参戦する。

Read Also:

ベストドライバー/ライダー4位タイ:角田裕毅(FIA F2)

Yuki Tsunoda, Carlin, 1st position, on the podium

Yuki Tsunoda, Carlin, 1st position, on the podium

Photo by: Mark Sutton / Motorsport Images

 佐藤と同率で4位となったのが、角田裕毅。彼はFIA F2で印象的な活躍を見せた。

 2020年がF2ルーキーイヤーとなった角田だが、彼はそれを感じさせないレース運びと圧倒的な速さを見せ、ポールポジション4回、優勝3回という堂々たる成績を残してランキング3位となった。2021年はアルファタウリからのF1参戦が決定しており、小林可夢偉以来7年ぶりとなる日本人F1ドライバーの誕生にファンは早くも期待を膨らませていることだろう。

Read Also:

他にはこんな名前も……

平川亮(スーパーGT/スーパーフォーミュラ)
ジョアン・ミル(MotoGP)
中上貴晶(MotoGP)
ジョージ・ラッセル(F1)
ランド・ノリス(F1)
ジョナサン・レイ(WSBK)
アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(フォーミュラE)
フランコ・モルビデリ(MotoGP)
エルフィン・エバンス(WRC)
スコット・マーティン(WRC)
小椋藍(Moto3)
菅原義正(アフリカエコレース)
ミック・シューマッハー(FIA F2)
セバスチャン・オジェ(WRC)
ダニール・クビアト(F1)
安田裕信(スーパーGT)

 

Read Also:

シェア
コメント
【インタビュー:ルイス・ハミルトン】タイトルを獲る以外の、もうひとつ重要だった目標

前の記事

【インタビュー:ルイス・ハミルトン】タイトルを獲る以外の、もうひとつ重要だった目標

次の記事

レッドブル、メルセデスPUをよく知るペレスに期待「”役割”を果たしてくれることを願う」

レッドブル、メルセデスPUをよく知るペレスに期待「”役割”を果たしてくれることを願う」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , FIA F2 , IndyCar , スーパーGT , スーパーフォーミュラ