フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
148 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

moto2 News and Analysis

グリッド
リスト

Moto2フランス決勝:フェルナンデスが逃げ切り今季2勝目。小椋藍は粘りのレースで7位フィニッシュ

MotoGP第5戦フランスGPのMoto2クラス決勝は、ラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)がポール・トゥ・ウィンを挙げた。

Moto2フランス予選:突然の雨もなんのその。フェルナンデスが初ポール獲得。小椋藍は転倒で16番手

MotoGP第5戦フランスGPのMoto2クラス予選が行なわれ、ラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)がポールポジションを獲得した。

Moto2フランス初日:ロウズ初日首位スタート。小椋藍はQ2進出圏内の総合7番手

MotoGP第5戦フランスGPのMoto2クラス初日フリー走行が行なわれ、サム・ロウズがトップタイムをマークした。

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:自己ベストより嬉しい7位フィニッシュ。課題は“ムリ”の使いドコロ?

MotoGP第4戦スペインGPのMoto2クラス決勝で7位入賞となった IDEMITSU Honda Team Asiaの小椋藍。彼は7位という結果そのものより、トップとの差が縮まりつつあることに手応えを感じているようだ。

Moto2スペイン決勝:ディ・ギャナントニオが逃げ切って嬉しい初優勝。小椋藍7位でフィニッシュ

MotoGP第4戦スペインGPのMoto2クラス決勝が行なわれた。優勝はファビオ・ディ・ギャナントニオで、彼はキャリア初優勝だ。

Moto2スペイン予選:ガードナーがレコード更新のタイムでPP獲得。小椋藍9番手3列目から決勝へ

MotoGP第4戦スペインGPのMoto2クラス予選が行われた。ポールポジションはレミー・ガードナーが獲得した。

Moto2スペイン初日:ロウズ、4連続PPに向け首位発進。小椋21番手、代役参戦の羽田大河は31番手

MotoGP第4戦スペインGP第4戦のMoto2クラス初日の走行が行なわれた。FP1とFP2を通した総合タイムで首位となったのは、サム・ロウズだ。 

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:期待の予選4番手も……Moto2初転倒リタイアに小椋「もったいないレース」

ロードレース世界選手権MotoGPのMoto2クラスへ参戦する唯一の日本人ライダー、小椋藍。彼は第3戦ポルトガルGPで予選4番手と好ポジションにつけたが、決勝レースでは序盤に転倒しリタイアに終わってしまった。Moto2クラスではじめてのリタイアを経験した小椋は「もったいないレース」だったと悔しさを見せた。

Moto2ポルトガル決勝:予選4番手小椋、転倒リタイアで終わる。ラウル・フェルナンデスが初優勝

MotoGP第3戦ポルトガルGPのMoto2クラス決勝が行なわれた。優勝はラウル・フェルナンデス。Moto2デビュー3戦目で勝利を手にした。

Moto2ポルトガル予選:ロウズの勢い止まらず。3戦連続ポールポジション! 小椋藍は自己ベスト4番手

MotoGP第3戦ポルトガルGPのMoto2クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはサム・ロウズ(Elf Marc VDS Racing Team)だった。

Moto2ポルトガル初日:ジョー・ロバーツが初日完全制覇。小椋藍は21番手タイム

MotoGP第3戦ポルトガルGPのMoto2クラス初日フリー走行では、ジョー・ロバーツがトップタイムをマーク。日本人ライダーの小椋藍は21番手タイムだった。

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:コレが小椋スタイル。昇格2戦目5位でも“満足しない”

ロードレース世界選手権のMoto2クラスへの挑戦を始めた日本人ライダーの小椋藍。彼は第2戦ドーハGPでは開幕戦17位から一気にポジションを上げる5位でフィニッシュし、初ポイントを獲得した。早くも成長を見せた感のある小椋だが、「今回は経験あるライダーとの走りを通じて、多くのことを学び、吸収できたレースだった」と語るなど、収穫の多いレースとなったようだ。

Moto2ドーハ決勝:サム・ロウズが2戦連続ポールトゥウィン! 小椋藍、5位入賞で初ポイント

MotoGP2021年シーズンの第2戦ドーハGP決勝が行なわれ、サム・ロウズが開幕戦から2戦連続でポールトゥウィンを果たした。

Moto2ドーハ予選:ルーキー小椋藍、6番手セカンドロウ。PPは開幕戦ウイナーのロウズ

MotoGP第2戦ドーハGPのMoto2クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはサム・ロウズだ。ルーキーの小椋藍は6番手タイムを記録している。

Moto2ドーハ初日:小椋藍、総合6番手とQ2直接進出圏内につける。総合トップはフェルナンデス

MotoGP第2戦ドーハGPのMoto2クラス初日フリー走行が行なわれた。総合トップタイムを記録したのはラウル・フェルナンデス。また小椋藍が総合6番手タイムを記録している。

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:『“今の限界”はポイント圏外』将来の飛躍へ“学び”の時

2021年のロードレース世界選手権開幕戦カタールGPで、Moto2クラスに参戦する小椋藍は17位でレースを終えた。中量級での初めてのレースではポイント圏外と悔しい結果となったが、小椋はレースを通じて学びを進め、連戦のドーハGPではポイントを獲得したいと語った。

Moto2カタール決勝:ロウズが独走優勝で2021年をスタート。小椋藍は初戦を17位で終える

MotoGP2021年シーズンの開幕戦カタールGPのMoto2クラス決勝が行なわれ、サム・ロウズが優勝した。Moto2クラスデビュー戦の小椋藍は17位でレースを終えた。

Moto2カタール予選:速いぞサム・ロウズ今季初戦でPP。小椋藍はQ1敗退の19番手

MotoGP開幕戦カタールGPのMoto2クラス予選が行われた。ポールポジションはサム・ロウズが獲得。小椋藍は19番手となった。

Moto2カタール初日:小椋藍、初日は総合24番手タイム。トップはサム・ロウズ

MotoGP開幕戦カタールGPのMoto2クラス初日フリー走行が行なわれた。初日総合トップタイムはElf Marc VDS Racing Teamのサム・ロウズとなった。小椋藍は総合24番手タイムだ。

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:いざ中量級Moto2へ。開幕への仕上がりは?

2021年のロードレース世界選手権Moto2クラスは熱い。なぜなら前年にMoto3クラスで最終戦にまでもつれるタイトル争いを演じた小椋藍がステップアップを果たしているからだ。motorsport.com日本版ではその小椋藍の戦いに密着。今回はカタールで行なわれたプレシーズンテストから、Moto2での戦いに向けた意気込みなどを聞いた。

Moto2カタールテスト3日目:ロウズが僅差のトップ。小椋藍は12番手でテスト締め括り

2021年のMoto2プレシーズンテスト最終日には、Elf Marc VDS Racing Teamのサム・ロウズがトップタイムをマークした。

Moto2カタールテスト2日目:ジャビ・ビエルヘが首位。小椋藍は13番手に浮上

ロサイル・インターナショナル・サーキットで行なわれているMoto2のプレシーズンテスト。その2日目はPetronas Sprinta Racingのジャビ・ビエルヘがトップタイムをマーク。小椋藍は13番手タイムを記録している。

Moto2カタールテスト1日目:KTM Ajo移籍のガードナー首位。Moto2昇格の小椋藍は18番手

ロサイル・インターナショナル・サーキットで開始されたMoto2のプレシーズンテスト。その初日はレミー・ガードナーがトップタイムを記録した。今季からMoto2に挑戦する小椋藍は初日を18番手で終えている。

Moto2&Moto3テスト、“安全のため”MotoGPクラスと同じカタールへと変更

ロードレース世界選手権はMoto2及びMoto3クラスのプレシーズンテスト開催地とその日程の変更を発表。MotoGPクラスと同じくカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで実施されることが明かされた。

来季ライダー決まらぬアプリリア、ベッツェッキ起用はVR46が却下。ロバーツに食指?

Moto2に参戦するマルコ・ベッツェッキはアプリリアからアンドレア・イアンノーネ後任のオファーが出されていたが、VR46チームはそれに反対し、ベッツェッキは来年もMoto2へ参戦することになったようだ。

Moto2ポルトガル:ガードナーMoto2初優勝。バスティアニーニが王者に輝く

Moto2の2020年最終戦がアルガルヴェ・サーキットで行なわれ、レミー・ガードナーが初優勝。エネア・バスティアニーニがチャンピオン獲得を決めた。

Moto2ポルトガル予選:ガードナー今季2度目PP。ランク首位バスティアニーニが4番手

MotoGP最終戦ポルトガルGPのMoto2クラス予選が行なわれ、レミー・ガードナーがポールポジションを獲得した。

小椋藍、2021年のMoto2クラス昇格が発表。Moto3クラス2年目でタイトル争い演じる

ロードレース世界選手権Moto2クラスに参戦するIDEMITSU Honda Team Asiaは2021年シーズンのライダーラインアップを発表。今季Moto3でタイトル争いを演じている小椋藍が起用されることとなった。

Moto2バレンシア決勝:マルティン、母国戦で今季2勝目。負傷ロウズが意地の入賞

MotoGP第14戦バレンシアGPのMoto2クラス決勝が行なわれた。優勝したのはホルヘ・マルティンだった。

Moto2バレンシア予選:MVアグスタ&マンツィ、Moto2で初ポール獲得!

MotoGP第14戦バレンシアGPのMoto2クラス予選が行なわれ、ステファノ・マンツィが初のポールポジションを獲得した。

Moto2ヨーロッパ決勝:ベッツェッキ今季2勝目。ロウズ転倒で王座争いは再び混沌

MotoGP第13戦ヨーロッパGPのMoto2クラス決勝が行なわれ、マルコ・ベッツェッキが今季2勝目を挙げた。

Moto2ヨーロッパ予選:怒涛のアタック合戦制し、ビエルヘがPP獲得。長島Q1敗退

MotoGP第13戦ヨーロッパGPのMoto2クラス予選が行なわれ、シャビ・ビエルへがポールポジションを獲得した。

Moto2テルエル決勝:サム・ロウズ、“圧巻8秒差"つけて3連勝達成。長島哲太14位

MotoGP第12戦テルエルGPのMoto2クラス決勝が行なわれ、サム・ロウズが優勝。ポイントリーダーに浮上した。

Moto2テルエル予選:ロウズが連続PP獲得でタイトルへ弾み。長島哲太Q1敗退

MotoGP第12戦テルエルGPのMoto2クラス予選が行なわれ、サム・ロウズが今季2度目のポールポジションを獲得した。

モト・アメリカ王者が世界へ殴り込み! レイニー主導でアメリカ人ライダー復権へ?

2021年、Moto2のAmerican Racing Teamはモト・アメリカ王者のキャメロン・ボービエを起用する予定だ。今季活躍を見せているジョー・ロバーツと同様に、ボービエはアメリカ人ライダー復権を目指す動きにとって重要なライダーとなるだろう。

Moto2アラゴン決勝:“魔の2コーナー”で首位が次々と……波乱のレースをロウズ制す

MotoGP第11戦アラゴンGPのMoto2クラス決勝が行なわれ、サム・ロウズがフランスGPに続く2連勝を飾った。

Moto2アラゴン予選:サム・ロウズ、レコード更新の爆速タイムでポール獲得!

MotoGP第11戦アラゴンGPのMoto2クラス予選が行なわれ、サム・ロウズが今季3度目のポールポジションを獲得した。

Moto2フランス決勝:ロウズが難コンディション乗り切って今季初優勝。長島下位に沈む

MotoGP第10戦フランスGPのMoto2クラス決勝が行なわれ、サム・ロウズが今季初優勝を果たした。

Moto2フランス予選:ロバーツ、今季3度目ポールで決勝へ。長島哲太はQ1敗退

MotoGP第10戦フランスGPのMoto2クラス予選が行なわれ、ジョー・ロバーツが今季3回目のポールポジションを獲得した。

Moto2カタルニア決勝:マリーニ、ポールトゥウィンで今季3勝目。長島12位

MotoGP第9戦カタルニアGPのMoto2クラス決勝が行なわれ、ルカ・マリーニが今季3勝目を挙げた。

Moto2カタルニア予選:ルカ・マリーニ、2戦連続ポール獲得。長島は苦戦18番手

MotoGP第9戦カタルニアGPのMoto2クラス予選が行なわれ、ルカ・マリーニがポールポジションを獲得。長島哲太は18番手タイムと苦戦した。

Moto2エミリア・ロマーニャ決勝:雨で赤旗中断2回。短縮レースをバスティアニーニ制す

MotoGP第8戦エミリア・ロマーニャGPのMoto2クラス決勝は、エネア・バスティアニーニ(Italtrans Racing Team)が今季3勝目を挙げた。

Moto2エミリア・ロマーニャ予選:好調VR46、マリーニがPP獲得。長島は13番手

MotoGP第8戦エミリア・ロマーニャGPのMoto2クラス予選が行われ、ルカ・マリーニがポールポジションを獲得した。長島哲太は13番手タイムとなった。

Moto2サンマリノ決勝:ルカ・マリーニ、地元に錦飾る今季2勝目。VR46がワンツー

MotoGP第7戦サンマリノGPのMoto2クラスでは、SKY Racing Team VR46のルカ・マリーニが今季2勝目を挙げた。

Moto2サンマリノ予選:サム・ロウズがレコード更新のポール。長島哲太は9番手

MotoGP第7戦サンマリノGPのMoto2クラス予選が行なわれ、サム・ロウズがポールポジションを獲得。長島哲太は9番手となった。

Moto2のホルヘ・マルティンが新型コロナ陽性。サンマリノGP欠場へ

Moto2のポイントランキング上位を争っているホルヘ・マルティンは、新型コロナウイルスの検査で陽性となったことでサンマリノGPを欠場することになった。

Moto2スティリア決勝:長島4位。首位ゴールのマルティン、コース外走行で優勝逃す

MotoGPスティリアGPのMoto2クラス決勝は、SKY Racing Team VR46のマルコ・ベッツェッキが、チェッカー後に首位フィニッシュのホルヘ・マルティン(Red Bull KTM Ajo)にペナルティが出されたことで優勝。長島哲太は4位だった。

Moto2スティリア予選:長島哲太が3番手フロントロウ。カネットがクラス初ポールポジション

Moto2第6戦スティリアGPのMoto2クラス予選が行なわれ、アロン・カネットがMoto2クラス初ポールポジションを獲得した。

Moto2オーストリア:赤旗中断挟む短縮レース、マルティンが初優勝。長島哲太は転倒リタイア

MotoGP第5戦オーストリアGPのMoto2クラス決勝が行なわれ、ホルヘ・マルティンがMoto2クラス初優勝を果たした。長島哲太は転倒リタイアに終わっている。

Moto2オーストリア予選:ガードナーがPP獲得。長島はクラッシュで不完全燃焼

MotoGP第5戦オーストリアGPのMoto2クラス予選が行なわれ、レミー・ガードナーがポールポジションを獲得した。日本の長島哲太は転倒により18番手と不完全燃焼な予選となった。

Moto2チェコ決勝:バスティアニーニ、連勝でランク首位。長島11位でポイント確保

MotoGP第4戦チェコGPのMoto2クラス決勝が行なわれ、エネア・バスティアニーニが優勝。アンダルシアGPから2連勝を果たした。

Moto2チェコ予選:ロバーツ、今季2度目のPP獲得。長島はQ1敗退で後方スタート

MotoGP第4戦チェコGPのMoto2クラス予選が行なわれ、ジョー・ロバーツがポールポジションを獲得した。

ロッシ、VR46アカデミー生の活躍は”誇り”。でもレース後アクシデントにはお叱り

MotoGPアンダルシアGPで、バレンティーノ・ロッシのVR46チームはMoto2、そしてMoto3で共に表彰台を獲得する好結果を残した。しかしレース後にはどちらのクラスでもアクシデントが発生しており、ロッシもこれに小言を言わざるを得なかった。

Moto2アンダルシア決勝:バステアニーニ初優勝。長島魂の走りで11位、ランク首位堅持

Moto2のアンダルシアGP決勝レースが行なわれ、エネア・バステアニーニがクラス初優勝。長島哲太は11位に入り、ランキング首位を守った。

Moto2アンダルシア予選:ベッツェッキPP獲得。長島執念の出走も15番手

Moto2アンダルシア戦予選が灼熱のコンディションの中行なわれ、マルコ・ベッツェッキがポールポジションを獲得。長島哲太はFP3での転倒の影響で欠場の可能性もあったが、なんとか出走。15番グリッドを手にした。

Moto2スペイン決勝:ルカ・マリーニが今季初優勝。長島哲太が2位で連続表彰台

MotoGP第2戦スペインGPのMoto2クラスの決勝レースがヘレス・サーキットで行なわれ、ルカ・マリーニが今季初優勝を挙げた。日本の長島哲太は2位表彰台となった。

Moto2スペイン予選:マルティンがポール獲得。長島哲太は8番手タイム

MotoGP第2戦スペインGPのMoto2クラス予選が行なわれ、ホルヘ・マルティンがポールポジションを獲得。開幕戦ウイナーの長島哲太は8番手となった。

新型コロナ、ライダー市場にも影響? ルカ・マリーニ「昇格のチャンスが減った」

Moto2に参戦するルカ・マリーニは、新型コロナウイルスの影響によって来シーズンMotoGPへステップアップするチャンスが減少したと語っている。

米国MotoGPライダー復活も近い? ジョン・ホプキンス、ロバーツの才能を確信

アメリカ人Moto2ライダーのジョー・ロバーツは、MotoGPに昇格できるライディングスタイルと才能を持っており、最高峰クラスでも良い結果を出せると同郷のジョン・ホプキンスが語った。

MotoGPコラム:長島哲太Moto2初優勝。ラスト数周、脳裏をよぎった富沢祥也の姿

MotoGPの2020年開幕戦Moto2クラスで初優勝を成し遂げた長島哲太。ラスト数周、彼の脳裏には、親友であり目標でもあった亡き富沢祥也の姿がよぎっていたという。