フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

motogp News and Analysis

グリッド
リスト

勢いなくす日本メーカー、あのバレンティーノ・ロッシも心配? 「ヤマハとホンダは選択を迫られている」

MotoGP2022年シーズンを最後にスズキが撤退したが、チームマネージャーを務めていたダビデ・ブリビオや、レジェンドライダーのバレンティーノ・ロッシはヤマハとホンダという残る日本メーカーの動向を心配している。

ラインナップ刷新のKTM、初テスト終えたミラーの適応に「ワクワク」2023年に向けて士気アップ?

KTMは2023年シーズンから陣営へ新たにジャック・ミラーとポル・エスパルガロが加入する。チーム側は、バレンシアテストでのふたりの走りに”興奮”させられたと語った。

まるで人間コンピュータ! ケーシー・ストーナーの”神業”が今の強いドゥカティを生んだ?

2007年、ドゥカティでMotoGP王者に輝いたケーシー・ストーナーは、スロットルコントロールと燃料消費を、当時使用できた電子機器よりもうまく管理していたと元クルーチーフは語った。

ホンダは「時間とお金を無駄にした」……チームを離れるポル・エスパルガロ、不満とまらず

来季ガスガスに移籍するポル・エスパルガロは、シーズン途中に新パーツを与えなくなったホンダに対し、時間とお金を無駄にしていたと不満をこぼした。

“ロッシの弟”にもうプレッシャーは無し……ルカ・マリーニ「時代も違うし、比較は不可能だからね」

MotoGPライダーのルカ・マリーニは、レジェンドライダーであるバレンティーノ・ロッシを兄に持つが、そのことであまり多くのプレッシャーは感じていないという。

ロッシさん家で今年も耐久レース! 王者バニャイヤ、リンスやドヴィツィオーゾら豪華面子も参加しダートコース駆ける

MotoGPレジェンドのバレンティーノ・ロッシが私設コースで主催する、耐久レースイベントが開催。MotoGPライダーら豪華メンバーも多数参加し、ダートコースで二人一組のレースに興じた。

ダニーロ・ペトルッチ、2023年WSBK参戦が決定。今年はダカール、MotoAmerica、スズキMotoGP代役と大活躍

元MotoGPライダーのダニーロ・ペトルッチは2023年シーズンからスーパーバイク世界選手権に参戦することが決まった。

マルク・マルケス復活への旅路に、Amazonが密着。ドキュメンタリー『オールイン』が2月に公開へ

マルク・マルケスの怪我からの復活を描いた新しいドキュメンタリー『オールイン』が、2月にアマゾンプライムで公開される。

スプリント導入のMotoGP、スタッフの負担は限界に? テック3代表は”エキサイト”期待も同時に懸念

MotoGPは2023年シーズンからレースフォーマットを大きく変更し、スプリントレースを実施する。ただ、年間42レースという開催数によってチームスタッフは限界に達するだろうと、テック3代表のエルベ・ポンシャラルは語っている。

カタールで開幕したFIFAワールドカップ。サウジが大金星挙げたルサイルは”ロサイル”としてモータースポーツファンにもお馴染み

サッカーのFIFAワールドカップが始まり、サウジアラビア代表や日本代表が優勝候補を破る大金星を上げている。サウジ対アルゼンチンの試合が行なわれたルサイルは、モータースポーツファンにはロサイルとして馴染み深い土地だ。

ヤマハ、いよいよ尻に火がついた? クラッチロー「見たこと無いほど懸命に開発している」

カル・クラッチローはヤマハが2022年に苦しんだあと、2023年シーズンに向けて開発を“これまでに見たことがない”ほど、ハードに取り組んでいると語った。

KTM、ヘレスで2023年に向けたプライベートテスト実施。アコスタのMotoGPマシンテストは悪天候で中止に

KTMはヘレス・サーキットでプライベートテストを実施し、ダニ・ペドロサがマシン開発に取り組んだ。一方で悪天候のため、ペドロ・アコスタのMotoGPマシンのテストは取りやめとなってしまった。

アプリリア、2023年に向け本気! トヨタF1も使った風洞で試験&プライベートテスト終え冬の開発期間へ

MotoGPは2022年シーズンが終わり、各チームは来年春の開幕に向けて新マシンの準備を進めている。中でもアプリリアは、トヨタF1でも使用された風洞で空力試験を行なうなど、積極的な開発姿勢を示している。

ホンダ・レーシング・サンクスデー、開催内容の詳細が公開。F1”ありがとう号”走行予定とホンダが認める

モビリティリゾートもてぎで11月27日に開催されるHonda Racing THANKS DAY 2022の開催内容が公開された。

ファン層に変化はあるか。ホンダモビリティランドが振り返るふたつの日本GP……3年ぶりのF1&MotoGP開催で見えた傾向

9月にモビリティリゾートもてぎで行なわれたMotoGP日本GPと10月に鈴鹿サーキットで行なわれたF1日本GP。どちらも新型コロナウイルスの影響により2019年以来3年ぶりの開催となったが、集まった観客の内訳を覗いてみると、それぞれでこの3年間で見えてこなかったモノが見えてきた。

KTM離脱のオリベイラ、4年で5勝も「望んでいたことが達成できなかった」

ミゲル・オリベイラは2023年にRNFへ移籍するが、KTMでは良い点もありつつ、結果の面で望んだようなことができなかったと振り返っている。

長島哲太、今度はレクオナ代役でWSBK参戦が決定。「SBKデビューにやるき満々です!」

HRCテストライダーの長島哲太は、スーパーバイク世界選手権(WSBK)最終戦フィリップアイランドで、負傷欠場中のイケル・レクオナの代役としてWSBKに参戦する。

新MotoGP王者バニャイヤ、チャンピオンナンバー『1』使うかはまだ不明。プレッシャーも懸念?

MotoGP2022年シーズンのチャンピオンとなったフランチェスコ・バニャイヤだが、来年チャンピオンナンバーの『1』を使用するかどうかはまだ決めていないという。

アプリリア乗り換え組、脱KTMは大成功か!? 「これほど早く適応するとは」とチームも驚き

MotoGP2023年シーズンに向けた最初のテストがバレンシアで行なわれた。KTMからアプリリアへの移籍となったミゲル・オリベイラとラウル・フェルナンデスは、マシン乗り換えを順調にこなしているようだった。

ジャック・ミラー、KTMへの適応は予想より早く・楽! 「最初からかなり良い感じだった」

ジャック・ミラーはバレンシアテストでKTM・RC16の初ライドを完了。マシンへの適応も予想より早く、かつ簡単で良い1日になったと語った。

マルケス弟のドゥカティ移籍は大成功!? 初乗りからホンダ時代と遜色無しタイム「ドゥカティのサポートに驚き」とも

ホンダを離れドゥカティ陣営へ移籍したアレックス・マルケスは、初めてのテストを終えて、非常にポジティブな感触を覚えたという。

RB16BとRC213Vが走る! ホンダ・レーシング サンクスデー2022、四輪と二輪最高峰が共演へ

11月27日に開催予定のホンダ・レーシング・サンクスデー2022において、レッドブルとアルファタウリのF1マシンとMotoGPマシンの走行が行なわれることが明かされた。

ドゥカティ、15年ぶり王座で『ロッシ負の遺産』からついに脱却「”信頼”を再確立するのは容易ではなかった」

ドゥカティのスポーティングディレクターを務めるパオロ・チアバッティは15年ぶりのタイトル獲得を振り返り、バレンティーノ・ロッシ時代の”傷跡”もあり簡単なものではなかったと話した。

マルケス、レプソルの再生可能燃料テストを実施。「高回転でも良いフィーリング」MotoGPは2024年に導入予定

マルク・マルケスは、MotoGPが2024年から目指している再生可能燃料の使用に先駆けて、レプソル製のバイオ燃料テストを行なった。

”現役ベスト”のMotoGPライダーはクアルタラロ? クラッチローが太鼓判「ヤマハのバイクで同じことができる者はいない」

カル・クラッチローは、グリッド上で最高のライダーはヤマハのファビオ・クアルタラロであり、ヤマハのバイクで彼が成し遂げたことは他の誰にもできないと考えている。

MotoGPコラム|日本人チャンピオンの“夢”、2023年こそ! 21歳の<好漢>小椋藍、転倒敗戦も「必ず報われるはず」と青山監督

全20戦と史上最多のレース数で行なわれたMotoGP2022年シーズンが閉幕した。Moto2クラスでは日本人ライダーの小椋藍がタイトル争いを繰り広げ、最終戦バレンシアGPも大注目の一戦となった。結果は転倒による敗北とはなったものの、最後まで攻めの姿勢を崩さなかった小椋の姿を追った。

マルケス、スズキから新加入のリンスとミルに”助言”「ホンダでは、クラッシュとの共存が必要」

マルク・マルケスは、スズキからホンダの陣営に加わるアレックス・リンスとジョアン・ミルについて、クラッシュを経験しながら新しいバイクに馴染まなければならないと語った。

マルケス、テスト結果はイマイチ? 期待を超えられず「今のバイクじゃタイトルは争えない」

マルク・マルケスは、ホンダがバレンシアのポストシーズンテストに持ち込んだバイクでは、2023年のタイトルを争うことはできないと語った。

ヤマハの新エンジンには、期待通りのパワーがない? クアルタラロ困惑「以前は変化を感じられたのに」

ヤマハのファビオ・クアルタラロは、バレンシアGP後に行なわれたポストシーズンテストに持ち込まれた新エンジンが、期待通りのパフォーマンスを発揮していないと語った。

ロッシの弟子からMotoGP王者がついに誕生。バニャイヤの戴冠にはアカデミーが”必須”だった?

MotoGPの新チャンピオンとなったフランチェスコ・バニャイヤ。彼はバレンティーノ・ロッシのVR46アカデミーが、タイトル獲得の助けになったと語っている。

MotoGP最終戦から中1日、バレンシアで2023年シーズンに向けたテストが早速実施。マリーニがトップタイムを記録

リカルド・トルモ・サーキットでMotoGPのポストシーズンテストが行なわれ、VR46のルカ・マリーニがトップタイムを記録した。

スズキ「GSX1100S KATANA&GSX750S」が歴史遺産車に選定。日本刀モチーフで新ジャンル切り開く

2022年11月8日、スズキの大型二輪車である「GSX1100S KATANA」と「GSX750S」の2車種が特定非営利活動法人日本自動車殿堂による『歴史遺産車』に選定された。

ジョアン・ミル、今もスズキのMotoGP撤退を理解できず「MotoGP以上の宣伝ツールはないのに……」

ジョアン・ミルは、スズキがMotoGPを去るという決定をいまだ理解できておらず、MotoGPがスズキに与えたものを再現することは「いかなる宣伝活動にも」できないと述べている。

マルケス「転倒はブレーキングで攻めすぎたのが原因」関心は2023年型マシンのテストへ

マルク・マルケスはMotoGPバレンシアGPで転倒を喫してしまったが、彼はトルク面で苦戦しており、ブレーキングで攻めたことが転倒の原因だと説明している。

アレイシ・エスパルガロ、リタイアでランキング3位逃し落胆「キャリア最悪の日だった」

MotoGP2022年最終戦バレンシアGPをマシントラブルからリタイアで終えたアレイシ・エスパルガロは、「キャリアでも最悪の1日だ」と振り返った。

KTMビンダー、最終戦追い上げ見せ2位「リンスにはちょっと届かなかった」

KTMのブラッド・ビンダーは、MotoGPバレンシアGPで終盤に追い上げを見せて2位表彰台を獲得したが、優勝したアレックス・リンスには「あとほんの少し届かなかった」と振り返った。

マルティン、最終戦バレンシア3位で2022年締めくくる「来年はバニャイヤと争いたい」

ホルヘ・マルティンは、MotoGPの2022年シーズン最終戦バレンシアGPを3位でフィニッシュ。来シーズンも引き続きプラマックから参戦するが、フランチェスコ・バニャイヤとタイトルを争いたいと語った。

スズキ、リンス優勝で有終の美飾る。プロジェクト率いた佐原伸一「ファンの皆さんの支えがあったからこそ」

2022年MotoGP最終戦バレンシアGPを最後に、スズキは同シリーズの参戦を終了。アレックス・リンスが有終の美を飾る勝利を持ち帰った。チームを率いてきた佐原伸一は「ファンの支えがあったからこそだ」と語っている。

クアルタラロ、MotoGP王座陥落も「100%出し切れた」と一片の悔いなし。2023年のタイトル奪還に向け前を向く

ヤマハのファビオ・クアルタラロは、MotoGPのタイトル決定戦となったバレンシアGPで勝つチャンスはなかったものの、レースについては「後悔はゼロ」だと振り返っている。

【ギャラリー】フランチェスコ・バニャイヤ、初MotoGPチャンピオンに! 15年ぶり王座にドゥカティ歓喜

MotoGP2022年シーズン最終戦バレンシアGPが行なわれ、ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤが今シーズンのチャンピオンに輝いた。ドゥカティとしては15年ぶりの王座となり、ライダーもチームも歓喜に包まれた。

「レース前にマシンとメカニックを見て泣いてしまった……」スズキ一筋リンス、花道飾るラストウィンに”二度泣き”

アレックス・リンスは、MotoGPから撤退するスズキのラストレースとなった最終戦バレンシアGPの決勝を前に「グリッド上で泣いていた」と明かした。

中上貴晶、復帰&今季最終戦は最後尾からポイント確保「3戦欠場していたので、素晴らしい結果」

2022年のMotoGP最終戦バレンシアGPを14位で終えた中上貴晶は、大きく順位を上げてのフィニッシュに満足している様子。ポストシーズンテストで来季に備えたいと話した。

【動画】全ライダーが主役。MotoGPの2022年シーズンを動画で振り返る

最終戦までタイトル争いが続いたMotoGPの2022年シーズン。ニューウィナーや若手の躍動……様々な出来事が起こった今季を動画で振り返る。

新MotoGP王者バニャイヤが振り返る戴冠への道。タイトル獲得の希望見失ったのは「シーズンで1時間だけ」

MotoGPの新世界チャンピオンに輝いたドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤはシーズンを振り返り、ランキング首位との差が91ptに開いたドイツGPの後「1時間だけ」、タイトル獲得への希望を見失ったと語っている。

「残念な終わり方になってしまった。また来年トライしたい」小椋藍、タイトル争い敗れる。来季14年ぶり日本人王者なるか

MotoGP最終戦バレンシアGPを転倒し、2022年をランキング2位で終えた小椋藍は「望んでいた終わり方では無かった」としつつも、飛躍的な進化を遂げた今シーズンは多くの学びがあったと1年を振り返った。

フランチェスコ・バニャイヤ、ストーナー以来のドゥカティチャンピオンに! リンス、優勝で撤退スズキに華|MotoGP最終戦バレンシアGP決勝

MotoGP2022年シーズン最終戦バレンシアGPの決勝レースが行なわれた。レース優勝を果たしたのはスズキのアレックス・リンス。ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤがチャンピオンを獲得した。

Moto2バレンシア決勝|白熱タイトル争い、小椋藍の転倒で決着。アウグスト・フェルナンデスが2022年王者に

MotoGP2022年シーズン最終戦バレンシアGPが行なわれた。Moto2クラスではペドロ・アコスタが勝利。チャンピオンにはアウグスト・フェルナンデスが輝いた。

小椋藍、最終戦バレンシア転倒で逆転チャンピオンを逃す。来季もMoto2継続参戦

MotoGP2022年シーズンの最終戦バレンシアGPが行われた。チャンピオンを争っていた小椋藍は、序盤に転倒を喫し逆転とはならなかった。

Moto3バレンシア決勝|王者ゲバラ、勝利で母国に錦。佐々木歩夢が年間ランキング4位に

MotoGP2022年最終戦バレンシアGPのMoto3クラス決勝が行なわれた。今年最後のレースで勝利したのは、イザン・ゲバラだった。

”5度目の正直”なるか? 3戦連続ポールから好結果を望むマルティン「僕は失敗から学ぶことができる」

MotoGP最終戦バレンシアGPで、ポールポジションを獲得したホルヘ・マルティン(プラマック)だが、優勝を目指す上で多くのライバルがいると予想している。

クアルタラロとマルケスは別格? クラッチロー「ライダーにもメーカーにも特別な影響を与えられる」

カル・クラッチローは2021年王者のファビオ・クアルタラロやMotoGPで6度王者のマルク・マルケスのふたりは、ライバルやメーカーに影響を与える存在であると評している。

2020王者ミル、初タイトル目前バニャイヤの内心予想「頭に“悪魔”が湧いて出てるだろうね」

ジョアン・ミルは、今季のタイトル獲得を目前としたフランチェスコ・バニャイヤの状況について、様々な考えが頭を駆け巡っているだろうと“経験者”として語った。

師匠ロッシ、初タイトル目指す弟子にエール「バニャイヤは普通の状態じゃない。それは当然」

MotoGPのレジェンドであるバレンティーノ・ロッシは、初タイトル獲得を目指して最終戦バレンシアGPに臨んでいるフランチェスコ・バニャイヤが”普通の状態”ではないと語った。

リンス「スズキでの最後のレースを素晴らしいものにしたい」予選5番手から6年間の締めくくりへ

アレックス・リンスは、スズキでのラストレースとなるMotoGP最終戦バレンシアGPを「素晴らしいレースにしたい」と語った。

小椋藍、日本人13年ぶり王者目指しラストレースへ「2列目は予想していなかったので嬉しい。全力を尽くします」

Moto2クラスでチャンピオンを争う小椋藍は、予選で5番グリッドを確保。ライバルのフェルナンデスには先を越されたが、良い仕事ができたと語っている。

中上貴晶、復帰後初の予選は21番手も、3グリッド降格「ラップタイムはトップ10にどんどん近づいている」

MotoGP最終戦バレンシアGPの予選で、LCRホンダの中上貴晶は21番手タイムを記録。復帰後初戦ながら、上位とのペースを着実に縮めつつある。

マルケスもMotoGPタイトル決定戦にワクワク。崖っぷちクアルタラロが「接触してきても、気持ちは理解できる」

マルク・マルケスは、MotoGP最終戦バレンシアGP決勝でタイトル争いで窮地に立つファビオ・クアルタラロと接触することがあっても、その焦る気持ちは「理解できるだろう」と語っている。

最終戦、一番リラックスできるのは決勝レース? ランク首位バニャイヤ予選8番手「リスクを冒さず競争力をつけようとしていた」

MotoGPの最終戦バレンシアGPにポイントリーダーとして挑んでいるドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤは、決勝レースが今週末で最もストレスの少ないセッションになるかもしれないと語った。

どんな決着になろうとも……クアルタラロ、タイトル防衛に臨んだ今シーズンを「誇りに思う」

ヤマハのファビオ・クアルタラロは、最終戦バレンシアGPがどんな結末になろうとも、タイトル防衛に臨んだ今シーズンに満足していると語った。

Moto2バレンシア予選|小椋藍、予選はフェルナンデスに先行許し5番手。逆転王座なるか? PPはロペス

MotoGP最終戦バレンシアGPのMoto2クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのは、アロンソ・ロペスだった。