フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
2,214 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

motogp News and Analysis

グリッド
リスト

Moto3から飛び級で最高峰クラスへ……周囲からは疑問の声も「迷いはなかった」とダリン・ビンダー

RNFレーシングから2022年にMotoGPクラス昇格が決まったダリン・ビンダー。彼はMoto3からの飛び級での契約を、悩むようなことはなかったと語った。

マルケス「2日目までの天候不良が勝利の鍵だった」2019年以来の右回りコース優勝に喜び

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、MotoGPエミリア・ロマーニャGPで、右腕骨折後に初めて右回りのサーキットで優勝を果たした。彼によると、金曜日と土曜日に雨が降ったことが鍵だったという。

感情むき出しのクアルタラロ、昨年からは一変「冷静さがタイトルをもたらした」

新たなMotoGP世界王者となったヤマハのファビオ・クアルタラロは、第6戦イタリアGPでの優勝で得た自信がタイトル獲得に向けた“キーポイント”になったとし、冷静さを保ち続けた今シーズンを振り返った。

逆転タイトル目指すも届かなかったバニャイヤ「優勝か転倒しかなかった」

ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤはタイトル争いを賭け、優勝を目前にして転倒リタイヤしたことについて失望したとするも、優勝か転倒のどちらかにしかならなかったと認めた。

【ギャラリー】ファビオ・クアルタラロ、フランス人初のMotoGP王者に!

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPで、2021年シーズンのチャンピオンに輝いたヤマハのファビオ・クアルタラロ。フォトギャラリーで彼のタイトル獲得の瞬間をチェック。

新王者クアルタラロ、タイトル争いの重圧に「朝はご飯も喉を通らなかった……」

2021年のMotoGP王者に輝いたファビオ・クアルタラロ。彼はエミリア・ロマーニャGPの決勝前には、食事を摂るにも苦労するほどだったと明かした。

クアルタラロ、初タイトル獲得も「語る言葉がない!」世界王者の実感はこれからか

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPで、2021年シーズンのチャンピオンに輝いたファビオ・クアルタラロ。彼はMotoGPチャンピオンとなった喜びは「言い表せない」と語っている。

MotoGPエミリア・ロマーニャ決勝:新王者クアルタラロ誕生! バニャイヤ優勝目前もまさかの転倒&マルケス優勝

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースが行なわれ、レプソル・ホンダのマルク・マルケスが今季3勝目を達成した。

【リザルト】MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP|ファビオ・クアルタラロ、2021年チャンピオンに決定!

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP決勝が行なわれ、マルク・マルケスが優勝。またヤマハのファビオ・クアルタラロの2021年シーズンチャンピオンが決定した。

Moto2エミリア・ロマーニャ決勝:フェルナンデス、タイトル争いに手痛い転倒ノーポイント。優勝はサム・ロウズ

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPのMoto2クラス決勝が行なわれた。優勝はサム・ロウズだった。

マルケス、引退する”宿敵”ロッシに贈る言葉「彼のMotoGPでの功績は唯一無二」 エミリア・ロマーニャGP
ビデオ・インサイド

マルケス、引退する”宿敵”ロッシに贈る言葉「彼のMotoGPでの功績は唯一無二」

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは宿敵バレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)のキャリア最後となるホームレースを前に、ロッシがしてきたことは他にない格別なものであると語った。

Moto3エミリア・ロマーニャ決勝:フォッジア優勝、タイトル争い更に僅差に。日本勢は佐々木が8位

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPのMoto3クラス決勝が行なわれた。デニス・フォッジアが優勝し、タイトル争いのポイント差を縮めることに成功した。

参戦年齢引き上げに対しMotoGPライダー達がコメント、ロッシ「全ての問題を解決するとは思わない」

バレンティーノ・ロッシはMoto3やMoto2クラスの参戦可能年齢が18歳に引き上げられたことに対し、大きな違いだとするも根本的な問題は今のライディングスタンダードにあると語った。

クアルタラロ、予選Q1敗退はタイトル争いが影響? 「無意識のうちにリスクを避けていた」

MotoGPエミリア・ロマーニャGPの予選で苦戦したファビオ・クアルタラロだが、彼はウエットパッチの残る難しいコンディションに対して“無意識”にリスクを負わないようにしていたのだろうと語っている。

バニャイヤ、“ライバル”クアルタラロの苦戦もアプローチ不変「唯一できることは、明日勝つことだけ」

ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤは、エミリア・ロマーニャGPでポールポジションを獲得。下位に沈んだタイトル争いのライバルであるファビオ・クアルタラロとは対照的だが、レースへのアプローチは変わらないと語った。

マルケス、予選で“ラッキー”な転倒回避も「あの後自信を失ってしまった……」

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、MotoGPエミリア・ロマーニャGP予選では、序盤に転倒しかけて“幸運”にもセーブできた後、プッシュする自信を失ってしまったと語っている。

MotoGPエミリア・ロマーニャ予選:チャンピオン決定阻止を目指すバニャイヤがポールポジション! クアルタラロQ1敗退

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPの予選が行なわれた。ポール・ポジションを獲得したのは、ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤだった。

Moto2エミリア・ロマーニャ予選:ロウズが今季6回目PP獲得。小椋藍は転倒影響しQ2最後尾18番手

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPのMoto2クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのは、サム・ロウズだった。

【リザルト】MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP 予選タイム結果

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPの予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはフランチェスコ・バニャイヤだった。

Moto3エミリア・ロマーニャ予選:アントネッリ、ウエット路面で躍動しPP。日本勢は佐々木10番手が最上位

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのは、ニッコロ・アントネッリだった。

ドゥカティ、バニャイヤ援護のチームオーダーは無し? 「何も決まっていない」とジャック・ミラー

逆転タイトル獲得の可能性が残っているフランチェスコ・バニャイヤについて、第16戦エミリア・ロマーニャGPでチームオーダーを行なうかどうかの話し合いは行なわれていないとチームメイトのジャック・ミラーが語った。

MotoGPエミリアロマーニャFP3:王座争うクアルタラロとバニャイヤ、揃ってQ1行き。トップはザルコ

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPのフリー走行3回目が行なわれた。このセッションをトップで終えたのは、ヨハン・ザルコだった。

初日23番手の中上貴晶「厳しいセッションだった。ドライに向けて準備をしたい」

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP初日をLCRホンダの中上貴晶は23番手タイムと苦戦。天候回復の予想される2日目以降に向けて準備を進めたいと話した。

クアルタラロ、初日16番手も苦手“ウエット”の改善に満足「大きく前進できている」

ヤマハのファビオ・クアルタラロは、MotoGPエミリア・ロマーニャGP初日の走行を16番手で終えたが、それでも雨の中での走りに大きな進歩があったと語っている。

FIM、若手ライダーの事故死多発を受け参戦可能年齢を引き上げ。Moto2&Moto3は18歳以上に

国際モーターサイクリズム連盟は、今年立て続けに発生した若手ライダーの事故死を受け、ロードレース世界選手権を含む各カテゴリーの年齢制限引き上げを決定した。

MotoGPエミリアロマーニャFP2:ジャック・ミラー、濡れた路面で速さ際立つ。クアルタラロ苦戦16番手

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPのフリー走行2回目が行なわれた。トップタイムを記録したのはジャック・ミラーだった。

クアルタラロの戴冠阻むべく……バニャイヤ「全力で挑まなければ。まだチャンスは有る」

ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤは、エミリア・ロマーニャGPではタイトル獲得の望みをつなげるために“全力”で挑むとしているが、今シーズンはタイトルに挑む年では無かったとも語っている。

MotoGPエミリアロマーニャFP1:雨のミサノ、ザルコがトップタイム。戴冠かかるクアルタラロは18番手

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPのフリー走行1回目が行なわれた。トップタムはプラマックのヨハン・ザルコだった。

クアルタラロ「シーズン序盤のようにやっていかないと」エミリア・ロマーニャGPでタイトル決定なるか

ヤマハのファビオ・クアルタラロは、自身のチャンピオン確定の可能性があるエミリア・ロマーニャGPに向けては、“シーズン初めのような”アプローチで挑まなければならないと語った。

マルク・マルケス「怪我からの回復が“遅すぎる”」右回りのミサノではトップ5が目標に

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、今季ここまで2勝を挙げているものの、昨年の骨折した右腕の回復具合については「遅すぎる」と考えているようだ。

ヤマハ、RNFレーシングとサテライト契約を締結。”飛び級”昇格のダリン・ビンダーを起用

ヤマハは2022年シーズンに向けて、ペトロナス・ヤマハSRTの後継チームであるRNFレーシングと新たに契約を締結したことを発表。ふたり目のライダーとしてダリン・ビンダーが起用されることも合わせて公表された。

ドゥカティ、2023年からMotoEへマシン供給開始へ。2026年までの4年契約

電動バイクレースのMotoEは、エネルジカによるマシン供給が2022年限りで終了する。そして2023年からはドゥカティがマシンを供給することが発表された。

タイトル王手のクアルタラロ、エミリア・ロマーニャGPは「“スマート”に戦いたい」

MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPでは、ヤマハのファビオ・クアルタラロがタイトルに王手をかけた状態で挑む。クアルタラロはこのレースを“スマートに”戦いたいと話している。

バレンティーノ・ロッシ、ついに最後の母国戦。「特別なレースになる。ファンに楽しんでもらいたい」

ペトロナス・ヤマハSRTのバレンティーノ・ロッシは、現役最後の母国戦となるMotoGPエミリア・ロマーニャGPに向けて、特別なレースをファンにも楽しんでもらいたいと語っている。

WGP王者ドゥーハン、今季のクアルタラロに太鼓判「彼が新しい“時代の寵児”だ」

WGP500cc王者のミック・ドゥーハンは、2021年シーズンをリードしているファビオ・クアルタラロについて、苦しんだ2020年の戦いから成長し、今では他を寄せ付けていないと語っている。

MotoGPでメカニックのPCR検査偽造が発覚。エスポンソラマは当該人物を解雇へ

MotoGPに参戦するエスポンソラマは、新型コロナウイルスのPCR検査結果を偽装が発覚したメカニックとの契約を終了したことが分かった。

F1とMotoGP、2022年は全10レースが日程重複。両カテゴリーのファンには嬉しい悲鳴?

2022年シーズンのF1とMotoGPそれぞれの開催カレンダーが公開された。来シーズンは全部で10レースの日程が重なっており、両カテゴリーのファンにとっては忙しい週末が多くなりそうだ。

マルク・マルケスはかつての”最強”を取り戻せるのか? “ニューノーマル”に適応が求められるワケ

2020年に右腕骨折の怪我を負ったマルク・マルケス。彼はアメリカズGPで復帰後2勝目を挙げるなど、調子を取り戻しているように見える。しかしチャンピオンシップを支配したかつての強さを本当に取り戻せるのだろうか?

レイ、ロッシの”MotoGP参戦のチャンス無く残念”とのコメントに喜び「でもそれも人生」

WSBKチャンピオンのジョナサン・レイは、バレンティーノ・ロッシが『レイにMotoGP挑戦の良いチャンスが無かったことは残念』と語ったことについて、「偉大なライダーにこうしたコメントを貰うことは、本当に嬉しい」と語った。

KTM、中期的にはMotoGPで3チーム目も模索? ドゥカティの勢力拡大には警戒感も

KTMは、ドゥカティがMotoGPクラスにおける勢力を拡大していることや、若手ライダーの受け皿が必要なこともあり、中長期的には勢力を3チーム6台に拡大する可能性もあると考えているようだ。

ラズガットリオグル、2023年MotoGP転向はある? 「ファクトリーマシンや良い契約が必要」

スーパーバイク世界選手権に参戦中のトプラク・ラズガットリオグルには、これまで何度かMotoGP転向の噂が出ているが、彼は転向する場合には、ファクトリーマシンが使用できることや、良い契約がなければならないと語った。

F1カタールGP開催、MotoGPにとっては悪いニュース? 「何もかもを破壊されてしまう」とライダー悲観

F1は新型コロナウイルスによるカレンダー変更をきっかけに、カタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで2021年のグランプリ開催と、2023年以降の長期契約を締結した。しかし、以前から同地でレースが開催されてきたMotoGPのライダーからは、F1を開催することを否定的に見る向きもある。

事故続く若手ライダーにドヴィツィオーゾが苦言「アグレッシブさがタイトルをもたらすわけじゃない」

アンドレア・ドヴィツィオーゾは事故が続いている小排気量クラスの状況について「アグレッシブすぎるライディングはタイトルをもたらさない」ことを理解すべきだと語った。

ロッシ「ジョナサン・レイにMotoGP参戦のいいチャンスがなかったのは残念」

バレンティーノ・ロッシはスーパーバイク世界選手権で6度タイトルを獲得しているジョナサン・レイが、MotoGPでの良いチャンスを得られなかったことは残念だと語った。

バスティアニーニ「“一端”のMotoGPライダーになった感じ」2年落ちマシンで3位獲得など進化中

エスポンソラマのエネア・バスティアニーニは、MotoGP2021年シーズンの後半戦に入りパフォーマンスを上げてきたが、彼本人としても“一端”のMotoGPライダーだと感じられるようになってきたという。

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:COTAのバンプ問題とフィジカルに悩まされた1戦。高い目標にもはや7位は満足できず

MotoGP第15戦アメリカズGPで、Moto2クラスの小椋藍は7位シングルフィニッシュをマーク。しかし小椋は「あまりいい日曜日ではなかった」としており、サーキットへの適応や犯したミスなどを冷静に分析している。

マルケス、7月に事故死したウーゴ・ミリャン・ガルシアの家族へアラゴンGPのトロフィーを寄贈

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、MotoGPアラゴンGPで獲得した2位のトロフィーを、今年7月に弱冠14歳の若さでレース中に事故死したウーゴ・ミリャン・ガルシアの家族へ寄贈。その際のコメントが公表された。

モンスターエナジー『ロッシ缶』が日本再上陸。10月12日から全国で発売

アサヒ飲料株式会社は10月12日(火)から、MotoGPのレジェンドライダーであるバレンティーノ・ロッシとコラボレーションしたモンスターエナジーを発売する。

マルティン、ショートカットへのペナルティに不満「アンフェアで無意味だった」

ホルヘ・マルティンはMotoGPアメリカズGPでショートカットに対するペナルティを受けているが、レースディレクションの裁定は不当なものだと憤りを示している。

MotoGP、2022年は史上最長21戦で予定中。通常スケジュールでインドネシアやフィンランド新規開催

MotoGP2022年シーズンの開催カレンダーは、これまでで最長となる全21戦を予定していることが新たに判明した。

クアルタラロに“王手”かけられたバニャイヤ「僕はただトライしていくだけ……諦めない」

ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤは、タイトル争いでファビオ・クアルタラロに王手をかけられてしまった。ただ彼は残る3レースでタイトル獲得の望みをつなぐために、クアルタラロに対して”捨て身”のアグレッシブすぎる戦いをするつもりはないという。

クアルタラロ、遂にタイトル王手。次戦ミサノでは「普段と同じアプローチでやりたい」

ヤマハのファビオ・クアルタラロはMotoGPアメリカズGPで2位を獲得したことで、タイトルに王手をかけることとなった。ただ次戦でのタイトル獲得にこだわることなく、上を目指していきたいと語った。

リンス、アメリカ戦4位入賞の裏で「バンピーな路面と戦い、生き残りを図っていた」

スズキのアレックス・リンスは、非常にバンピーな路面のMotoGP第15戦アメリカズGPでは、シンプルに“生き残ることを図る”ことに集中していたと語っている。

ロッシ、最後のアメリカ戦は15位入賞「肉体的には過去イチ級にキツかった」

バレンティーノ・ロッシは15位に終わったMotoGPアメリカズGPを振り返ると、肉体的に厳しいレースであり、これまででも最も厳しいレースのひとつだったと語った。

8位に降着のジョアン・ミル、ペナルティに納得できず「こんなの、レースの本質が失われてしまう」

スズキのジョアン・ミルは、MotoGPアメリカズGPでジャック・ミラーと接触してペナルティを受け、8位に終わったがペナルティには納得できていないようだ。

Moto3であわや大惨事のクラッシュ。危険なライディングと運営判断にMotoGPライダーからも苦言

バレンティーノ・ロッシは、Moto3のレースで大事故を引き起こしたデニス・オンジュに厳しい罰則が与えられたことに賛同したが、その直前の事故で赤旗が出された後にリスタートが切られたことには批判的な姿勢を見せた。

ホルヘ・マルティン、心拍数が驚異の毎分200回! 「良いエンジン付いてるからね」

プラマックのホルヘ・マルティンはMotoGPアメリカズGP予選中に、心拍数が200に迫る状態を記録し、周囲を驚かせた。

危険路面に不満爆発のアメリカズGP、ライダーのレース短縮要求は“真剣”に取り合われなかった?

MotoGPアメリカズGPの開催にあたっては、路面状況の安全性を巡ってライダーたちから懸念が出ていた。ダニーロ・ペトルッチによると主催者側は、ライダーたちの“レース短縮”という提案に真剣に取り合ってくれなかったと感じられたと不満を漏らした。

マルク・マルケス、COTAで独走7勝目は「全てが僕の思い通りに進んだ」

MotoGP第15戦アメリカズGPで今シーズン2勝目を挙げたマルク・マルケス。彼は全てが思い通りに進んだレースだったと振り返っている。

中上貴晶、アメリカズGPは2列目発進も転倒に泣く。原因はやはり“バンプ”

MotoGPアメリカズGPで17位に終わった中上貴晶は、序盤の転倒がなければ表彰台を争うことができていたはずだと語った。