F1
30 4月
-
03 5月
Canceled
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Postponed
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
24 days
R
第13戦ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
38 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
53 days
R
第6戦スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
66 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
80 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
87 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
101 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
108 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
122 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
136 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
143 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
157 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
171 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
10,884 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

キャリアを狂わされた? 元チームメイト、コバライネンが語るハミルトンのすごさ

ヘイキ・コバライネンは、元チームメイトのルイス・ハミルトンがスパ・フランコルシャンのオールージュでした“賭け”は彼の卓越した才能を示すものだったと語った。

開幕まであと1ヵ月……レギュラードライバーがウイルスに感染した際、その代役は?

7月上旬にオーストリアで開幕する2020年のF1。新型コロナウイルスの危機により、リザーブドライバーに注目が集まっている。F1はもしレギュラードライバーにウイルス感染者が出た場合にもレースを中止せず、リザーブドライバーが出場するよう求めているのだ。

1時間

トラブルメーカーであり革新車……フェラーリ640「美しきゲームチェンジャー」

F1マシンが目立つ時、それは数々のレースで勝利を手にしたか、素晴らしい強さでタイトルを勝ち取ったか、そのいずれか……という単純なモノではない。それ以外の要素でも、人々に記憶に残ることもある。フェラーリ640はそんな1台だ。

たった“2時間”で契約した? ライコネン、古巣ザウバー復帰の舞台裏

2019年、フェラーリから古巣であるザウバー(アルファロメオ)に移籍したキミ・ライコネンだが、発端は2017年にプライベートジェットでのちょっとした会話だったと、チームマネージャーが明かした。

ウイリアムズ売却問題、既に“真剣な”検討アリ? F1幹部明かす

F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、ウイリアムズF1チームの株式売却問題について、投資を検討している“相当に真剣な人々”がいると語った。

ハンガリーGP、開催契約を2027年まで延長。”無観客”開催補償の一環で

F1ハンガリーGPは、プロモーターがF1側と契約の1年延長で合意。2027年までF1のカレンダーに残ることとなった。

新生アストンマーチンF1、ベッテル獲得を否定「ドライバーの面で驚きはないよ」

レーシングポイントのチーム代表であるオットマー・サフナウアーは、2021年からチーム名がアストンマーチンに変わったとしても、新しいドライバーを求めることはないと語った。

ダブルヘッダー2戦目を面白く……F1、タイヤの組み合わせ変更も視野に

F1は、ダブルヘッダーのレースを盛り上げるため、タイヤコンパウンドの組み合わせを変更する可能性がある。

レッドブルF1代表、予算上限額引き下げにも「恐れるべきことじゃない」

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、F1に予算制限が導入されることについて、何も恐れることはないと語る。

ウイリアムズ副代表、株式売却の動きを「ポジティブ以外の何物でも無い」と主張

ウイリアムズはチームの売却を検討していることを明らかにしたが、チーム副代表のクレア・ウイリアムズは再構築に向けた今回の動きはポジティブなものであると強調した。

F1仕事の流儀:このスポーツの威厳を保ち、正確に……マスター・オブ・セレモニー

このシリーズでは、F1の世界で働いている人のうち、普段はテレビで見る機会のない人たちを紹介してきた。ただし今回は、各レースで必ずと言っても良いほど画面で見ることができる人物を紹介。表彰式進行役のアレクサンダー・モリーナである。

メルセデス、革新的デバイスDASの開発秘話語る「FIAも完成は無理だと思ったはず」

メルセデスのテクニカルディレクターを務めるジェームス・アリソンは、FIAはメルセデスの二重軸ステアリング“DAS”が機能すると信じていなかったはずだと語った。

F1に足りないのはスペースXのワクワク? デビッド・クルサード、新規定を不安視

元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、F1が導入する新ルールについて懸念を示しており、モータースポーツの頂点という地位を失うリスクを冒すべきではないと警告した。

FIA、F1のPU不正取り締まり強化。オイル燃焼とエネルギー回生の監視を厳格化

F1チームがシーズン再開に準備を進める中、F1はエンジンに関する不正についてさらに厳しく取り締まることを決めた。

リカルド獲得の狙いは”家庭教師”? マクラーレン、新鋭ノリスの成長助けると期待

マクラーレンは2021年のドライバーとしてダニエル・リカルドと契約を結んだが、彼らはリカルドに、ランド・ノリスがドライバーとして成長するための指標となってほしいと考えているようだ。

欧州以外で開催できなくとも、今年のF1は”世界選手権”に認定される?

F1のマネージングディレクターであるロス・ブラウンは、今週始めに発表されたヨーロッパ圏内での8レースを開催すれば、それ以降のレースが開催されなくても、正式に世界選手権としてカウントされるはずだと語る。

ロシアGP開催サーキット、F1レース2週連続開催の可能性を否定せず

F1ロシアGPの主催者は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が遅れている2020年シーズンについて、同地で2週連続開催する準備があると語る。

メルセデス、F1シーズン開幕に向けテスト実施。ハミルトン&ボッタス参加

メルセデスF1チームは、シーズン再開に向け、2日間にわたるテストをシルバーストン・サーキットで実施することを決めた。このテストにはルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスが参加。2018年型マシンW08を走らせる。

ウルフ、ダイムラーCEOとの不仲説を一蹴「形にこだわらず、メルセデスに留まる」

メルセデスF1チーム代表のトト・ウルフは、ダイムラーCEOのオラ・カレニウスとの関係が悪化しているという噂を一蹴した。

F1バーチャルシリーズもいよいよ佳境。アゼルバイジャン戦ではガスリー、ペレスが初参加

F1のバーチャルアゼルバイジャンGPでは、セルジオ・ペレスとピエール・ガスリーが同シリーズに初参加するため、現役F1ドライバーが8名となった。

メルセデス、ベッテル獲得への興味を否定せず「リップサービスではない」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、セバスチャン・ベッテル獲得への関心は単なるリップサービスではないと主張している。

一番速い者が勝つ、それがF1……メルセデス代表がリバースグリッド反対の理由を明かす

メルセデスのトト・ウルフ代表は、チームがリバースグリッド導入案を拒否した理由について説明。F1はレースをエキサイティングにするために“仕掛け”をする必要はないと主張した。

ついに再開するF1、熾烈なバトルは変わらない? レッドブル代表、油断なし

シーズン再開の目処が付いたF1。新型コロナウイルスによって大きな影響を受けてしまったが、レッドブル代表はレース再開後の戦いの熾烈さはこれまでと変わらないだろうと予想した。

”秋”のF1フライアウェイ戦は観客入りの可能性も?「ファンとのレースが目標」

F1のチェイス・キャリーCEOは、秋ごろに開催されるフライアウェイ戦では観客を入れてグランプリを開催したいと考えている。