F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
15 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
8 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
693 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

これがF2王者の実力! 驚速ペースでLMP2クラス優勝のデ・フリーズ「夢のようだ」

レーシング・チーム・ネダーランドのニック・デ・フリーズは、富士6時間レースのLMP2クラスで優勝できたことを、夢のようだと表現した。

ケイ・コッツォリーノ、“エース兼コーチ”としてチームに貢献「意外と楽しい」

MRレーシングのケイ・コッツォリーノは、チームにおける自身の“エースドライバー兼コーチ”という役割を楽しんでいると語った。

“エキサイティング”ではなかったけど……ハートレー「トヨタの母国で勝てて嬉しい」

ブレンドン・ハートレーは、TOYOTA GAZOO Racingで初優勝を挙げられたことは素直に嬉しいと語った。

山下健太、母国凱旋レースで速さをアピール「歯車が噛み合い、トップ争いができた」

WECのLMP2クラスを戦うハイクラスレーシング33号車の山下健太は、富士戦のレース内容に非常に満足していると語った。

トヨタ7号車、僚友8号車から33秒差の2位。小林可夢偉「ハンディが大きすぎた」

WEC富士で2位に終わったトヨタ7号車の小林可夢偉は、優勝した8号車から33秒差という結果はハンディキャップを考えれば上出来だと語った。

WEC富士決勝:トヨタ8号車、ハンデ跳ね除け母国優勝。7号車とワンツー

WEC第2戦富士6時間レースの決勝は、8号車トヨタTS050 HYBRIDがポール・トゥ・ウィンを達成した。

トヨタ、厳しい”ハンデ”に直面。開幕ウイナー7号車の母国優勝は難しい?

トヨタ7号車の小林可夢偉は、今季からWECのLMP1クラスに導入されたサクセス・ハンディキャップが厳しく、レースに勝つチャンスはほとんどないと語った。

トヨタ8号車の中嶋一貴、ポール獲得に安堵「正直少し心配だった」

WEC第2戦富士でポールポジションを獲得したトヨタ8号車の中嶋一貴は、他のLMP1マシンの逆襲を少し心配していたようだ。

WEC富士予選:トヨタ8号車がポールポジション獲得。7号車は辛くも2番手死守

WEC第2戦富士6時間レースの公式予選が行われた。総合ポールポジションはTOYOTA GAZOO Racingの8号車だった。

小林可夢偉が勧める“日本のお店”は……? WEC富士の公式記者会見で珍回答連発

WEC第2戦富士の金曜記者会見は、子供たちからの質疑応答にドライバーたちが答える一幕があり、笑いあふれるひと時となった。

WEC富士FP3:トヨタ1-2も、1号車レベリオンが接近。8号車がトップタイム

WEC第2戦富士のフリー走行3回目が行われた。トヨタTS050 HYBRIDの8号車がトップタイム、同7号車が2番手につけ、TOYOTA GAZOO Racingのワンツーとなった。

トヨタ7号車の小林可夢偉「ハンディキャップの影響は予想以上。辛いレースになるかも」

トヨタ7号車を駆る小林可夢偉は、今季から導入されたサクセス・ハンディキャップの影響が予想以上に大きいと語り、難しいレースになると考えている。

F2チャンピオンのデ・フリーズ、トヨタからWECルーキーテスト参加へ

ニック・デ・フリーズが、12月に行われるWECルーキーテストでトヨタのLMP1マシンをドライブすることが明らかとなった。

WEC富士FP2:トヨタ8号車がFP1に続いてトップタイム。7号車はクラス最下位

WEC第2戦富士のフリー走行2回目が行われ、TOYOTA GAZOO Racingの8号車がFP1に続いてトップタイムを記録した。

WEC富士FP1:トヨタ8号車がトップ。山下健太が駆るハイクラス33号車はクラス首位

世界耐久選手権(WEC)第2戦富士のフリー走行1回目は、8号車トヨタTS050 HYBRIDがトップタイムを記録した。

WECデビューのギオット「フォーミュラ以外のレースは初めて。できる限り学びたい」

富士6時間レースでWECデビューを果たすルカ・ギオットは、LMP1マシンの速さを実感しており、フォーミュラカーに近いフィーリングだと語った。またライバルである松下信治についてもコメントした。

ミッションH24:”水素”がモータースポーツファンを興奮させる? 第8戦ル・マン24時間レース
ビデオ・インサイド

ミッションH24:”水素”がモータースポーツファンを興奮させる?

ル・マン24時間に、水素が採用される? ミッションH24の大きな挑戦

WECハイパーカー参戦のアストンマーチン、2チーム4台体制に?

アストンマーチンは、2020年に始まるWECハイパーカーに2チーム4台体制で臨む可能性があるようだ。

品質、レギュレーション、教育……WECの燃料管理の中心にあるモノ

WECの燃料サプライヤーを務めるTOTAL。彼らはその燃料を、どのように管理しているのか?

レベリオンのWEC優勝はまだ遠い?「トヨタは実力を隠していた」

レベリオンのグスタボ・メネゼスは、WEC開幕戦で勝利したトヨタが真のペースを隠していたと主張している。

WECシルバーストン:波乱の開幕戦をトヨタ7号車が制す。8号車が2位

2019-2020年のWEC開幕戦シルバーストン4時間レースが行われ、7号車トヨタTS050 HYBRIDが優勝を飾った。

トヨタ、レベリオンを厳重警戒「すでにレースに勝てるペースを持っている」

トヨタのパスカル・バセロンは、レベリオンが開幕戦の時点でレースに勝てる速さをすでに持っていると話した。

LMP1に導入の”ハンディキャップ”詳細判明。ポイント差に応じてスピード調整

今季のFIA世界耐久選手権のLMP1クラスに導入されたハンディキャップ・システムの詳細が発表された。