フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
14,810 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

News and Analysis

グリッド
リスト

富士で大クラッシュの22号車アールキューズ、第3戦鈴鹿は欠場「世界情勢等の影響でパーツ調達に時間要する」

スーパーGT第2戦富士で大クラッシュに見舞われた22号車アールキューズ AMG GT3。パーツ調達に時間を要することから、第3戦鈴鹿の参戦は見送る形となった。

ベッテル、ひったくり強盗に遭うもスクーターで追跡。 iPhoneの”探す”機能で盗まれたバッグの行方を探索

F1スペインGP終了後の5月23日(月)、アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、バルセロナでひったくり強盗に遭ったようだ。

オジェ、WRCサファリ・ラリーでトヨタからのスポット参戦決定。昨年の覇者が今季3度目のドライブ

トヨタは、セバスチャン・オジェが6月に開催されるWRCサファリ・ラリーで今季3度目のスポット参戦を果たすことを発表した。

クラシックF1のデモランは”リスク”になる……サインツJr.の複雑な心境

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、チームメイトのシャルル・ルクレールがモナコで1974年のマシン『312B3』をクラッシュさせてしまった件について、複雑な心境を明かした。

メルセデス、スペインGPで復活を確信?「我々はチャンピオンシップを戦える!」

メルセデスはF1スペインGPで良いパフォーマンスを見せたことで、チャンピオン争いに加わることができるという確信を手にしたようだ。

F1分析|角田の”超安定”レースペース。FP2から大きく改善したデグラデーション

F1スペインGP決勝レースの各車のペースを見ると、角田裕毅(アルファタウリ)のペースが実に安定し、優れていたことが分かる。

【動画】F1スペインGP1周目、ハミルトンとマグヌッセンの接触シーン

F1スペインGPの1周目に起きた、メルセデスのルイス・ハミルトンとハースのケビン・マグヌッセンによる接触。

【動画】ルクレールを襲った突然のトラブル|スペインGP

F1スペインGPで起きた、フェラーリのシャルル・ルクレールのトラブル。MGU-Hとターボの故障が原因だったと結論。

フェラーリ、ルクレールのマシンを襲ったトラブル原因は、ターボとMGU-Hにあったと結論「修理できない状態」

フェラーリは、シャルル・ルクレールがF1スペインGPでリタイアしたのは、ターボとMGU-Hの故障が原因だったと結論付けた。

中須賀克行は止められない。破竹の16連勝で敵なし状態が続く|全日本ロード第3戦JSB1000

MFJ全日本ロードレース選手権第3戦JSB1000が行なわれ、レース1、レース2共に中須賀克行が優勝を飾り連勝記録を16に伸ばした。

富士24時間レース、下から観るか? ”空”から観るか? AirXが「ヘリコプター遊覧」を実施。3900円から

エアモビリティプラットフォーム開発を行なうAirXは、富士スピードウェイで6月4〜5日にかけて行なわれる「NAPAC富士SUPER TEC 24時間レース」に併せて、サーキット上空からレースを観戦する「ヘリコプター遊覧」を実施する。

ルクレール失意のリタイアも……今後に向けて「ポジティブなところがたくさんあった」と前向き

フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1スペインGPでリタイアしたものの、イモラやマイアミの後よりも良い感触を持っていると語った。

「今日は“僕の日”かも!」ボッタス、一時3番手浮上で夢見るもハミルトンに敗れる

バルテリ・ボッタスはF1スペインGPでアルファロメオの戦略が裏目に出るまでは、好リザルトを残して”自分の日”になるかもしれないと思っていたという。

ホンダ育成が躍動。木村偉織が初優勝、太田格之進は選手権リーダーに:SFライツ第3大会オートポリス

スーパーフォーミュラ・ライツのオートポリス大会が行なわれ、ホンダの育成ドライバーである木村偉織と太田格之進が勝利を分け合った。

レッドブル代表、ペレスへのチームオーダーを説明「ふたりを戦わせる意味はなかった」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、F1スペインGPで異なる戦略を採ったマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスをバトルさせるのは合理的ではなかったと語った。

メルセデスのラッセル、F1スペインGPで3位表彰台もオーバーヒート問題で「サバイバルレースになった」

メルセデスのジョージ・ラッセルは、F1スペインGPで3位表彰台を獲得したものの、決勝レースはオーバーヒートの問題が発生したことにより「サバイバルレースになった」と語った。

F1分析|やっぱり……フェラーリを苦しめたデグラデーション。メルセデスの急浮上にも注目

カタルニア・サーキットで開催されたF1スペインGP。レース序盤を支配したフェラーリだが、デグラデーションが大きく、トラブルに見舞われなかったとしても、かなり厳しい戦いになっていたかもしれない。

体調不良に苦しんだノリス、実は扁桃炎だった。チーム代表はファイティングスピリットを称賛

マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表は、スペインGPで体調不良を訴えていたランド・ノリスについて、扁桃腺の炎症に苦しんでいたことを公表。そうした中レースを8位でフィニッシュしたことを称賛した。

野尻智紀、3戦連続のPP発進も今季初めて表彰台逃す「タイヤに荷重をかけ続けられなかった」|スーパーフォーミュラ第4戦

スーパーフォーミュラ第4戦オートポリスで4位に終わった野尻智紀は、コーナリングでグリップを得ることができず、タイムを上げられなかったと振り返った。

ガスリー「ストロールとの接触は僕に責任。謝りたい」ペース上がらずスペインGPは13位

アルファタウリのピエール・ガスリーは、F1第6戦スペインGP決勝でランス・ストロールと接触があったが、自身に責任があり謝罪したいと語った。

大渋滞にトイレには長蛇の列……F1、スペインGP主催側に「到底受け入れられない」アクセス問題の解決を促す

F1は、スペインGPで発生したアクセスの問題は「到底受け入れられない」として、プロモーター側に来季までの改善を促した。

フェルスタッペン3連勝達成も、レース序盤のハーフスピンは「本当に驚いた」

F1スペインGPで勝利したレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、レース序盤にターン4で突如ハーフスピンした時は「本当に驚いた」と認め、その時マシンにダメージを受けなかったのは「ラッキー」だったと語った。

【アニメーション】レースはどう展開した? F1スペインGP決勝の順位変動グラフ

カタルニア・サーキットで行なわれた第6戦スペインGP決勝レースでの各ドライバーの順位変動を、アニメーション付きグラフでおさらいしよう。

MotoGP最大勢力のドゥカティ、ライダー”流出”も心配せず。魅力的なパッケージに自信大

ドゥカティのスポーティングディレクターを務めるパオロ・チアバッティは、現在結んでいるライダーとの契約は優れたものであり、ライダー側も移籍を検討する前にドゥカティの提案を聞いてくれると考えている。

ハミルトン「接触なければレッドブルと優勝争いできた」小児患者との交流も鼓舞する力に

メルセデスのルイス・ハミルトンはF1第6戦スペインGPを6位で終えたが、1周目の接触がなければレッドブルと争うことができたと考えている。

【動画】まさか! フェルスタッペンとサインツJr.を翻弄した”魔の”ターン4

レッドブルのマックス・フェルスタッペンとフェラーリのカルロス・サインツJr.、F1スペインGP決勝”ターン4”でスピン!

ペレス、チームオーダーに不満燻る? ホーナー代表「正しいことだったと分かってもらえる」

レッドブルのセルジオ・ペレスは、F1スペインGPで優勝を狙えるポジションにいながらもチームオーダーに従い2位。レース後、彼はチームとの話し合いを求めた。

フェラーリ代表、ルクレール襲ったPUトラブルは警告もなし「全てが上手くいっていたのに……」と肩を落とす

フェラーリは、F1スペインGP決勝レースでシャルル・ルクレールを襲ったパワーユニットトラブルは何の警告もなく突然発生したものだと語った。

佐藤琢磨、インディ500予選は10番手。でも決勝には大きな期待「トラフィックで強力なマシンがある」

佐藤琢磨(デイル・コイン・レーシング with RWR)は、2022年のインディ500予選を10番手で終えた。しかしレースで強いマシンを手にしているため、決勝に大いに期待しているとコメントした。

佐藤琢磨、インディ500決勝は10番手スタートへ。ディクソンが最速PP記録塗替えトップ|インディ500予選

第106回インディ500の予選2日目が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはスコット・ディクソン。日本人ドライバーの佐藤琢磨は10番手から決勝へ挑むことになった。

10位角田、堅実な走りでポイントゲット「タフなレース。結果にもパフォーマンスにも満足」

F1第6戦スペインGPで、アルファタウリの角田裕毅は10位入賞を果たした。角田は厳しいレースウィークの中、ポイントを争えたことは良いステップだと振り返った。

フェルスタッペン、逆境乗り越え掴んだ勝利「難しい始まりだったけど、良い終わり方」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、断続的にDRSトラブルが発生したことで、スペインGPは厳しいレースだったと振り返った。

ルクレール、快調リードも突如トラブル発生で0点「こういうことを繰り返すわけにはいかない」

F1スペインGPの決勝レースで痛恨のリタイアを喫したフェラーリのシャルル・ルクレールは、タイトルを争うためには、今回のようなリタイアは、2度と起こらないようにしなければならないと語った。

レッドブル1-2! フェルスタッペンが困難跳ね除け3連勝。ルクレールに悲劇……角田裕毅10位|F1第6戦スペインGP

F1第6戦スペインGPの決勝レースが行なわれ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝。角田裕毅(アルファタウリ)は10位入賞を果たした。

F1スペイン決勝速報:独走ルクレールまさかのリタイア。フェルスタッペン逆転優勝、角田10位

F1第6戦スペインGPの決勝は、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝。アルファタウリの角田裕毅は10位となった。

WRC第4戦ポルトガル|トヨタのロバンペラ、怒涛3連勝でランク首位固める。勝田貴元は惜しい4位

世界ラリー選手権(WRC)の第4戦ラリー・ポルトガルが行なわれた。優勝はトヨタのカッレ・ロバンペラ。日本人ドライバーの勝田貴元は4位フィニッシュとなった。

坪井翔、小林可夢偉との接触を語る。速さが結果に繋がらず苦悩も「めげてもしょうがない」

スーパーフォーミュラ第4戦では小林可夢偉との接触でペナルティを受けた坪井翔。彼は当時の状況を振り返り、判断が「少し遅かったかもしれない」と語った。

シーズンの今後を占うスペインGP、勝つのは誰だ! F1第6戦スペインGP 決勝ライブテキスト

総合力が問われるバルセロナ。F1スペインGPを勝つのは誰だ! 決勝の模様をライブテキストでお届け。

アロンソ、F1スペインGP決勝を前にPU交換。降格ペナルティにより母国レースを最後尾からスタート

アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、F1スペインGPの決勝レースを前にパワーユニット一式を交換。ペナルティにより最後尾からのレーススタートを余儀なくされた。

”極秘テスト”が好結果に寄与。フェラーリ、フィルミングデーでアップデートを確認したと明かす

F1スペインGPに先駆け、フェラーリは地元モンツァでフィルミングデーを実施。アップデートに向けたテストを行なっていたと噂されていたが、どうやらそれは真実だったようだ。

ドルゴビッチ、完璧タイヤ戦略で圧巻の連勝! 岩佐歩夢は不運に泣き12位|F2バルセロナレース2

FIA F2第4戦バルセロナのレース2がカタルニア・サーキットで行なわれ、フェリペ・ドルゴビッチ(MPモータースポーツ)が優勝した。

ハース、”あえて”アップデートせず好結果ゲット! マシンの理解を優先「アップデートで速くなるとは限らない」

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、F1スペインGPにアップデートを持ち込んでいないにも関わらず、好パフォーマンスを見せた理由を説明した。

アストンマーチン、”コンセプト変更”もQ1敗退……それでもベッテル「正しい道だと信じている」

セバスチャン・ベッテルは、F1スペインGPで予選Q1敗退したにも関わらず、アストンマーチンがマシンのコンセプトを変えたのは正しいことだったと主張している。

スペインGPは『メルセデスVSフェラーリ』が勃発!? ラッセル「まともなチャンスがある」

メルセデスのジョージ・ラッセルは、F1スペインGPではマシンが改善されたことで、フェラーリ勢と戦うことができるチャンスがあると考えている。

ヴィクトー・マルタンス、スタート直後の大外刈りで”一本勝ち”!|F3第3戦バルセロナレース2

F3第3戦バルセロナのレース2が行なわれ、ヴィクトー・マルタンス(ARTグランプリ)が勝利した。

マクラーレンのノリス、体調不良訴える「喉と目の具合が良くない……」予選ではタイム抹消でQ3進出逃す

マクラーレンのランド・ノリスは、F1スペインGPで「コンディションが万全ではない」として体調不良を認めた。

フェラーリのサインツJr.、チームメイトのルクレールは「僕より”繊細な”マシンを乗りこなせている」

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、チームメイトのシャルル・ルクレールは「繊細なマシンをもっと乗りこなせている」と語っている。

闘病中のF1ファンを元気に! パドックを走り周るロボットをスペインGPで試験導入

F1は、闘病中でサーキットに来る事ができないファンを勇気づけるべく、パドック内を動き回り、ドライバーと話せるロボットを試験的に導入した。

平川亮が逆転勝利! 今季2勝目|スーパーフォーミュラ第4戦オートポリス:決勝結果

スーパーフォーミュラ第4戦オートポリスの決勝レースが行なわれ、平川亮(carenex TEAM IMPUL)が優勝を飾った。

アップデートとメルセデスの復活は『希望の光』。ハミルトン&ラッセル、マシン改善にワクワク

ルイス・ハミルトンはF1スペインGPで導入されたアップデートによるマシンの改善が”希望の光”だと考えているものの、タイトル争いにはまだ足りないと話した。

岩佐歩夢、F2で初の表彰台を獲得「完璧ではなかったけど……スタートの改善に取り組んできた」

FIA F2での初表彰台を獲得した岩佐歩夢(DAMS)は、ここ数戦うまくいっていなかったスタートを改善できたことが、好結果につながったと語った。

佐藤琢磨、インディ500予選初日12位……PP目指し2日目へ「色々なことが起きた1日だった」

佐藤琢磨(デイル・コイン・レーシング with RWR)は、インディ500予選初日を12番手で終え、予選2日目にポールポジション獲得の権利を手にした状態で挑むことになった。

環境面でもレース面でも利点が多い? カーボンニュートラル燃料の究極形“eフューエル”は実現可能なのか

モータースポーツ界でも導入が目指されているカーボンニュートラルフューエル。その中でも“eフューエル”が最終目標とされている風潮があるが、実現には超えるべき壁もいくつかあるようだ。

ルクレール、圧巻アタックでポールも「勝つためには、タイヤの問題を解決しないと……」

シャルル・ルクレールは、F1スペインGPでポールポジションを獲得したものの、タイヤのデグラデーションの問題を解決する必要があると考えている。

F1分析|フェラーリ、デグラデーションに苦しむ。レースペースではレッドブル優勢か?

F1スペインGPの金曜日フリー走行を見ると、フェラーリ勢がレースペースに苦しんでいるように見える。一方でレッドブルは好調そのもの。非常に好調な走りを披露した。

F1特集|髪を赤く染めたアルボン。その裏にある孤児たちとの心温まるストーリー

ウイリアムズのアレクサンダー・アルボンは、オーストラリアGPを前に髪を赤に染めた。その裏側には、タイの孤児院で彼が出会った子どもたちとの心温まる物語があった。

ポーパシングにさようなら。長い悪夢から目覚めたメルセデスは「レッドブルとフェラーリに追いつける」と代表

メルセデスでチーム代表を務めるトト・ウルフ代表は、今季チームをここまで苦しめていたポーパシングを解決できたため、これからはレッドブルやフェラーリといったトップ2チームとのギャップを縮める段階に入ったと考えている。