フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
122 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

moto3 News and Analysis

グリッド
リスト

Moto3スペイン決勝:王座挑戦は間違いない? ルーキーのアコスタ驚異の3連勝。PPの鈴木は転倒リタイア

MotoGP第4戦スペインGPのMoto3クラス決勝が行なわれ、ルーキーのペドロ・アコスタが3連勝を達成した。

Moto3スペイン予選:鈴木竜生、”得意のヘレス”でポールポジションを獲得! 佐々木歩夢8番手

MotoGP第4戦スペインGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはSIC58 Squadra Corseの鈴木竜生だ。

Moto3スペイン初日:ロドリゴがトップタイム記録。日本勢は山中琉聖が5番手に食い込む

MotoGP第4戦スペインGPのMoto3クラス初日フリー走行が行なわれ、ガブリエル・ロドリゴが総合トップタイムをマークした。

Moto3ポルトガル決勝:アコスタ2連勝、16歳が才能“本物”をアピール。佐々木4位で表彰台逃す

MotoGP第3戦ポルトガルGPのMoto3クラス予選が行なわれた。優勝はペドロ・アコスタ(Red Bull KTM Ajo)だ。

Moto3ポルトガル予選:好調ミーニョがポール獲得。日本勢は佐々木歩夢10番手が最上位

MotoGP第3戦ポルトガルGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはアンドレア・ミーニョだった。

Moto3ポルトガル初日:コンディションに翻弄される1日に。トップはガブリエル・ロドリゴ

MotoGP第3戦ポルトガルGPのMoto3クラス初日のフリー走行は、ガブリエル・ロドリゴがトップタイムを記録した。

ペドロ・アコスタ、Moto3衝撃の“逆転勝ち”にMotoGPライダーから称賛の嵐。「今季の王者候補」との評価も

MotoGP第2戦ドーハGPのMoto3クラス決勝で、ピットレーンスタートから衝撃のキャリア初優勝を挙げたペドロ・アコスタ。彼のその走りをMotoGP王者のマルク・マルケスやバレンティーノ・ロッシが称賛している。

Moto3ドーハ決勝:アコスタ、デビュー2戦目でMoto3初優勝! ビットレーンスタート物ともせず大逆転

MotoGP第2戦ドーハGPのMoto3クラス決勝が行なわれた。優勝したのはルーキーのペドロ・アコスタ(Red Bull KTM Ajo)だった。

Moto3ドーハ予選:マシア、カタール連勝に近づくポールポジション。日本勢は鈴木竜生が5番手タイム

MotoGP第2戦ドーハGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはジャウマ・マシアとなった。

Moto3、ドーハGPの予選前に大量7人のピットレーンスタートが決定。フリー走行での無責任な走行が原因

MotoGP第2戦ドーハGPのMoto3クラスは、予選を前に7人のライダーにピットレーンスタートのペナルティが出された。

Moto3ドーハ初日:ダリン・ビンダーが総合首位。鈴木竜生が5番手につける

MotoGP第2戦ドーハGPのMoto3クラス初日フリー走行ではダリン・ビンダー(Petronas Sprinta Racing)が総合トップタイムをマークした。

Moto3カタール決勝:佐々木歩夢、優勝争いに加わるも最終ラップで悔しい転倒。優勝はマシア

2021年MotoGP開幕戦カタールGPのMoto3クラス決勝が行なわれ、Red Bull KTM Ajoのジャウマ・マシアが優勝を果たした。

Moto3カタール予選:ダリン・ビンダーが今季最初のPP獲得。鳥羽海渡が2列目5番手

2021年のMoto3開幕戦カタールGPの予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはPetronas Sprinta Racingのダリン・ビンダーだった。

Moto3カタール初日:チーム移籍の鳥羽海渡が総合トップタイム。コロナ明け鈴木竜生24番手

MotoGP開幕戦カタールGPのMoto3クラス初日フリー走行が行なわれた。総合トップタイムはCIP Green Powerへ移籍した鳥羽海渡だ。

Moto2&Moto3テスト、“安全のため”MotoGPクラスと同じカタールへと変更

ロードレース世界選手権はMoto2及びMoto3クラスのプレシーズンテスト開催地とその日程の変更を発表。MotoGPクラスと同じくカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで実施されることが明かされた。

小椋、8位で悔しい年間3位。アレナス逃げ切り王者に|Moto3ポルトガル決勝

2020MotoGP最終戦のMoto3クラス決勝が行なわれた。優勝はラウル・フェルナンデス。今季のタイトルはアルベルト・アレナスが獲得した。

Moto3ポルトガル予選:小椋藍、“逆転タイトル”に向けアレナス超える5番手確保

MotoGP最終戦ポルトガルGPのMoto3クラス予選が行なわれ、ラウル・フェルナンデスがポールポジションを獲得した。逆転王座を狙う小椋藍は5番手だった。

小椋藍、2021年のMoto2クラス昇格が発表。Moto3クラス2年目でタイトル争い演じる

ロードレース世界選手権Moto2クラスに参戦するIDEMITSU Honda Team Asiaは2021年シーズンのライダーラインアップを発表。今季Moto3でタイトル争いを演じている小椋藍が起用されることとなった。

Moto3バレンシア決勝:アルボリーノ、今季初優勝でタイトル争いに望み繋ぐ。小椋8位

MotoGP第14戦バレンシアGPのMoto3クラス決勝が行なわれ、トニー・アルボリーノ(Rivacold Snipers Team)が今季初優勝を果たした。

Moto3バレンシア予選:鳥羽海渡、2番手フロントロウ獲得! タイトル争う小椋7番手

MotoGP第14戦バレンシアGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはダリン・ビンダーだった。

Moto3ヨーロッパ決勝:小椋藍が3位表彰台! アレナス失格でタイトル争いは超僅差

MotoGP第13戦ヨーロッパGPのMoto3クラス決勝が行なわれ、ラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)が初優勝を果たした。

Moto3テルエル決勝:佐々木&鳥羽の日本勢ダブル表彰台! マシアがアラゴン連勝

MotoGP第12戦テルエルGPのMoto3クラス決勝レースが行なわれ、ジャウマ・マシアがモーターランド・アラゴンで2連勝を収めた。また日本勢の佐々木歩夢と鳥羽海渡が2位と3位を獲得した。

Moto3テルエル予選:タイトル狙う小椋藍10番手に。ポールは好調フェルナンデス

MotoGP第12戦テルエルGPのMoto3クラス予選が行なわれ、ラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)がポールポジションを獲得した。

Moto3アラゴン決勝:マシア追い上げ今季初優勝。小椋藍14位でなんとか入賞

MotoGP第11戦アラゴンGPの決勝レースが行なわれ、ジャウマ・マシアが今季初優勝を果たした。

Moto3アラゴン予選:フェルナンデスが僅差のPP獲得。鈴木竜生が復活の5番手

MotoGP第11戦アラゴンGPのMoto3クラス予選が行なわれ、ラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)がポールポジションを獲得した。

Moto3フランス決勝:小椋藍、9位入賞でタイトル争いに希望残す。ビエッティ今季2勝目

MotoGP第10戦フランスGPのMoto3クラス決勝が行なわれ、セレスティーノ・ビエッティが今季2勝目を挙げた。

Moto3フランス予選:マシアが今季初PP獲得。日本勢は苦戦気味、佐々木7番手が最上位

MotoGP第10戦フランスGPのMoto3クラス予選が行なわれ、ジャウマ・マシアが今季初のポールポジションを獲得した。

Moto3カタルニア決勝:小椋藍、ついにランキング首位に浮上。ビンダー初優勝

MotoGP第9戦カタルニアGPのMoto3クラス決勝がカタルニア・サーキットで行なわれ、ダリン・ビンダーがキャリア初優勝を果たした。

Moto3カタルニア予選:日本勢苦戦気味、最上位は8番手鳥羽。PPはアルボリーノ

MotoGP第9戦カタルニアGPのMoto3クラス予選が行なわれ、トニー・アルボリーノ(Rivacold Snipers Team)がポールポジションを獲得した。

Moto3エミリア・ロマーニャ決勝:小椋藍、3連続表彰台獲得。優勝はフェナティ

MotoGP第8戦エミリア・ロマーニャGPのMoto3クラス決勝レースが行なわれ、ロマーノ・フェナティが今季初優勝。小椋藍が3位表彰台を獲得した。

Moto3エミリア・ロマーニャ予選:フェルナンデスがポール獲得。日本勢は鳥羽が7番手に

MotoGP第8戦エミリア・ロマーニャGPのMoto3クラス予選が行なわれ、ラウル・フェルナンデスがポールポジションを獲得した。

Moto3サンマリノ決勝:小椋2位&鈴木3位と日本勢が躍動! 優勝はマクフィー

MotoGP第7戦サンマリノGPのMoto3クラス予選が行なわれ、ジョン・マクフィーが今季初優勝。2位と3位には小椋藍と鈴木竜生が並んだ。

Moto3サンマリノ予選:日本勢が1列目にふたり! 小椋藍が初PP獲得&鈴木3番手

MotoGP第7戦サンマリノGPのMoto3クラス予選が行なわれ、日本の小椋藍がキャリア初のポールポジションを獲得。3番手フロントロウには同郷の鈴木竜生が並んだ。

Moto3スティリア決勝:小椋藍、今季4度目の表彰台獲得。ビエッティが初優勝

MotoGP第6戦スティリアGPのMoto3クラス決勝が行なわれ、セレスティーノ・ビエッティが初優勝を果たした。

Moto3スティリア予選:鈴木竜生が3番手フロントロウ獲得。PPはロドリゴ

MotoGP第6戦スティリアGPのMoto3クラス予選が行なわれ、ガブリエル・ロドリゴが、ポールポジションを獲得した。

Moto3オーストリア:波乱のレースをアレナスが制し3勝目。小椋藍が快走も4位

MotoGP第5戦オーストリアGPのMoto3クラス決勝が行なわれ、アルベルト・アレナスが今季3勝目を挙げた。

Moto3オーストリア予選:フェルナンデスがポール。日本勢最上位は鈴木竜生の6番手

MotoGP第5戦オーストリアGPのMoto3クラス予選が行なわれ、ラウル・フェルナンデスがポールポジションを獲得した。日本勢最上位は鈴木竜生の6番手となった。

Moto3チェコ決勝:フォッジアが初優勝。小椋藍が3位表彰台でランキング2位に

MotoGP第4戦チェコGPのMoto3クラス予選が行なわれ、デニス・フォッジアがキャリア初優勝を挙げた。

Moto3チェコ予選:鈴木竜生、好調維持の3番手。PPはフェルナンデスが初獲得

MotoGP第4戦チェコGPのMoto3クラス予選が行なわれ、ラウル・フェルナンデスがポールポジションを獲得した。また日本の鈴木竜生が3番手フロントロウに並んだ。

ロッシ、VR46アカデミー生の活躍は”誇り”。でもレース後アクシデントにはお叱り

MotoGPアンダルシアGPで、バレンティーノ・ロッシのVR46チームはMoto2、そしてMoto3で共に表彰台を獲得する好結果を残した。しかしレース後にはどちらのクラスでもアクシデントが発生しており、ロッシもこれに小言を言わざるを得なかった。

Moto3アンダルシア決勝:鈴木竜生、完全勝利ポール・トゥ・ウィン! タイトル争いに名乗り

MotoGP第3戦アンダルシアGPのMoto3クラス決勝が行なわれ、鈴木竜生がキャリア2勝目もポール・トゥ・ウィンで成し遂げた。ランキング上位2人が転倒無得点に終わったため、鈴木は6ポイント差のランキング2番手に浮上した。

Moto3アンダルシア予選:鈴木竜生、3連続のPP獲得! 小椋2番手で日本勢ワンツー

MotoGP第3戦アンダルシアGPのMoto3クラス予選が行なわれ、日本の鈴木竜生が開幕戦から3戦連続でポールポジションを獲得した。また2番手には小椋藍が続き、日本勢がワンツーの好結果となった。

Moto3スペイン決勝:小椋藍、追い上げレースで2位獲得。ポールスタートの鈴木は8位

MotoGP第2戦スペインGPのMoto3クラス決勝が行なわれ、アルベルト・アレナスが2連勝を達成。また、日本の小椋藍が2位表彰台を獲得した。

Moto3スペイン予選:鈴木竜生、2戦連続ポールポジション! 他日本勢は中盤に

MotoGP第2戦スペインGPのMoto3クラス予選が行なわれ、日本の鈴木竜生が2戦連続となるポールポジションを獲得した。

Moto3カタール決勝:小椋藍、開幕戦で3位表彰台獲得! 鈴木は悔しい5位に

ロサイル・インターナショナル・サーキットでMotoGP第1戦カタールGP Moto3クラスの決勝レースが行なわれ、アルベルト・アレナスが今季1勝目を挙げた。3位には日本の小椋藍が入った。

MotoGPコラム:日本勢がグランプリの主役に? 7人の“若武者”が開幕戦で見せる走りとは

MotoGP開幕戦カタールGPの予選は、日本勢それぞれで明暗が別れた。Moto3でポール獲得の鈴木を追う5人の日本人ライダーは、それぞれの目標を胸にレースへ挑む。

Moto3カタール予選:鈴木竜生、開幕戦で幸先良いポールポジション獲得!

ロサイル・インターナショナル・サーキットでMoto3クラスの予選が行われ、日本の鈴木竜生が、自身2度目となるポールポジションを獲得した。

Moto3バレンシア決勝:鈴木竜生、悔しい4位。ガルシアがキャリア初優勝

2019年のMotoGP最終戦、バレンシアGPのMoto3クラスの決勝レースが行われ、セルジオ・ガルシアが優勝を果たした。鈴木竜生は4位で表彰台を逃した。

Moto3バレンシア予選:ミーニョ、キャリア初ポール獲得。鈴木竜生は8番手

MotoGP最終戦バレンシアGPのMoto3クラス予選が行われ、アンドレア・ミーニョがポールポジションを獲得した。

Moto3マレーシア決勝:鈴木竜生、不運の転倒リタイア。ダラ・ポルタ今季4勝目

MotoGPマレーシアGPのMoto3クラス決勝が行われ、ロレンソ・ダラ・ポルタが今季4勝目を挙げた。鈴木竜生は先頭集団を走行中、転倒に巻き込まれリタイアとなった。

Moto3マレーシア予選:鈴木竜生、2番手フロントロウ獲得。PPはラミレス

MotoGPマレーシアGPのMoto3クラス予選が行われ、鈴木竜生が2番手フロントロウを獲得した。PPはマルコス・ラミレスとなった。

Moto3オーストラリア決勝:ダラ・ポルタ優勝で“戴冠”彩る。鈴木竜生、またも悔しい4位

MotoGP第17戦オーストラリアGPのMoto3クラス決勝レースが行われ、ロレンソ・ダラ・ポルタが優勝。タイトル獲得を決めた。

Moto3オーストラリア予選:難コンディションをラミレス制す。日本勢は鳥羽が5番手

Moto3クラスオーストラリア予選が行われ、マルコス・ラミレスがポールポジションを獲得した。

Moto3日本決勝:鈴木竜生悔しすぎる4位。最終周で表彰台を逃す。優勝ダラ・ポルタ

Moto3の日本GP決勝レースが行われ、鈴木竜生が終始首位争いを繰り広げたが、悔しすぎる4位に終わった。優勝はロレンソ・ダラ・ポルタだった。

【ライブテキスト】MotoGP第16戦日本GP:Moto3クラス決勝

MotoGP第16戦日本GPのMoto3クラス決勝の模様をライブテキストでお届け。

Moto3日本WUP:佐々木歩夢3番手タイム! フロントロウの鈴木7番手

MotoGP第16戦日本GPのMoto3クラスのウォームアップ走行が行われ、トニー・アルボリーノがトップタイムを記録した。

Moto3日本予選:アントネッリPP獲得。鈴木竜生3番手フロントロウ

MotoGP日本GPのMoto3クラス予選が行われ、日本勢は鈴木竜生の3番手が最上位だった。ポールポジションは鈴木のチームメイトであるニッコロ・アントネッリだった。

Moto3日本FP3:雨のもてぎで小椋藍トップタイム。日本勢4人がQ2進出

MotoGP日本GPのMoto3クラスFP3が行われた。ウエットコンディションの走行で、小椋藍がトップタイムを記録した。

Moto3日本FP2:Q2進出圏内に日本勢4人。鈴木竜生が7番手につける

Moto3日本GPのフリー走行2回目が行われ、アンドレア・ミーニョがトップタイムをマークした。

Moto3日本FP1:ダラ・ポルタ首位。日本勢トップは11番手の鈴木竜生

MotoGP日本GPのMoto3クラスフリー走行1回目が行われ、ロレンソ・ダラ・ポルタがトップタイムをマークした。