MotoGP
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベント 進行中 . . .
R
カタルニアGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
6 days
18 6月
-
21 6月
Canceled
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
69 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
76 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
90 days
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
104 days
R
アラゴンGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
119 days
02 10月
-
04 10月
次のセッションまで……
126 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
139 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
147 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
153 days
R
アメリカズGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
168 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
次のセッションまで……
175 days
R
バレンシアGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
182 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
2,496 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

クラッチロー「もう居場所がなかった」2014年ドゥカティ離脱の裏側語る

2014年にドゥカティとの契約を更新することを諦めたカル・クラッチローだが、自身の決断ではなく既にチームがアンドレア・イアンノーネと契約を結んでいたことが要因となったと明かした。

KTM、MotoGPマシンのテストを再開。エスパルガロとペドロサが走行

KTMは5月27日に、新型コロナウイルスのパンデミックによるシーズン中断以降、初めてMotoGPマシンによるテストを再開させた。

ジャック・ミラー、ドゥカティのファクトリーチーム昇格。チームメイトは発表なし

ドゥカティは、2021年のMotoGPファクトリーチームのライダーとして、ジャック・ミラーと契約を結んだことを発表した。

レディング、アプリリアでの冷遇を暴露。キャリアを台無しにした”空虚”な1年を語る

スコット・レディングは、MotoGPキャリア最後のシーズンとなったアプリリアで過ごした時間について、空虚だったと振り返った。

ロレンソリターンズ。MotoGPバーチャルレースで、引退した王者が復活へ

MotoGPのバーチャルレース第5ラウンドの出場者が発表。MotoGPクラスには昨年引退したホルヘ・ロレンソが出場することが決定し、更に日本人ライダーは中上貴晶を筆頭に計5名が参戦することになった。

進化を続けるレーシングウェア。“生体データ”が新たな次元へ押し上げる

今日では、F1をはじめとするモータースポーツのレーシングウェアに“バイオメトリクス”が導入されようとしている。その技術にはどんなものがあり、どんなメリットがあるのだろうか?

WSBK参戦のラズガットリオグル、MotoGPからも熱視線。ファクトリーチームなら転向も?

スーパーバイク世界選手権にヤマハから参戦するトプラク・ラズガットリオグルだが、彼のマネージャーはMotoGPのファクトリーチームからオファーがあれば転向もあり得ると語った。

プラマック・ドゥカティ、Moto2のマルティンに興味。ジャック・ミラー後任候補に

2021年にジャック・ミラーがプラマックからドゥカティファクトリーへ移籍すると見られているが、その後任を巡ってホルヘ・マルティンとエネア・バスティアニーニが有力候補として浮上している。

「リスクをとらせ、ミスを犯させろ!」唯一“勝った男”ロレンソの打倒マルケス術

マルク・マルケスがMotoGPクラスに参戦して以来、唯一タイトルを獲得した選手であるホルヘ・ロレンソ。現在ヤマハでテストライダーに就いているロレンソは、マルケスを破るために必要とされる要素について語った。

「ロレンソには敬意を払っている」ホンダ、ワイルドカード禁止巡る“疑惑”を否定

MotoGPのワイルドカード参戦禁止について、ホンダによる差し金だったとドゥカティのミケーレ・ピッロが憶測を語っていたが、レプソル・ホンダのチームマネージャーはそれを強く否定した。

短くなるMotoGP、過度なリスクはご法度に。マルケス兄、転倒減らせる?

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、短縮されるであろうMotoGP2020年シーズンにおいては、怪我というリスクが大きなものとなるだろうと語った。

マルケス兄弟、バイクトレーニング再開。丸2ヵ月ぶりのモトクロスに笑顔
ビデオ・インサイド

マルケス兄弟、バイクトレーニング再開。丸2ヵ月ぶりのモトクロスに笑顔

スペインで新型コロナウイルスによる規制が一部緩和されたことにより、マルク・マルケスとアレックス・マルケスはトレーニングを再開。ダートトラックで丸2ヵ月ぶりにバイクに乗る姿を見せた。

ミラー、ドゥカティファクトリー入り? プラマック代表が契約間近と示唆

プラマック・ドゥカティのボス、フランチェスコ・グイドッティはジャック・ミラーが2021年にドゥカティファクトリーチームに加入するだろうと予想している。

「ヤマハ離脱の決定は正しかった」ロレンソ、変化望んだ2016年の“分かれ道”

ホルヘ・ロレンソは、グランプリキャリアの過去数年をもう一度やり直せる場合でも、2016年を最後にヤマハを離脱する決定は変わらなかっただろうと考えている。

ワイルドカード禁止はホンダの差し金? ロレンソ“復帰”を嫌ったとの憶測も

ドゥカティのテストライダーであるミケーレ・ピッロは、MotoGPが今季のワイルドカード参戦を禁止したことについて、ホンダがホルヘ・ロレンソがヤマハから出走することを望んでいないことと関係しているのではないかと述べた。

変則シーズンのMotoGP、マルケス弟にホンダワークスの重圧がのしかかる?

アレックス・マルケスは、今季加入したレプソル・ホンダにふさわしいライダーだと証明する時間が限られていることを心配していると明かした。

MotoGP、アジア転戦は無観客なら開催不可!? 日本GPも影響避けられず

ドルナ・スポーツCEOのカルメロ・エスペレータはMotoGP2020年シーズン再開後に、アジアラウンドを無観客で行なうことは難しいという考えを示した。

あれから8年。MotoGP最大の“IF”を残したケーシー・ストーナーの引退

2012年の5月17日、MotoGP王者のケーシー・ストーナーは「現役を引退する」という衝撃の決定を下した。それは2013年に“究極の”ドリームチームを結成するというホンダの夢を打ち砕いた瞬間だった。

ドヴィツィオーゾ、KTM移籍にも現実味? ドゥカティとの契約交渉は”停滞中”

2021年に向けたドゥカティとアンドレア・ドヴィツィオーゾの契約は停滞中だと、ドヴィツィオーゾのマネージャーが認めた。

KTM、アプリリアのエンジン開発継続に反対「我々は約束を守る」

アプリリアとKTMは6月末までエンジン開発を継続できる特別な許可が出たが、KTMは開幕戦仕様の設計から変更を施す予定はないと明かした。

MotoGPバーチャル・ミサノ:アレックス・マルケスが兄下し2勝目。ロッシ地元表彰台

MotoGPのバーチャルレース第4ラウンドが行なわれた。レースではマルク・マルケスとアレックス・マルケスの兄弟バトルを弟のアレックスが僅差で兄を破って勝利した。

フェラーリF1の力を使うアプリリア。元エンジン開発責任者と新型V4開発に挑む

MotoGPに参戦するアプリリアは、新型マシンRS GP20のエンジン開発を、F1のフェラーリやトヨタでエンジン部門の責任者を務めていたエンジニアのルカ・マルモリーニと協力して推し進めている。

アプリリアとKTM、凍結されているエンジン開発を特別許可。6月末までの期限付き

MotoGPに参戦するKTMとアプリリアは、凍結されることになったエンジン開発を6月末までは特別に行なえることになった。

ロレンソのレース“復帰”は白紙に。MotoGPが今季のワイルドカード参戦禁止を発表

MotoGPが2020年シーズンのワイルドカード禁止を決めたため、ホルヘ・ロレンソが今季ヤマハからレースに復帰する計画は白紙となった。