FIA F2 ニュース

DAZN、アゼルバイジャンGP配信スケジュール
2年ぶりF1モナコGPのDAZN配信スケジュール
DAZN、2021年もFIA F2&F3を全レース配信へ
「周以降、有望な中国人は当面現れないはず」とアルピーヌ
【訃報】エイドリアン・カンポス亡くなる。享年60歳

スポーツチャンネルDAZNのF1モナコGPの配信スケジュールが確定。今回もFIA F2を含め、全セッションがライブ配信される。

アルピーヌ・アカデミーのミア・シャリズマンは、周冠宇がF1昇格を逃せば、初の中国人F1ドライバーが誕生するチャンスは向こう20年やってこないと考えている。

F2最年少勝者のプルシェール、F2バクーでのクラッシュで左手首を骨折……次戦シルバーストーンは欠場か

今季のFIA F2のタイトル争いをしているテオ・プルシェール(ARTグランプリ)は、アゼルバイジャンのバクーで開催されたFIA F2第3ラウンドのレース3でのクラッシュした影響で左橈骨(手首)を骨折しており、7月にシルバーストーンで開催される次戦に参加できるかわからないという。

F2バクーでペナルティのティクトゥム、SNSで思いの丈ぶつける「F1目指して必死で戦っているのを分かってくれ!」

FIA F2バクーラウンドのフィーチャーレースで10秒のタイムペナルティを受けたダニエル・ティクトゥムは「バカバカしいどころの話ではない」とソーシャルメディア上で怒りをあらわにしたが、同時にドライバーにかかるプレッシャーの大きさを視聴者にも理解してほしいと語った。

F2バクー:ユーリ・ヴィップスがレース3も制し圧巻の2連勝。佐藤万璃音は15位

FIA F2第3ラウンドのレース3が行なわれ、ユーリ・ヴィップスが優勝した。佐藤万璃音は15位だった。

F2バクー:レース2はヴィップスが見事な走りでF2初優勝。佐藤万璃音13位

FIA F2第3ラウンドのレース2が行なわれ、ユーリ・ヴィップス(ハイテック)がF2初優勝を挙げた。

F2バクー:レース1はシュバルツマンが他を寄せ付けず完勝。佐藤万璃音は18位

FIA F2第3ラウンドのレース1が行なわれ、プレマのロバート・シュバルツマンが優勝した。佐藤万璃音は18位だった。

F2バクー予選:レッドブル育成のローソン、ヴィップスがトップ2占める。佐藤は19番手も3グリッド降格

FIA F2第3ラウンドの予選が行なわれ、ハイテックのリアム・ローソンがポールポジションを獲得した。

DAZN、アゼルバイジャンGP配信スケジュール:公道レース2連戦……しかしモナコとは勢力図が変わる??

スポーツチャンネルDAZNのF1アゼルバイジャンGP配信スケジュールが決定。今週末も、併催のFIA F2も合わせて全セッション生配信。

F2であわや予選落ちの珍事。“107%タイム”を出せなかったデレッダの出走が許可された理由とは?

FIAレースディレクターのマイケル・マシは、モナコで行なわれたFIA F2でアレッシオ・デレッダが107%ルールをクリアできなかったにも関わらず、彼に出走許可を与えた理由を説明した。

F2モナコ:レース3はプルシェールがポール・トゥ・ウィンでF2初勝利。佐藤万璃音は14位

F2第2ラウンド、モナコのレース3が行なわれ、テオ・プルシェール(ARTグランプリ)が優勝を飾った。

リアム・ローソン、レギュレーション違反でレース2優勝取り消し。繰り上がりでティクトゥム優勝

FIA F2第2ラウンドモナコのレース2でトップチェッカーを受けたリアム・ローソンだが、彼はスタート時に禁止されたスロットルマップを使用していたことが認定され、レース2は失格の処分を受けた。

F2モナコ:ウエット路面レース2、ローソンが制し今季2勝目。佐藤万璃音は無念リタイア

FIA F2第2ラウンドのレース2がモナコのモンテカルロ市街地サーキットで行なわれた。優勝はハイテックのリアム・ローソンとなった。

F2モナコ:レース1は周冠宇が逃げ切り完勝。佐藤万璃音は終盤にクラッシュ

2021年FIA F2第2戦モナコのレース1は、周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)がポール・トゥ・ウィンで今季2勝目を挙げた。

F2モンテカルロ予選:新人プルシェールが他を寄せ付けず初PP。佐藤万璃音は18番手

FIA F2第2ラウンドの予選が行なわれ、ARTグランプリのテオ・プルシェールが初のポールポジションを獲得した。

今回もハミルトンvsフェルスタッペンの争いに? 2年ぶりF1モナコGPのDAZN配信スケジュール

スポーツチャンネルDAZNのF1モナコGPの配信スケジュールが確定。今回もFIA F2を含め、全セッションがライブ配信される。

角田裕毅に先を越される形に……レッドブル育成のヴィップス「F1昇格のチャンスは必ずやってくるはず」

レッドブルジュニアドライバーのユーリ・ヴィップスは、角田裕毅に先を越されてはしまったものの、F1昇格のチャンスが将来的にあると感じており、準備をしながらその時をじっくりと待つ構えだ。

F2サヒール:レース3は周冠宇がポールトゥウィン。佐藤万璃音14位

FiA F2開幕戦のレース3が行なわれ、ユニ-ヴィルトゥオーシの周冠宇が優勝した。佐藤万璃音は14位だった。

F2サヒール:レース2はピアストリが逆転優勝。佐藤万璃音は8位でポイント獲得

FIA F2開幕戦のレース2がバーレーンで行なわれ、オスカー・ピアストリ(プレマ・レーシング)が優勝を果たした。

F2サヒール:レース1はレッドブル育成対決制したローソンがデビュー戦初優勝。佐藤万璃音は15位

FIA F2開幕戦のレース1が行なわれ、ハイテックのリアム・ローソンが優勝した。佐藤万璃音は15位だった。

F2サヒール予選:周冠宇がルンガーを0.003秒差で下しPP。佐藤19番手

FIA F2開幕戦の予選では、ユニ-ヴィルトゥオーシの周冠宇がポールポジションを獲得した。佐藤万璃音は19番手だった。

F2&F3、ハイブリッド&バイオ燃料導入に向け議論開始「しかし今後3年は新車投入はない」

F1への登竜門としての位置付けにあるFIA F2とFIA F3は、将来的にはハイブリッドエンジンやバイオ燃料を導入することについて、検討しなければならないとCEOのブルーノ・ミシェルは語る。

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。