F1
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
3 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
LMP2挑戦の山下健太に海外も注目。課題は”コミュニケーション”か?
山下健太、諦めかけていた“世界への挑戦”
マクラーレン、F1での好調がインディ復帰を可能に。WEC参戦もF1次第?
山下健太、WEC挑戦が決定! トヨタ育成としてLMP2クラスに参戦へ
中嶋悟・一貴、久々に“親子共演”。ル・マン連覇をファンの前で祝福

WECの2019-2020年シーズンに、LMP2クラスのハイクラス・レーシングの一員として参戦することが決まった山下健太。その山下にとっての最大の課題は、コミュニケーションということになるかもしれない。

WECデビューが間近に迫った山下健太。今季のLMP2で結果を残し、将来的にはLMP1へのステップアップも視野に入れているようだ。

TOYOTA GAZOO Racingは、山下健太をWECチャレンジドライバーに選出。山下はハイクラスレーシングからLMP2クラスに参戦する。

WEC上海で敗北喫したトヨタ、ハンディキャップへの”支持”は変わらず

WEC上海で優勝を逃したトヨタ。しかし、テクニカルディレクターのパスカル・バセロンは、”サクセス・ハンディキャップ”を支持し続けているという。

WEC上海:フェラーリ51号車、最低車高違反で失格。LM-GTE Pro優勝が幻に

WEC上海4時間レースで、LM-GTE Proクラス首位でレースを終えたフェラーリ51号車は、レース後車検で車高違反が見つかり、失格となった。

WEC上海:レベリオンが今季初優勝。トヨタは意地のダブル表彰台

WEC第3戦上海4時間レースの決勝は、レベリオン・レーシングの1号車が今季初優勝を果たした。

トヨタ、WEC上海予選での苦戦は予想通りも「レベリオンの”遅さ”は不可解」

トヨタのテクニカルディレクターであるパスカル・バセロンは、WEC上海の予選でポールポジションを獲得したレベリオンの遅さに驚いたと語った。

WEC上海予選:プライベーターの”逆襲”、レベリオンPP。トヨタは4、5番手に沈む

WEC第3戦上海4時間レースの予選が行われ、レベリオン・レーシング1号車がポールポジションを獲得した。

ブエミ、WEC上海のレースを悲観「トヨタはプライベーター勢と戦えない」

トヨタのセバスチャン・ブエミは、サクセス・ハンディキャップの影響で、WEC第3戦上海ではプライベーター勢と戦えないと考えている。

WEC上海FP3:トヨタ本領発揮? 小林可夢偉のトヨタ7号車、1秒差つけて首位

WEC上海のフリー走行3回目が行われ、トヨタTS050 HYBRIDの7号車がトップタイムをマークした。

WEC上海FP2:ジネッタ6号車がセッション初トップ。トヨタ8号車が僅差で続く

WEC第3戦上海のフリー走行2回目は、チームLNTのジネッタ6号車がトップタイムをマークした。

WEC上海:レベリオンがFP1首位。重いハンデ背負うトヨタ勢は1.3秒以上の遅れ

WEC第3戦上海4時間レースのフリー走行1回目が行われ、レベリオン・レーシングの1号車がトップとなった。

トヨタ、WEC上海でプライベーターの逆襲予想。”今度こそ”レベリオンが壁に?

トヨタは、来月のWEC上海4時間レースで、LMP1プライベーターチームからの”真の挑戦”に直面すると主張している。

トヨタ、WEC上海は1周2.74秒の足枷。ハンディキャップがさらに厳しく

トヨタTS050 HYBRIDは、WEC第3戦上海で1周あたり2.74秒ものハンディキャップを背負うこととなった。

これがF2王者の実力! 驚速ペースでLMP2クラス優勝のデ・フリーズ「夢のようだ」

レーシング・チーム・ネダーランドのニック・デ・フリーズは、富士6時間レースのLMP2クラスで優勝できたことを、夢のようだと表現した。

ケイ・コッツォリーノ、“エース兼コーチ”としてチームに貢献「意外と楽しい」

MRレーシングのケイ・コッツォリーノは、チームにおける自身の“エースドライバー兼コーチ”という役割を楽しんでいると語った。

“エキサイティング”ではなかったけど……ハートレー「トヨタの母国で勝てて嬉しい」

ブレンドン・ハートレーは、TOYOTA GAZOO Racingで初優勝を挙げられたことは素直に嬉しいと語った。

山下健太、母国凱旋レースで速さをアピール「歯車が噛み合い、トップ争いができた」

WECのLMP2クラスを戦うハイクラスレーシング33号車の山下健太は、富士戦のレース内容に非常に満足していると語った。

トヨタ7号車、僚友8号車から33秒差の2位。小林可夢偉「ハンディが大きすぎた」

WEC富士で2位に終わったトヨタ7号車の小林可夢偉は、優勝した8号車から33秒差という結果はハンディキャップを考えれば上出来だと語った。

WEC富士決勝:トヨタ8号車、ハンデ跳ね除け母国優勝。7号車とワンツー

WEC第2戦富士6時間レースの決勝は、8号車トヨタTS050 HYBRIDがポール・トゥ・ウィンを達成した。

トヨタ、厳しい”ハンデ”に直面。開幕ウイナー7号車の母国優勝は難しい?

トヨタ7号車の小林可夢偉は、今季からWECのLMP1クラスに導入されたサクセス・ハンディキャップが厳しく、レースに勝つチャンスはほとんどないと語った。

トヨタ8号車の中嶋一貴、ポール獲得に安堵「正直少し心配だった」

WEC第2戦富士でポールポジションを獲得したトヨタ8号車の中嶋一貴は、他のLMP1マシンの逆襲を少し心配していたようだ。

WEC富士予選:トヨタ8号車がポールポジション獲得。7号車は辛くも2番手死守

WEC第2戦富士6時間レースの公式予選が行われた。総合ポールポジションはTOYOTA GAZOO Racingの8号車だった。

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。