F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
9,800 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

ゴードン・マレーとレーシングポイントF1がタッグ。市販”ファンカー”を開発

伝説的なF1デザイナーのゴードン・マレーは、レーシングポイントF1チームと提携し、スーパーカー『T.50』の開発を進めるようだ。

2021年のF1マシンは”必要悪”か?『技術的には退化』したマシンの持つ意味

F1デザイナーのパトリック・ヘッドは、2021年に導入されるマシンはF1を台無しにするのを防ぐ”必要悪”だと主張した。

レッドブル代表、“噂”のドライバー大シャッフルを「動く理由がない」と一刀両断

レッドブルチーム代表のクリスチャン・ホーナーは、各チームでドライバーの大シャッフルの可能性が予測される2021年について、トップドライバーがチームを変更したがる理由はないと話した。

今季3勝……レッドブルRB15はホンダPUをどう内包した? 空力性能にも寄与

レッドブル・ホンダ、2019年シーズンは3勝……ホンダF1はどうやって、パワーアップを成し遂げたのか? そのディテールを”推測”する。

【ギャラリー】2019年F1パワーユニット:全メーカー総覧

2019年のF1マシンは、その心臓部をどう内包したのか? 全メーカーのパワーユニットを一挙見!

2020年F1タイヤ、各チームが“全会一致”の拒否。2019年仕様のタイヤを継続へ

2020年仕様のタイヤテストを行なったF1だが、各チームの全会一致の賛成によって来季は2019年仕様のタイヤを継続使用する方向のようだ。

2019年はハミルトンにとって”最高の1年”「開幕直後のマシンは良くなかった」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、自身6度目のタイトルを獲得したシーズンを振り返り、序盤戦でのマシンの状態からすれば、2019年はキャリアの中でもベストシーズンのひとつになったのではないかと考えている。

ドーピング問題に揺れるロシア。F1開催継続を主催者が主張

組織的なドーピングに対する処罰としてオリンピックなどの主要大会への出場や開催を禁じられたロシア。しかし、F1ロシアGPの主催者は2020年以降の開催に問題は生じないと語った。

前人未到ダブルタイトル6連覇。メルセデスW10が2019年の最優秀マシンに

メルセデスの2019年用F1マシンW10が、英国オートスポーツ・アワードでレーシングカー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。この W10は、メルセデスに6年連続となるダブルタイトルをもたらした。

英国オートスポーツ賞、最優秀新人はアルボン「FE参戦に満足していたけど……」

レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンが、2019年のオートスポーツ・アワードで、最も優秀だったルーキードライバーに贈られるリシャール・ミル・ルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。

Q3に進出した中団チームは不利! ルノー代表が“馬鹿げた”タイヤ規則に苦言

ルノーのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、予選Q3に進出したドライバーのスタートタイヤが指定されてしまう規則は“馬鹿げている”として、撤廃を求めている。

F1王者ハミルトン、英国オートスポーツ・アワードで年間最優秀ドライバーに輝く

2019年の英国オートスポーツ・アワード表彰式が行なわれ、F1で自身6度目のドライバーズタイトルを獲得したルイス・ハミルトンが、ドライバー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。

ピレリ”18インチタイヤ”の年内開発テストを完了。ラッセルが200周以上走破

ピレリはアブダビで、メルセデスの協力の下18インチタイヤのテストを2日間にわたって実施。このテストでは、ジョージ・ラッセルがメルセデスのF1マシンをドライブ。ピレリは年内全てのテストプログラムを完了した。

フェルスタッペンにとって”もっとも力強いシーズン”……レッドブル代表語る

レッドブル・ホンダのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、2019年はマックス・フェルスタッペンにとってキャリア最高のシーズンだったと語る。

メルセデス、F1長期参戦の鍵は”親離れ”?「ダイムラーの寄与を減らすことが重要」

メルセデスF1のトト・ウルフ代表は、親会社であるダイムラーの寄与を減らすことができれば、長期的にF1に参加することができると語った。

フェラーリCEO、リバティの“アメリカ流”を称賛。ドキュメンタリーにも高評価

フェラーリのCEOであるルイス・カミッレーリは、F1を所有するリバティ・メディアのビジョンを称賛し、NetflixによるF1ドキュメンタリー番組などで新たな魅力を伝えられていると語った。

準備が進むF1ベトナムGP開催サーキット。「安全のため」コーナーひとつ追加

ベトナムGPの主催者は、2020年のF1初開催に先立ち、コースに新たなコーナーをひとつ追加したことを明らかにした。

ボッタス、ラリーでリフレッシュ! ポール・リカールで開催のイベントで優勝

バルテリ・ボッタスは、ポール・リカール・サーキットを一部使用して行なわれたラリーイベントに出場。シトロエンを駆って見事優勝した。

開幕直後が”超”大事。フェルスタッペンが語る”将来”への鍵は……

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、レッドブルF1のタイトル獲得の希望と、チームと彼の将来は、2020年シーズンを好調な形でスタートできるかどうかにかかっていると語る。

FP&予選の車重計測『無視』への厳しいペナルティ緩和? スチュワードに裁量付与

F1のフリー走行と予選中に車両重量の計測に応じなかった際に科されるペナルティについては“厳しすぎる”との不満が出ていたが、FIAは来季からスチュワードに裁量を与える方向で調整が行なわれているようだ。

「不可能はない」世界の舞台で戦った佐藤琢磨、中上貴晶、室屋義秀が子供たちにエール

「ジャパン・レーサーズ・スクワッド」の佐藤琢磨、中上貴晶、室屋義秀によるトークセッションが行なわれ、3人が“夢の実現”をテーマに子供たちへメッセージを送った。

トト・ウルフ、F1代表就任を改めて否定。メルセデス代表を辞する”魅力”なし

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフには、2021年からF1の運営側に就くとの根強い噂があるが、当のウルフはその噂を改めて否定。現在の役割を離れるのは魅力的ではないと語った。

僕は自己中ドライバーじゃない……アロンソ「真実を見た方がいいよ」

フェルナンド・アロンソは、彼が”自己中心的なドライバー”であるという指摘に反論。2019年にフェラーリのドライバー同士の関係がギクシャクしたことを挙げ、自分がF1に参戦していた際には同様の問題が起きたことはないと主張した。

2021年のF1マシンは厄介な”じゃじゃ馬”?「独特の乱流を生み出す」との指摘

レーシングポイントのテクニカルディレクターであるアンドリュー・グリーンは、現時点で2021年のF1マシンは扱いにくいマシンになると考えているようだ。